アナウンサー 一覧に戻る

酒井弘明ヒコーキ写真

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

旧政府専用機も!新千歳着陸機 機内から 酒井弘明ヒコーキ写真


5月28日セントレアから新千歳空港に飛びました。南風が吹いていたため、着陸機の使用滑走路はRWY19Lです。右の窓側席からカメラを構えていましたら、3月いっぱいで退役した旧政府専用機ボーイング747-400が2機、並んで駐機しているのを発見しました。



航空自衛隊の千歳基地に政府専用機の格納庫がありますが、旧政府専用機はその場所よりも、かなり北側に駐機しています。エンジンには赤いカバーが付けられ、垂直尾翼のラダーは南風を受けて北側に大きく切られた状態になっています。



私が乗ったJALのボーイング737-800は降下しながら新千歳空港のRWY19Lに、時速250km近いスピードで接近しています。振り返りながら旧政府専用機にレンズを向けました。この3枚の写真は105mmで撮影しています。



私の搭乗機は新千歳空港の敷地上空に入ってきました。ターミナルビルと管制塔が視野に入ってきました。台湾・エバー航空のエアバスA321が離陸用滑走路RWY19Rに向かっています。



その先にはRWY19Rに進入する態勢のJALボーイング777-200が見えました。私が乗った機体も、間もなくRWY19Lの入口に差し掛かります。



RWY19Lに着陸したJALボーイング737-800は離陸用滑走路RWY19Rの手前で停止しました。そして、上の写真に写っていたJALのボーイング777-200が目の前を離陸して行きました。レンズは50mmですが、露出補正をせずに撮ったら、機体が思い切り暗くなってしまいました。