山浦・深谷のヨヂカラ!

リンク

  • 東芝大清快

ブログ内検索

ヨヂカラ討論お題(9月11日) ヨヂカラ討論

ヨヂカラ討論、9月11日(月)のお題は・・・

動物を虐待した人への罰則内容・適用状況について

先日猫をガスバーナーであぶるなどして殺した
税理士の男が動物愛護法違反の疑いで逮捕されました。
この容疑者は わなで猫を捕獲し熱湯を浴びせたり
ガスバーナーであぶって虐待する様子をインターネットに公開した。

これに対し、カフェ従業員の女性が、
「残酷なことをする人を野放しにしてはいけない」と、
懲役刑を求める署名を呼びかけ、
9月6日3万7396筆の署名を東京地方検察庁に提出しました。
(署名は現在も継続中)
署名を呼びかけたきっかけは
「動物愛護法違反の事件では執行猶予がついて
容疑者がすぐに社会復帰するケースが多い」から。
前出の動物虐待愛好家が集まるサイトには
「罰金を払えば出てこられる」という意見が見られる。
容疑者は「有害動物の駆除だ」と主張しています。

【動物愛護法】
愛護動物をみだりに殺したり傷つけた者
→2年以下の懲役または200万円以下の罰金

愛護動物に対し、みだりにえさや水を与えずに衰弱させるなど虐待を行った者
→100万円以下の罰金

愛護動物を遺棄した者→100万円以下の罰金

※愛護動物とは
1 牛、馬、豚、めん羊、山羊、犬、猫、いえうさぎ、鶏、いえばと及びあひる
2 その他、人が占有している動物で哺乳類、鳥類又は爬虫類に属するもの

【動物虐待に対する判決としては】
2002年猫の足や尻尾を切断し殺害した模様を
ネットに公開したとして逮捕された男に
動物愛護法違反により懲役6か月・執行猶予3年の判決。
このときも実刑を求める嘆願書が3000通集まった。
他にも里親として名乗りを上げ、
引き取った犬や猫を虐待する里親詐欺が問題になっており
2012年には虐待目的に猫を譲り受けた男に
懲役3年保護観察付執行猶予5年の判決。

*****

ヨヂカラ討論コーナーは4時34分頃から!
ハガキ 〒461−8503東海ラジオ
FAX 052−961−0077
メール yo@tokairadio.co.jp「山浦・深谷のヨヂカラ!」係