アナウンサー 一覧に戻る

酒井弘明ヒコーキ写真

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

スカイマークの特別塗装機 羽田 酒井弘明ヒコーキ写真


5月23日は朝9時ごろから羽田空港に撮影に行きました。この時間帯に順光で撮れるのは第1ターミナルです。展望デッキよりも北側にあるスカイマークのスポットから、初めて見るマーキングの機体が接近してきました。ヴィッセル神戸の文字やロゴが見えました。5月14日に就航したばかりの「ヴィッセルジェット」なのですね。神戸はスカイマークの拠点で、格納庫もあります。



スカイマークのボーイング737-800「ヴィッセルジェット」が誘導路を南に進んでいます。09:11に撮影しました。



10:10A滑走路RWY34Lにスカイマークの「ファイターズジェット」が着陸しました。この機体は3月から就航しているそうですが、初めて見ました。スカイマークがプロ野球球団とコラボした特別塗装機は、阪神タイガース、福岡ソフトバンクホークスに続いて、北海道日本ハムファイターズが3球団目です。



昼からはRWY34Lの着陸機を外から撮影するポイント、川崎市の「浮島町公園」に初めて行きました。川崎駅のバスターミナルから、浮島バスターミナルまで路線バスで35~40分ほどかかります。12:57分にスカイマーク就航20周年記念の「星空ジェット」が降りてきました。この機体は各地で撮影していますが、青空バックで飛行中のカットは初めてです。何処で撮ったか分からないカットでもありますが、次の写真は…



スカイマーク「星空ジェット」が羽田空港のA滑走路RWY34Lに接近しています。「浮島町公園」から遠ざかっていますので、400mmでも機体のサイズは小さくなりますが、管制塔や第1ターミナルビル、下には誘導灯が伸び、羽田空港らしい景色が広がっています。後ろに木陰はありますが、撮影ポイントは直射日光にさらされます。暑さと帰りのフライトを考え1時間ほどで、撮影を切り上げました。

羽田空港RWY16Lは離陸専用ですが? 酒井弘明ヒコーキ写真


羽田空港には ABCD 4本の滑走路がありますが、最も長いのがC滑走路RWY16L/34Rで3,360mの長さがあります。北風のとき、RWY34Rは離陸・着陸の両方に使われますが、南風のときRWY16Lは離陸専用になります。写真は5月23日15:37に撮影したデルタ航空のボーイング777-200ERの離陸滑走シーンです。東京ゲートブリッジをバックに加速しています。



デルタ航空のボーイング777-200ERが間もなく離陸します。時間帯からミネアポリス行きDL120便と思われます。前日のブログに載せたデルタのA350-900の離陸写真はロサンゼルス行きDL006便だったようです。機体のすぐ上の海上に、右から左に伸びる朱色の鉄橋のような形の物は、D滑走路RWY23への着陸機のためのアプローチライトです。南風のとき、着陸機はB滑走路RWY22か、D滑走路RWY23に下りてくるのです。



デルタ航空のボーイング777-200ERが羽田空港のRWY16Lから離陸しました。C滑走路から離陸するのは主に、北米やヨーロッパ、国内線では北海道・東北・北陸・東海方面の便です。RWY16Lは離陸専用に使用されていますが、昨日(5月25日)米国のトランプ大統領が乗った大統領専用機(コールサイン・エアファオースワン)はRWY16Lに着陸しました。テレビで着陸シーンを見ましたが、さすがに見事なソフトランディングでした。B・D滑走路は長さが2,500mで、ボーイング747の着陸には一応十分なのですが、万全を期してC滑走路RWY16Lをリクエストしたのではないでしょうか?そのおかげで、第2ターミナル5階の屋内展望フロアから、ファンがガラス越しに撮影できたのは良かったと思います。