アナウンサー 一覧に戻る

酒井弘明ヒコーキ写真

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

那覇空港の南「しおさい公園」高密度の着陸機 酒井弘明ヒコーキ写真


那覇空港の南側の午前中の撮影ポイント「しおさい公園」で11月15日10:26から10:29の間に3機の着陸機が撮れました。まず10:26、ANAのボーイング787-8がRWY36にアプローチしてきました。



頭上を通過したANAのボーイング787-8の左下に、那覇空港の新しい管制塔が見えました。上の写真から10秒も経っていないと思いますが、カメラの内蔵時計は10:27になっていました。



10:28航空自衛隊のE-2C早期警戒機が頭上を通過します。もともとは航空母艦の艦載機として開発されました。ワイドボディジェット旅客機の間に、小型のプロペラ機がアプローチしています。



JALのボーイング777-300が頭上を通過しました。カメラの時計は10:29を指しています。GPSを受信していますので正確なはずです。細かい秒数はカメラで確認しないと分からないのですが、このような密度で次々と着陸機を捌いているのですね。私は着陸機は2分間隔と認識していましたが、神業の域かと思います。

アフガニスタンで銃撃され死亡した 中村哲医師のご遺体を運んだヒコーキの同型機 成田 福岡 酒井弘明ヒコーキ写真


アフガニスタンでNGOの現地代表として活動し、今月4日に銃撃され死亡した福岡県出身の医師、中村哲さんのご遺体は昨日夕方、成田空港に到着し、今朝、羽田を出発し福岡に到着しました。アフガニスタンのカブールからUAEアラブ首長国連邦のドバイを経由し、エミレーツ航空のエアバスA380で成田に到着しました。成田空港のフライト情報によりますと、17:13に到着していますが、この季節は完全に夜の着陸になっています。この写真は昨年4月に撮影したものです。



上の写真のエミレーツ航空エアバスA380が成田空港のRWY16Rに向かって降下し、空港の敷地内に入りました。右下に管制塔が見えています。成田市さくらの山公園で撮影しました。



全幅79.8mのエアバスA380が、幅60mの成田空港A滑走路RWY16Rに間もなく着陸します。EK318便は第2ターミナルの66番スポットに到着します。JALとのコードシェア便ですので、地上作業はJALが担当しています。



アフガニスタンのカブール国際空港からドバイ国際空港までは、写真の機体と同型のエミレーツ航空のボーイング777-300ERが中村哲医師のご遺体を運びました。カブール空港では追悼式典が行われ、アフガニスタンのガニ大統領が先頭にたち、中村さんの棺を担ぐ姿がテレビニュースで放映されました。いかにアフガニスタンの人々に貢献したかが、伺われます。写真は2014年8月、成田空港第2ターミナルの展望デッキからB滑走路RWY34Rにアプローチするエミレーツ航空のボーイング777-300ERです。現在はより大型のエアバスA380が就航しています。



中村哲医師のご遺体は今朝、JAL307便で羽田を出発し、午前10時過ぎに福岡空港に到着しました。使用機材はエアバスA350-900の4号機「20th ARASHI THANKS JET」でした。写真は10月11日に、ホテルグランビュー福岡空港の客室で撮影した、同型のJALエアバスA350-900の初号機です。RWY16に着陸直前のシーンですが、今日の風向きから、同じ滑走路に着陸したものと思われます。私も午前10時台のニュースで読みましたが、明後日、福岡市内で告別式が執り行われる予定です。心からお悔やみ申し上げます。