アナウンサー 一覧に戻る

酒井弘明ヒコーキ写真

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

慶祝 即位礼正殿の儀 両陛下ご搭乗の特別機 セントレア 酒井弘明ヒコーキ写真


10月22日、皇居宮殿で即位礼正殿の儀が行われました。私はスーツにネクタイ着用で出勤し、即位礼正殿の儀が行われた直後のニュースを担当しました。外国の国王や王族、元首など内外の賓客を招いて、つつがなく執り行われたことをお慶び申し上げます。きょうは6月2日、愛知県で行われた全国植樹祭からの帰京の際、天皇皇后両陛下がご搭乗になったANAの特別機エアバスA321neo登録記号JA140Aの写真をご覧いただきましょう。撮影直後のブログでは掲載していないカットを集めました。天皇皇后両陛下はセントレアの8番スポットからボーディングブリッジを使って搭乗され、間もなくプッシュバックが始まります。



天皇皇后両陛下が搭乗されたANAのエアバスA321neoは8番スポットからプッシュバックされ、スカイデッキ側に機首を向けています。この日セントレアは南風でRWY18で運用されていましたが、滑走路までの最短ルートを通らずに、スカイデッキ前を進むコースを通っていただけることがわかりました。



スカイデッキ側の誘導路へ右折で進入する天皇皇后両陛下の特別機ANAエアバスA321neoです。前脚のライトが、塗れた地面に反射しています。ライトの前方には雨粒も確認できます。



右折を続けるA321neoをアップで撮りました。左最前方の窓から陛下が、次の窓から雅子様が手を振られている様子が写っています。



天皇皇后両陛下が搭乗されたANAエアバスA321neo登録記号JA140Aはスカイデッキ前をさらに西に進むみます。待機中のJALボーイング737-800の機首が左上に写り、その右側ではJAL機の地上スタッフ3人が特別機に手を振っています。前から2番目の窓には、スカイデッキに向かって、お手を振る両陛下が写っています。



ANAの特別機はNH2001便のコールサインで地上走行を続けています。この後B誘導路へ右折し途中、誘導路上で一旦停止して国旗をコックピットに収納します。その間に着陸機がRWY18に接近したため、特別機は滑走路手前で待機しました。コックピットと胴体前方の日の丸がシンクロしてくれたカットを選びました。



天皇皇后両陛下が搭乗された特別機ANAのエアバスA321neoはセントレアのRWY18から離陸し、上昇しながら脚の収納を行っています。赤い衝突防止灯が点灯しました。雨の中でしたが、令和の初フライトを撮影できて本当に良かったと、あらためて思います。

ラグビー日本代表 感動をありがとう!ヒコーキはTOKYO2020 酒井弘明ヒコーキ写真


ラグビー日本代表は昨夜(10月20日)東京・味の素スタジアムで行われた準々決勝で南アフリカに破れ、準決勝進出はなりませんでした。前半は善戦し希望を持ちましたが、後半は南アフリカに強さを見せ付けられ、素直に相手を称え、準決勝での健闘を祈りたいと思います。日本代表の選手、コーチ、スタッフ、関係者のみなさん!たくさんの喜びや勇気、感動を与えていただき、ありがとうございました。とても誇らしく思います。写真は今年5月、川崎市の浮島町公園で撮影した、JALボーイング767-300「ラグビー日本代表・ウィルチェアーラグビー日本代表応援 特別塗装機」です。機体の右側にウィルチェアラグビー、左側にラグビー日本代表の選手のイラストがラッピングされています。16日から20日まで東京体育館で行われていた「ウィルチェアーラグビー ワールドチャレンジ2019」で日本代表は3位決定戦でイギリスを破り3位になりました。優勝はアメリカ、2位はオーストラリアでした。この後はワールドカップラグビーの準決勝、3位決定戦、決勝を見届けたいの思います。この特別塗装機は12月まで運航される予定です。



10月10日羽田空港の第1ターミナル展望デッキに上がって間もない09:32 JALのボーイング777-200 TOKYO2020特別塗装機がA滑走路RWY34Lに着陸しました。東京2020オリンピックマスコット「ミライトワ」東京2020パラリンピックマスコット「ソメイティ」が大きく描かれたタイプは初めて見ました。「みんなのJAL2020ジェット」1号機と名づけられているのですね。



「みんなのJAL2020ジェット」1号機ボーイング777-200がA滑走路の平行誘導路から第1ターミナルのスポットに向けて右折しています。順光の白い機体に対応するため-1/3の露出補正をしています。



JALボーイング777-200「みんなのJAL2020ジェット」1号機が15番スポットに入ります。胴体前方下部に鶴丸マークを挟んで左にオリンピック、右にパラリンピックのロゴマークが小さめに描かれ、中央に大きな「TOKYO2020」後部にマスコット、左にオリンピックの「ミライトワ」右にパラリンピックの「ソメイティ」が描かれています。第2ドアから第3ドアにかけては、東京の代表的な建物やタワー、橋などが描かれています。



こちらは5月23日に羽田空港の第2ターミナルで撮影したANAボーイング777-200ERの特別塗装機「HELLO 2020 JET」です。こちらは日本の名所と競技のイメージが描かれています。JAL ANAとも「東京2020オフィシャルエアラインパートナー」なのですね。