レポーター 一覧に戻る

レポーター

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

雀おどり總本店

名古屋市中区栄にある老舗の和菓子店、雀おどり總本店におじゃまして、美味しいお菓子についてお話を伺いました!



雀おどり總本店は、創業安政3年、江戸時代から160年も続く歴史の長いお店。名物のういろや四季折々の和菓子の製造・販売、また、40席ある客席では、甘味をお楽しみいただくこともできます。



材料となるお米や砂糖などは国産の素材にこだわり、手作業で作られています。



中でもやはり名物の「ういろ」は人気で、特に、お土産などにおすすめなのが、一口ういろ五色セット。お米の風味を生かした「白」に、沖縄産の黒砂糖をつかった「黒」、西尾の抹茶をつかった「栗抹茶」に、桜の花が入った「桜」、十勝産の小豆をつかった「小豆」。どれも自然の素材が使われていて、素朴なおいしさです。

5色セットが2つパックになった10個入り、4つパックになった20個入りなどがあり、用途に合わせて選ぶことができますし、みんなで分け合って食べられるので楽しいですよねー!



また、お店で食べられる甘味は、あんみつやところてん、お雑煮などのほかに、去年の冬から始まって今年で2年目!っという「あたたかいパフェ」も登場ー!「叢樹菓(そうじゅか)」という名前のパウンドケーキをあたためたところに、アイスやあんこ、わらびもち、白玉など、雀おどり總本店のおいしいものをギュギュッと詰め込んだおいしいパフェ!是非みなさんも味わってくださいね!



ご出演いただきました古橋社長、ありがとうございました!

石川由香里




※放送後1週間お聴きいただけます。



  ◆雀おどり總本店
  ◇名古屋市中区栄3-27-15
  ◇TEL 052-241-1192


全労済 共済ショップ一宮店

今日は、全労済 共済ショップ一宮店にお邪魔しました。



全労済では、身の回りで起きる様々なリスクに備える保障を取り扱っています。大きく分けて「人の保障」「住まいの保障」「くるまの保障」の3つの分野があります。今年は自然災害がとても多かったですが、「全労済の住まいる共済」は、火災だけでなく、地震・台風などの自然災害もしっかり保障します。



全労済が支払った住まいに関する共済金のおよそ85%が自然災害を原因としたもので、今年特に被害が大きかった台風21号では全国でおよそ76,000件、東海3県でおよそ12,600件の被害を保障しました。



「全労済の住まいる共済 」には、マンション専用プランやエコ住宅専用プランなどがあり、手頃な掛金で家計にやさしい保障なんです。
特約には、自転車事故などで賠償責任を負った場合の「個人賠償責任共済」や、その他盗難に備える特約、借家で大家さんへの賠償責任に備える特約、自宅か火元となり隣近所に燃え移ってしまった場合などに備える「類焼損害特約」などもあります。



全労済の窓口で相談して決められるので安心です。
お気軽に足をお運びください。
今日は、全労済共済ショップ一宮店の吉川さんにお話を伺いました。ありがとうございました(*^^*)

伊藤静香




※放送後1週間お聴きいただけます。



  ◆全労済 共済ショップ一宮店
  ◇一宮市猿街道一丁目1-14
  ◇TEL 0586-71-2611