山浦・深谷のヨヂカラ!

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

個包装で便利な梅! むしゃむしゃ修業

記録的な猛暑だったこの夏。
売れに売れた商品をご紹介します。

新米にも合う、ご飯のおとも、梅干!
和歌山県のブランド梅・紀州南高梅のプレミアムアソートパック
日本一の梅の産地 和歌山県、和歌山の中でも7割の梅の産地である
みなべ・田辺地区の梅屋が作る梅干です。
梅屋は創業・大正15年。地元の各家庭で作られていた梅干を
全国の皆さんに食べて欲しいと立ち上げられた老舗の会社。

皮が薄くて 果肉の多い紀州南高梅を漬け込んで 高級な贈答品も作っていますが、
この夏、和歌山県に旅行した際ホテルの売店で見つけたのがこれ。

一粒づつ、個包装されていてキャンディのように持ち歩くことが出来る。
人にあげるのにも重宝するし、出先でもぱくっと食べやすい。
干し梅でなく、柔らかい梅で個包装は見たことない!

このアソートパックが発売されたのは2年前。
パック入りで食卓に出る、ご飯のお供という 梅干のイメージを変えたい、
もっと若い人にも親しんで欲しい、様々な食のシーンに寄り添うことは出来ないかと考え、個包装にした。

手軽にすることでこれまで梅干を食べなかった人にも裾野を広げたい。

シソ漬け梅・かつお梅・はちみつ梅の3種30個いり。
この番組にも、暑さ対策で 朝、梅干が配られたという運送会社勤務の方からのメールもありましたが、
実際梅屋にも、電力会社から夏に注文が入ったそうです。

とにかく暑かった今年の夏。
梅屋さんも大変だったそうです。

「近年にないくらい注目され、2・3倍の売り上げでした。
そのため残業休日出勤を繰り返す毎日で・・・・」
と、梅屋 営業部長の栗原靖史さん。
でも!
梅で乗り切ったそうです!!!!


紀州南高梅 プレミアムアソートセット 3種類30個 1200円
梅屋のオンラインショップ
0120-24-4515

人気の神戸ラスク むしゃむしゃ修業

地元神戸と楽天で1番売れているラスク・神戸モリーママのラスク!

楽天では2008年からずっと1番売れています。

かりっとした香ばしい食感、やや薄くカットしてあるので歯ごたえが軽い!
これはすべて神戸らしさ。
神戸は古くから外国との交流があり、外国人居留地もあったためフランスやドイツのお菓子、
パンの影響が大きい。

そんな神戸伝承のフランスパンのよさを生かしたラスクなので、
素材の良さを生かすあっさり味になっている。甘さも控えめです。
さらに神戸六甲山系の地下140メートルからくみ上げた天然水で仕込む。
この水は 昔、神戸港から出向した船乗りたちが持っていったお水で、
赤道を越えても長期間腐らない水として有名だったもの。

このような 神戸らしさを大切にしたラスクなので、神戸の良質な商品を認定する「神戸セレクション」に第1回から10年連続認定されている。

モリーママのラスクは進物、プレゼントとしての用途が多い。
その理由はパッケージ。
ビビッドピンクと黒の大人カワイイ包装で、マークもかわいいです。
営業企画部の門口美音(もんぐちみね)さんに聞きました。
「モリーママの会社のマークが魔女なので、召し上がる方に甘い魔法をかけるよ~という意味もこめてます。
この魔女はよい魔女なんですよ!」とのこと。
甘い魔法にかかりませんか?

ラスクはプレーン・抹茶・ストロベリー・チップショコラ・アールグレイ・メープル・モカ・レモン。
この中でもチップショコラはラスク自体がチョコ味なのはもちろん、
チョコチップが混ぜ込んであるので しみこんだチョコのおいしさがたまらない。

1日に1万枚売れるハードラスク。
プレーン20枚いり 800円+税
チップショコラ   900円
2種類の詰め合わせなど様々なセットがあります。
東海地方は刈谷ハイウエイオアシスにショップあり。
神戸モリーママのオンラインショップで。

瑞穂区の人気パン屋さんプーフレカンテ むしゃむしゃ修業

私が個人的に10年以上通っているパン屋さんをご紹介します。

それは・・・
一方通行のパン屋・・・ 笑

店内は狭く、壁伝いに棚があり、真ん中に大机、その上にもパンが並ぶ。
人一人通れる通路があって、すれ違えないので
お客さんは買いたいパンの前を通り過ぎてしまったら、もう一周しないといけない。

棚は焼きたての食パンでぎっしり・・・
でも、この食パンは買えないんです!
というのは予約でいっぱいだから!

瑞穂区、
空港線からだと、牛巻交差点、
環状線なら瑞穂運動場西を入った山手グリーンロード沿い、
豊岡通り1の交差点近くにあるパン、「プーフレカンテ」

フランス語で「閑散とした」という名前のお店ですが、いつもお客さんがいっぱい。

地元で人気のパン屋さんでしたがおいしさがどんどん広がり、
一番人気の食パン、パンドミーは予約しないとなかなか買えなくなってしまいました・・・・

2000年オープンのオーナーシェフは神戸や東京で経験をつみ、
東海市の魔法のパンの立ち上げにかかわった狩野義浩(かのうよしひろ)さん。
細身でひげの似合う狩野さん、
地域の人に喜んで欲しいから宣伝もチラシも打たない。!
買いに来てくれる近所の人の顔を見ながらパンを焼くという狩野さんは
「後ろめたくないパンを作っている」といいます。

ライバルは・・・お母さん。、という狩野さんにお話聞きました。
「僕らは母の手料理にはかなわない。けれど、同じ気持ちでがんばってます!」
がんばるにも程がある、、、実は・・・眠時間2時間!!! で毎日パンを焼いているんです。

多いときは1日に1000本売れたという
その場でクリームを入れる筒状のクローネ はじめ
食パンだけで10種類以上、
全部で200種類以上のパンが並んでいます。

その中でも人気がパンドミーという食パン。
初めて食べたときにあまりのみずみずしさに驚いた。
聞くと、本当に水分が多いとのこと。
普通の食パンの水分は72%くらい。
パンドミーは83%。
たくさん水分を含ませるために吸水率の多い小麦を研究し、
小麦の部位や挽く細かさを調整。寝かせたり生地を折りたたむ工程も増やして、
通常の食パンの2倍の仕込み時間をかけている。

なので1日240本焼くのが限界。
これがほとんど予約で売れちゃう。

予約方法は・・・・
当日朝8時に電話するか、1ヶ月前に店頭で予約を入れる。
キャンセルもあるので 店頭で聞けば意外と買えることもあります。
1本460円+税 (1本は2斤分ありますのでかなり大きいです。)
パンドミの生地を使ったサンドイッチがあるのでこちらでまずはお試しを。

プーフレカンテ 052-858-2577
月曜休み

お店のレジ横の窓にヨヂカラのむしゃむしゃ修行のポスターが張ってありますので 是非、チェックしてみてくださいね!!!!

本格派コーヒーゼリー むしゃむしゃ修業

本山駅から歩いて10分、鏡池通2交差点近くのR art of coffe (アールアートオブコーヒー)

自家焙煎のコーヒーが人気で産地の違いや深煎り・浅煎りなど
焙煎の度合いで変わるコーヒーの味の違いを楽しめるお店。
こちらのお店のコーヒーを使うお店も増えていて
以前ご紹介したクレープの「ブラウンツリー」もこちらのコーヒーを出しています!

この暑い夏もたくさんのお客さんが本山から歩いておとずれ、
人気のほどが伺えましたが、
この夏人気だったのがコーヒーゼリー。

ロースター&バリスタであるオーナーの寺田孝史さんは、
もともと飲食店での経験もあるため、デザート作りはお手の物!
こちらのコーヒーゼリーはちょっと大人向けとなっています。

寺田さんに聞いてみました。
「うちは自家焙煎のコーヒー屋なのでケーキ屋さんとは違い苦味がある、
コーヒーをしっかりと感じていただける味に仕上げています。
ゼリーが苦めな分、上のパンナコッタを混ぜるとまろやかに。
混ぜたほうがよりコーヒーと合っておいしく召し上がれます。」
混ぜ具合でコーヒーの味が変化するのがおいしいです~~

ゼリーにして冷やすとコーヒーの香りがたたなくなるため
深煎りのコーヒー豆を使用し
苦味を出すようにしている。
その分上に乗せたパンナコッタはミルクとバニラビーンズで甘い風味をだし、
ゼラチンで ゆるめに固めた ふんわりしたもの。
もう一つはほうじ茶ゼリー
こちらにはカフェオレクリームが乗っているため 混ぜるとほうじ茶ラテになります。

ゼリーは瓶詰めで1つ380円+税(9月中は販売します。)

また、こちらのお店で人気のデザート「クッキーコップ」
今は 杏仁・ヨーグルト・チョコミント・ベリーとキャラメルなど。
450円~でアイスクリームが乗ったバージョンも。

山登りが趣味の寺田さん。
水木の定休日には山に登って 山頂で入れたてのコーヒーを頂くのが何よりの楽しみ!
私も影響されて バーナーとパーコレーターを購入しようと思っています!

R art of coffe 水木休み
平日は12時から19時 土日は10時半オープン 毎月28日は東別院てづくり朝市出店
052-751-5311

お店のレジ横の窓にヨヂカラのむしゃむしゃ修行のポスターが張ってありますので 是非、チェックしてみてくださいね!!!!

ぷちぷちマスタード むしゃむしゃ修業

10年前から捜し求めていたものに再会しました!

神戸で友人に連れて行ってもらったお店で出てきたカルパッチョに乗っていたプチプチしたもの・・・
あまりのおいしさにお店の人に聞いてみると
「タスマニアの粒マスタードですよ」と。

「そんなに気に入っていただけてお分けしたいんですが今在庫があまりなくて・・・」
と言われて以来気になっていたプチプチ食感。

むしゃむしゃの取材で藤が丘のパン屋パンジェンヌに伺ったときに発見!!

似たようなものが売っているのかな~と思っていましたが
このスパイシーマスタードを輸入する「ヴァイ&カンパニー」さんに話を聞くと、
まさにその神戸のお店におろしていたということが判明~
あの味に再会しました!

ヴァイ&カンパニーの社長 唄淳二さんは(ばいじゅんじさん)
地元の酒店だったお父様のお店を継いで
オーストラリア・ニュージーランド、タスマニアのワインや食材を輸入する会社として大きくしました。

唄さん、大学卒業後バッグパック一つ背負ってオーストラリアに渡り、
地元のワイナリーで住み込みワイン修行をします。

そこで知り合った人たちの暖かさ、優しさに触れ、
恩返ししたいとの想いから、
日本に帰ってオーストラリアの食のよさを伝える輸入業をはじめます。

粒マスタードは、オーストラリアの地元で開かれるマルシェで売っていた粒マスタードを
お土産用に買って知り合いの料理人にあげたところ、とても喜ばれ、
輸入するようになったのが始まり。

無添加でマリーさんという女性が手作りで作り始めたもので
今も4・5人の職人が手作りしています。
唄さんがタスマニアにひかれたのにはこんな理由もあるそうです。

「地球上一番空気がきれいな場所がタスマニアなんです。
タスマニア産はブランドとして捉えられていて、ニューヨークなどではタスマニア産と歌われる食品が人気を集めている。
このあたりは地球上で唯一公害のないゾーン
例えば日本は空気澄んでる日でも見通せるのは6キロ、
タスマニアは常に60キロ!!!!空気がきれいな証明ですね!」

きれいな空気と水ではぐくまれたおいしいもの。

薬味として刺身、お肉、ハム。納豆に加えてもおいしいです。

タスマニアマスタードはたまり醤油を加えたスパイシーマスタードはじめ12種類
一瓶180グラム1404円
タスマニア マスタードで検索。
オンラインショップか久屋大通と笹島グローバルゲートのキッチュエビオ、藤が丘のパンジェンヌで。