アナウンサー 一覧に戻る

酒井弘明ヒコーキ写真

ブログ内検索

PAC3 函館に配備 函館山と函館空港


今日(9月19日)私が読んだニュースに「PAC3函館に配備」がありました。北朝鮮が発射したミサイルが相次いで北海道上空(函館近郊の上空)を通過したことを受け、防衛省は航空自衛隊の地上配備型地対空ミサイルシステム、PAC3(ペトリオット)を陸上自衛隊函館駐屯地に配備しました。写真は今年7月に撮影した函館山からの夜景ですが、画面の中段、右端の光が函館空港です。陸自の函館駐屯地は、空港の手前、函館競馬場の南西に隣接しています。ほぼ市街地にある駐屯地と言えると思います。



函館山をバックに函館空港のターミナルビルに近づいてきたHAC・北海道エアシステムのサーブ340B-WT1号機です。札幌市内にある丘珠空港から到着しました。スウェーデン製で36席あります。HACにあと2機あるサーブはJALの鶴丸カラーに塗り替えられています。



同じアングルで、こちらは新千歳空港から到着したANA WINGSのボンバルディアDHC8-Q400です。カナダ製で、上のサーブ340B-WTに比べ、胴体が圧倒的に長く座席数は約2倍の74席あります。

PAC3とドクターヘリ


今日(9月15日)午前6時57分ごろ、北朝鮮が弾道ミサイルを発射し、7時4~6分ごろ北海道上空を通過、7時16分ごろ襟裳岬の東方、約2,200kmの太平洋上に落下したと推定されると、防衛省が発表しました。飛行距離は約3,700km、飛行高度は約800kmと推定され、前回8月29日に発射されたミサイルに比べ、飛行コースはほぼ同じですが、飛行高度が高く、飛距離も長くなっています。このミサイルに対する破壊措置は取っていません。約800kmの飛行高度は国際宇宙ステーションの約2倍に相当します。ミサイル発射を繰り返す行為は非難されて当然ですが、発射の情報はミサイル通過前にJアラートで伝えられ、通過や落下の情報も、遅れれることなく発表されました。前回も今回も対応はできており、必要以上に怯えることなく、落ち着いた行動が求められるのではないでしょうか。
写真はイージス艦で撃ち落せなかったミサイルを、地上からで迎撃するPAC3・ペトリオットミサイルです。2014年航空自衛隊岐阜基地の航空祭に展示された模擬弾です。



さて、現在放送中のフジテレビ系ドラマ「コード・ブルー」が18日(月)最終回を迎えます。毎回ドクターヘリの出動シーンがありますが、使用されているヘリコプターは朝日航洋のMD900です。テイルローターがない、ノーター機能を持つ珍しい機体ですが、この機種の写真は残念ながら撮れていません。この写真は朝日航洋のドクターヘリ、川崎BK117で、バックの山は御嶽山です。2012年3月、県営名古屋空港で撮影しました。朝日航洋は東京ヘリポートに本社を置く、トヨタ系列の会社で、ヘリコプター事業では業界トップです。ドクターヘリでは現在10箇所の医療機関の運航を担当しています。



こちらはセントラルヘリコプターサービスの川崎BK117です。セントラルヘリコプターは県営名古屋空港に本社があり、現在4医療機関のドクターヘリを運航しています。朝日航洋のグループ会社です。2012年9月、県営名古屋空港で撮影しました。



中日本航空のユーロコプター(現エアバスヘリコプター)EC135です。中日本航空は名古屋空港内に本社を置き、現在14箇所の医療機関でドクターヘリを運航しており、ドクターヘリでは全国最多の実績を誇ります。2012年7月に県営名古屋空港で撮影しました。今回ドクターヘリの写真を探したところ、なぜか撮影時期が2012年に集中していました。



今年の7月函館空港で撮影した鹿児島国際航空のイタリア・アグスタウエストランド製AW109です。上の写真の3機はスキッド式の降着装置が付いていますが、AW109は格納式の車輪がついています。ドクターヘリは共通のロゴと配色で統一されていますが、この機体は他の機種とデザインが異なるため、ロゴの位置が後方にあります。鹿児島国際航空は共同運航を含め、現在5箇所の医療機関でドクターヘリを運航しています。

  • radiko.jp

カレンダー

RSS2.0

[login]

a-blog cms