山浦・深谷のヨヂカラ!

リンク

  • すっきり系!焼酎甲類
  • バスヂカラ!ツアー
  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

ヨヂカラ討論お題(3月5日) ヨヂカラ討論

ヨヂカラ討論、3月5日(月)のお題は・・・

樹木葬という新しい弔い方について、どう思いますか?

長久手市はこれまで市内在住者に限定していた
市営「卯塚(うづか)墓園」の使用者を、市外に広げる条例改正案を市議会定例会に提出した。
この市営墓地は新しい埋葬方法として需要が高まる「樹木葬」を受け付けている。

【樹木葬とは・・・】
霊園など墓地として法律で認められた場所で、
墓石ではなくシンボルとなる樹木の下、その周りの地中に直接、又はさらしに包んだり、
土に触れると分解される骨壺に入れて遺骨を埋葬する方法が主流。(合葬が多い)
他にガーデニングを施した庭のような墓地や、遺骨ごと、
家族ごとに樹木を植える個別の方式もある。
2017年の統計では全国に350箇所以上ある。

卯塚墓園は2015年度に開設
常緑樹のオガタマノキ(招霊の木)を墓石の代わりに植え、
周囲の円形の芝生に遺骨を袋につめて合葬。
50cm四方毎に一人分の遺骨を埋葬。敷地全体の埋葬可能人数は千体。
今年一月末現在で生前予約を含めて五百六十二体分を販売し、六十一体が既に埋葬されている。
市外在住者は長久手市民よりも五万円高い
一体二十万円で永代使用を受け付ける。
埋葬料は市内外の在住を問わず、一律一万八百円。
市議会で可決されれば樹木葬は19年度以降にも募集を始める。
議決は3月23日の予定。

【樹木葬のメリット】
●費用が安い(一人 約20万円/墓地の相場は約20万~200万円プラス墓石 約100万~300万円)
●樹木の下に埋葬される自然な環境(お骨も自然にかえる)
●宗派によらずどんな人も入れる(友人同士で・・・等)
●子どもに世話をかけたくない人に良い

【樹木葬のデメリット】
●購入者のみ埋葬
●あとでお墓を建てたいと思っても、掘り出すことは出来ない。
●お骨が埋葬されている芝生内は立ち入り禁止。ネームプレートもなし
→お参りをどこへ向けしたらいいのかわかりにくい
●木が枯れたら・・・

周りの家族や親族と相談せずに埋葬してしまうと、
「ちゃんとお墓を建ててあげたかった」などと
トラブルの元になってしまうこともあるので事前の相談が大切。

樹木葬という新しい弔い方について、どう思いますか?


*****

ヨヂカラ討論コーナーは4時34分頃から!
ハガキ 〒461−8503東海ラジオ
FAX 052−961−0077
メール yo@tokairadio.co.jp「山浦・深谷のヨヂカラ!」係