山浦・深谷のヨヂカラ!

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

ヨヂカラ討論お題(11月12日) ヨヂカラ討論

11月12日(月)のお題は

「信号機のない横断歩道での車の一時停止率は8.6% この現状どうおもいますか? 」

JAF一般社団法人日本自動車連盟が今年の8〜9月に全国で調査した結果が公表された。

調査方法
各都道府県二箇所ずつ、全国94箇所の信号機のない横断歩道を通過する車約一万台を対象に調査
平日の10〜16時、1箇所50回横断歩道
センターラインのある片側一車線の道路
JAF職員が横断歩道の立ち位置や横断のタイミングを統一して横断
この結果歩行者が渡ろうとしている場面で一時停止した車は948台(8.6%)
前年2017年調査より0.1%の増加にとどまり、
依然として9割以上の車が止まらない結果となった。

前回に続き一時停止率が最も高かったのは長野県。
一時停止率の全国ランキング
1位 長野県58・6%
2位 静岡県39・1%
3位 石川県 26・9%
ワースト3
45位 三重県1・4%
46位 広島県1・0%
47位 栃木県0・9%
ちなみに・・・愛知県22・6%(6位)岐阜県は2・2%(41位)
大都市では 大阪 4・0%(37位)東京 2・1%(42位)

道路交通法
第38条第六節の二「横断歩行者等の保護のための通行方法」には、
①歩行者の有無を確認できなければ、横断歩道の停止位置で止まれるような速度で進行する。
②横断しようとしている、あるいは横断中の歩行者や自転車がいるときは必ず一時停止をする。
③横断歩道内およびその手前30mは追い越しや追い抜きが禁止。などが規定されている。

横断歩道を渡ろうとする歩行者がいる場合、ドライバーは横断歩道の直前でクルマを一時停止させ、
通行を妨げないよう義務付けて、横断歩道を渡るのに時間がかかってしまう高齢者や幼い子供も、
もちろん例外ではなく、違反者には反則金や違反点数が科せられる。
(普通車の場合、反則金9000円、違反点数2点)

「この現状についてどうおもいますか?
 もし、一時停止しなかった経験のあるかた、理由も教えてください」


ヨヂカラ討論コーナーは午後4時45分頃からです。

ハガキ〒461−8503東海ラジオ
FAX 052−961−0077
メール yo@tokairadio.co.jp
「山浦・深谷のヨヂカラ!」係