【終了した番組】山浦・深谷のヨヂカラ!

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅 シネマフラッシュ



ミッドランドスクエアシネマ、109シネマズ名古屋他で全国主要劇場で大ヒット中の
「 アリス・イン・ワンダーランド時間の旅」

<あらすじ>
「不思議の国のアリス」からその後を映画化し、日本では興行収入118億円という世界的にも大ブームを巻き起こした「アリスイン・ワンダーランド」から6年。あの美しくも不思議な
ワンダーランドにアリスが帰ってきます。待望の続編となる本作は、悲しい過去に心を奪われ、帰らぬ家族を待ち続けるジョニーデップ演じるマッドハッターを救うために時間をさかのぼるアリスの冒険を描きます。

<注目ポイント>
その① 「圧巻の映像美」
アリスイン・ワンダーランドの魅力と言えばティムバートン監督が描くカラフルな映像美。
今回はティムバートンはプロデューサーとなり人気マペットミュージカル「ザ・マペッツ」シリーズのジェームズ・ボビンがその世界観を受け継ぎました。
前作から6年、映像技術の目覚ましい発達により、より鮮やかなワンダーランドを見ることが出来ます。前作は3Dといっても2Dを3D加工したもので今回は奥行きもあり、鏡からアリスがワンダーランドに吸い込まれていくシーンでそれがよくわかります。とても立体感があるのです。アリスが船長の父の後を継いで大航海にでるオープニングシーンは大海原で大きく波がうねる様は見る側も舟に乗っているような感覚に。
そして過去に戻っていく時間の旅は酔い止めの薬がほしくなるほど目がまわります!!
しかし、CGなど最新技術に頼ることなく、19世紀のイギリスにアリスがリアルに生きていることを示すために実際にキャラクター達の子供時代の町並みは撮影所にひとつの町をまるごと建てて撮影しています。この繊細な美術も注目です。アリスと言えばお茶会、ここに登場するカップやポットなどの柄ひとつとっても細かい模様が描かれているのです。隅から隅まで観賞するには一度では足りません!

その② 「仲間達の秘密」
さて、気になる物語ですが・・・今回アリスは親友であるマッドハッターの命を救うためにワンダーランドに呼ばれます。家族を失った悲しみを救うために過去に戻って彼の家族を救いにいきます。前作で奇人ぶりを発揮していたマッドハッターの悲しい過去には、
今では仲違いしてしまった嫌われ者の赤の女王と誰からも好かれているワンダーランドの女王、白の女王の姉妹の過去が影響を与えており予想外にドラマチックな展開も用意されています。赤の女王は2頭身で頭がデカイのですが、なぜ頭が巨大になったかもわかります。そしてなぜ二人が仲が悪くなったのかも明らかに。観客は大冒険を繰り出すアリスと共に、いくつおの秘密や謎が明らかになる瞬間を見ることが出来ます。
そのほか、白ウサギ、双子、チェシャ猫、など過去にさかのぼるので人気キャラクターたちの幼少時代がとても可愛いのですよ。新キャラクターの時間の番人 タイムは
ずばり“時間”を操る時間の化身が「過去を変えてはいけない」とアリスの前に立ちふさがりますがアリスが運命を変える勇気や決断力、そしてディズニーの永遠のテーマである家族愛友情愛などが重なり合うクライマックスまで目が離せません。

今週もプレゼントがあります!

「アリス・イン・ワンダーランド時間の旅」 の非売品プレミアグッズをセットして、
 2  名の方にプレゼントします!

ハガキ 〒461−8503東海ラジオ /FAX 052−961−0077
メール yo@tokairadio.co.jp
 「山浦・深谷のヨヂカラ!シネマフラッシュ」係まで
7月11日(月)必着でお送りください。

当選者は、来週月曜日のエンディングで発表します!