アナウンサー 一覧に戻る

酒井弘明ヒコーキ写真

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

ANA777-300とネコ 瀬長島ウミカジテラス 酒井弘明ヒコーキ写真


那覇空港の南側にある瀬長島には展望広場の北側に、斜面を生かした商業施設「ウミカジテラス」があります。ウミカジとは海風のことで、沖縄の方言「うちなーぐち」では母音の「え段」が「い段」に、「お段」が「う段」で発音されるようです。ウミカジテラスにはカフェやレストランをはじめ、洒落た店が並んでおり、主に中国や韓国などからの観光客で賑わっています。ここには展望広場よりも低いアングルで、空港を見渡せる場所があります。RWY36に向かってE10誘導路へ右折を始めるANAのボーイング777-300です。垂直尾翼の左に私が泊まったホテル・グランビュー沖縄(モノレール赤嶺駅前)が、ほぼ中央にイオン那覇店(モノレール小禄駅前)の看板が見えています。



ウミカジテラスに正面を向けたANAボーイング777-300です。17:25の撮影ですので時間帯から17:00発の羽田行きANA472便と思われます。国内のエアラインでは最多の514席を備えます。全幅60.9mの両翼端が560mmでぴったり画面に収まりました。



那覇空港RWY36のE10ホールドポイントで待機するANAボーイング777-300の手前を、着陸態勢のJTAボーイング737-800初号機が通過しました。この機体は昨年3月、天皇皇后両陛下の那覇⇔与那国、行幸啓フライトを務めています。



RWY36に進入するANA472便ボーイング777-300が、ウミカジテラスに真横を向けました。全長73.9mの長さを感じさせるアングルですね。レンズは338mmで撮影しています。ちょうど沈みかけた西陽が機体の当たってくれましたが、タイヤがフェンスに遮られない絶妙な高さだと思います。



17:29ANA472便がRWY36から羽田に向けて離陸しました。直線距離で2,000m以上離れていますので、777-300を560mmで撮っても、これだけ小さくなってしまいます。それでも原版を拡大してトリミングすれば、何とか迫力のある離陸ショットを作ることができそうです。



さて、瀬長島では、きれいに整備される前、駐車場に10数匹のネコが住み着き、キャットフードを与えに来る人を見かけました。ホテルやウミカジテラス、展望広場の工事で、ネコの姿を一時ほとんど見かけなくなりました。今回、ウミカジテラスの2階でヒコーキを撮る前にネコを発見しました。ていねいに顔を洗っています。



今度は、じっと何かを見詰めていましたが、体勢を低くし「ロックオン」このあと、素早く飛びかかりました。



その先には、白黒のネコがいて、しばらくジャレ合っていました。まだ仔猫のようですが、可愛く品の良いネコたちですね。右側の縞のネコは好奇心が旺盛なようで、近づいてきた男の子に寄っていきました。