山浦・深谷のヨヂカラ!

リンク

  • 東芝大清快
  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

話題のお店にいってきました。 むしゃむしゃ修行


深谷です!!

三越3階にオープンした「フラワーテーブル」に行ってきました。
話題のお店をプロデュースするトランジットの新店舗です。
お店の名前のとおり
エディブルフラワーをあしらった美しいサラダプレートやパスタなどのメニューの中から
選んだのは・・・サンドイッチ!

地元のおいしいものを集めたサンドイッチで、
パンは瑞穂区の老舗ポンシェ。
ミートローフは覚王山のメツゲライ・イノウエの黒豚ミートローフ。
焼いたパンのさくさくとした食感と、
焼いていないふわっとあま~いパンの
2種類のおいしさが味わえるプレート。
おいしいです!!!

週末は17・18と栄のオアシス21で東海ラジオ大感謝祭!
その前の日16土曜日は同じくオアシス21で名古屋建設業協会の
イベント&公開録音で一日中司会しています!!!
16日のイベントでは祭りnine.もゲストに来ますし
高所作業車など建設特殊車もありますので
ぜひファミリーで遊びにきてくださいね!!
3日間、お待ちしています。


クルミッ子 むしゃむしゃ修行


鎌倉土産の人気の品。
鎌倉紅谷のクルミッ子。

戦前、東京神楽坂にあった和菓子のお店紅谷。
そこで修行した職人たちが戦後、のれんを背負って各地で紅谷を開いた、その鎌倉のお店です。
昭和29年開業、初代が和菓子職人、2代目は洋菓子。現在3代目の歴史ある会社です。

その紅谷の人気のお菓子はクルミッ子。
クッキー生地にキャラメルとぎっしりのクルミがはさまれたバターの風味豊かな焼き菓子。30年ほど前からあるお菓子ですが、人気が出たのはここ10年くらい。
洋菓子職人の2代目の方が開発しました。
手仕事が多いクルミッ子ですが、材料のバターは北海道産を中心に国産にこだわって選んでいます。
製造部長の河口幸宏さんにききますと・・・
「やっぱりオーストラリア産はえさが草なので バターも草っぽい味になるんです。お客様にわかるかといえば、そんなに気づかれないかも知れませんが、ばれなくてもそこは手を抜きたくないという気持ちがありますね。」とのこと。
国産はコストがかかる、しかし、そこは譲れないと。

ほかにもぎっしりのクルミをしっかりとはさんでいるキャラメルも、手作りです。
はちみつ・水あめ・砂糖を加えて煮詰めてそこに北海道産の生クリームを加えていくんですが、作るとき温度計を使っていない!!
へらをかき混ぜる手にかかる重さやとろとろの落ちるキャラメルの感じを見て、感じて五感をフル稼働して作るんです。
日々の気候にも左右されるので、キャラメルができるようになったからと言って職人として完成ではない。日々が勝負だとのことでした。

もっと製造して!との要望もありますが、何しろ機械化できない部分が多いので難しいとのこと。
見学に来たデパートのバイヤーさんも「こんなに手作業とは思わなかった」と、驚いていたそうです。

かわいいリスのイラストのパッケージも人気の一つです。

クルミッ子は5個入り702円。
鎌倉紅谷のオンラインショップ・フリーダイヤル0120-25-2187
名古屋市内 三越・栄・星ヶ丘 JR名古屋高島屋でも購入できます。


関の戸アイス!!! むしゃむしゃ修行


江戸時代からの歴史がある三重県亀山市関宿の和菓子屋さん、
「深川屋」ふかわや
創業380年ほど、銘菓関の戸で知られるお店です。

関の戸の味を変えるべからずと代々伝わる覚書があるにもかかわらず、
地元三重県の伊勢茶を抹茶にしてまとわせたお茶の香関の戸を開発したときには
先代に口を利いてもらえなくなったということでしたが・・
そのお茶の香関の戸は
先日行われた三重・菓子博で厚生労働大臣賞を受賞しました!!
おめでとうございます!!!!

そんな歴史ある深川屋で夏の時期人気なのが「関の戸アイス」です!!
2015年に発売して以来、人気のアイス。
関の戸は歴史のあるお菓子、歴史があるということはそれだけ買ってくれるお客さんがいる、言い換えれば人気がある、ということなんですが、
それでもまだまだ知らない人がいる。

一人でも多くの方に関の戸を知っていただくためには子どもから年配の方まで愛されるアイスクリームにしてはどうだろう、と。
このアイディアはそんなに反対されなかったそうです!

開発した当代当主第14代服部吉右衛門さんのの奥様・服部理佳さんに伺いました。

「アイスにした段階で相当チャレンジなんですが、関の戸はお餅菓子で漉し餡を牛皮が包んでいるのですが、その牛皮が粘り・・アイスを作る機械が壊れる限界まで入れてるんです。
食べた方が、わ~~~~関の戸です!!といってもらえて一安心です。」とのこと。
1つのアイスに4・4個もの、関の戸が入っています。

アイスの種類は昔からの和三盆の優しい甘さを生かしたもの。
伊勢茶の苦味が利いているお茶の香味。
そして今年の新商品、食用バラを使った薔薇関の戸の3種。
新作のバラは 一口目バラの香りが香って、食べていくうちに関の戸の味がしっかり主張してきます。

関の戸アイスは1つ350円
関宿の深川屋本店・伊勢自動車道上り線安濃サービスエリア
三重県総合博物館ミエム内ショップ・津駅駅ビル、チャムの1階の名店コーナーで販売。
本店にお願いすれば配送もできます。
電話 0595-96-0008

*関の戸アイス6個入りアソートボックス3名にプレゼント
締め切り 8月30日(水)
ヨヂカラ!までご応募ください。

おいしい酢 むしゃむしゃ修行

暑さでばてている皆さんにお勧めの酢!疲労回復メニューに役立ててください。
日本自然発酵が作る「おいしい酢」
そのまま飲めちゃうくらいまろやかなお酢で料理にも合うんです。

酢には米から作る米酢と、酒かすから作る酒酢がありますが、おいしい酢は酒から作るお酢です。
お酢独特ののどにぐっと来る刺激もなくとてもフルーティでおいしい。
洋風の料理にも合う現代的な酢、に感じるんですが、実は作り方はとってもゆっくり。

日本自然発酵の松井誠治さんにお聞きしました。
「この酢は愛知・知多で作っているんです。職人が時間をかけて昔ながらの方法で発酵槽で時間をかけ作っています。自然の発酵で中が滞留するのにませるので、手を加えるのではなく、置いとくのが重要です。」とのこと。

酒かすを水に溶かして発酵槽という大きな桶に入れて、醸造所の土壁の蔵の中にいる
酢酸菌と反応させます。
発酵させるのに1ヶ月。その後3ヶ月醸造させます。
その間は混ぜたりせず「自分が寒いときは酢も寒い」の教えで、温度と湿度をしっかり
管理し、エアコンで管理するのではなく、窓を開け閉めしたりと細かい調整をしている
そうです。
さらにこのおいしい酢には別で醸造したみかん酢をブレンドしているのでフルーティ
なんです。

酢はいやなにおいは消し、いい香りは引き立てるという特徴があります。
魚料理なら臭みを消す。
フルーツなどを漬け込んで香りを生かしたフルーツビネガードリンクを造ったり、
お肉料理ならやわらかくする効果も。

一番簡単なのは塩もみした野菜をおいしい酢に漬け込むだけの簡単ピクルス。
黒こしょうを散らしたり、スパイスをきかせてもおいしいです。

おいしい酢は1本税込み970円
今人気で工場を増設して対応しています!
日本自然発酵のHP ヤフー・楽天・アマゾン
テレピア1階の一番本舗のお店でも販売中。
フリーダイヤル 0120-33-8949

クッキーコップ むしゃむしゃ修行


最近、スイーツでも何でも、人気のきっかけはインスタグラム!
インスタ映えするフォトジェニックなものが注目されます。
今日ご紹介するのは「クッキーコップ」
その名のとおりクッキーで作られたコップです!

本山から南へ歩いて10分
先日このむしゃむしゃでもご紹介した自家焙煎コーヒースタンド「Rart of coffee」の
デザートとしてお店に並んでいます。
作っているのは川名にあるおうち菓子マダムアン。
マダムアンは、古民家でレトロな雰囲気を生かして
手作りシュークリームや季節の果物のケーキ、
昔ながらの型で蒸すプリン、お昼は数量限定のスープランチが人気のお店です。

マダムアンがコーヒースタンドのお菓子を作るということで出たアイディアが「コーヒーカップ」
コップの中に何かを入れたら面白いんじゃない!?
片手にコーヒー・片手にスイーツを持って食べ歩きもたのしいな、と考えました。
マダムアンの樋口直子さんにお聞きすると・・
「最初、私だったら入れない、絶対に入れないんですが・・・笑・・コーヒー店長がホットコーヒー入れたら流れ出したんですよ!そりゃそうですよね!
それでいろいろ考えてクリームやゼリー、ブリュレなど美味しいスイーツをいっぱい詰め込んだらどうかな、と。
これからも季節にあった美味しいものをつめてきたいと思っています。」とのこと。

毎週メニューが変わるクッキーコップ。
今の最新は紅茶味のクッキーにハイビスカスで赤く色づけたクリームや紅茶ゼリーをつめたハイビスカスティクッキーコップ。
他にもコーヒー・チョコチップ・オートミールなど、クッキーコップ自体の味もさまざまでその中にクリームやブリュレ、チョコレートブラウニーやシフォンケーキが詰まっています。
常時5種類。
クッキーと中身のバランスも楽しんでください。

川名のマダムアンの樋口さんが作っていますがクッキーコップが食べられるのは
本山・鏡池とおりのRart of coffeeです。

水木休み。12時から19時です。
世界を旅するコーヒークッキーという、コーヒー豆を入れたクッキーもあります。

毎月28日の東別院手作り市や今週末29・30の覚王山祭りにも出店。
ぜひ、画像とってSNSにあげてくださいね!