安蒜豊三 きょうもよろしく

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

映画 「閉鎖病棟」―それぞれの朝― 


よろしく劇場  11月1日
「閉鎖病棟」―それぞれの朝―  2019年11月1日(金)公開 各シネコン

精神科医でもある帚木蓬生のベストセラー小説の映画化。
笑福亭鶴瓶、綾野 剛、小松菜奈が主要人物を演じる。

長野県のとある精神科病院。それぞれの過去を背負った患者たちが暮らしている。
死刑執行が失敗し生き永らえた秀丸(笑福亭鶴瓶)。
サラリーマンだったが幻聴が聴こえ暴れ出すようになり、入院しているチュウさん(綾野剛)。
継父の性的虐待で自殺未遂に追い込まれた女子高生、由紀(小松菜奈)。
彼らは家族や世間から遠ざけられても、明るく生きようとしていた。
そんな日常を一変させる殺人事件が院内で起こった。
加害者は秀丸。
彼を犯行に駆り立てた理由とは—― ?  

許されることではない殺人という罪だが、果たしてこの罪を裁けるのだろうか。
生きることを棄てていた秀丸が、最後の最後で見つけ、守りたいと願った光。
それを無残に踏みにじられたやり場のない怒りと、絶望的な状況でも失われない優しさ。
とっくに人生を棄てた自分がすべてを背負って、落とし前をつけようとした末の犯行。

精神病院が舞台なだけに重い映画だが、人間の優しさを描いている。
セリフのない鶴瓶さんのラストシーンが、生きようとするチカラと希望を伝えている。
テレビの鶴瓶さんとは、全く違う。