アナウンサー 一覧に戻る

酒井弘明ヒコーキ写真

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

新規就航や機材大型化が続き 好調なセントレア! 酒井弘明ヒコーキ写真


先週5月16日(木)中部国際空港株式会社の2019年3月期決算に関する記者会見が行われ、売上高・各利益とも過去最高を更新しました。2020年3月期の予想は国際線を中心に旅客数が増大しますが、第2ターミナル開業や、既存施設を強化するための先行投資費用が増加し、増収減益を見込んでいます。写真は3月24日から新規就航したガルーダ・インドネシア航空のエアバスA330-200です。スカイデッキ前のB誘導路をRWY18に向かっています。



ガルーダ・インドネシア航空のGA885便がRWY18からジャカルタに向け離陸します。セントレア⇔ジャカルタ間を週4往復、運航しています。



フィンエアー・フィンランド航空のエアバスA350-900がRWY36からヘルシンキへ向け離陸します。5月6日からA330-300から最新鋭のA350-900に大型化され、毎日1便で運航されています。



ルフトハンザドイツ航空のフランクフルト便は週5便のうち、日曜日の出発便がエアバスA340-600に大型化されています。セントレアの5月総合時刻表ではA340-300の279席に対してA340-600は281席と表示されていますが、A340-600には8席のファーストクラスを備えています。全長75.27mの超ロングボディはとてもスマートですが、実は胴体の太さはガルーダ・インドネシア航空のA330-200と同じなのですね。



2019年3月期決算で記者会見する中部国際空港(株)の友添社長です。機材の大型化は座席数だけでなく、貨物室の容量が増え、国際貨物取扱量の増加にも寄与しているとの説明がありました。