アナウンサー 一覧に戻る

酒井弘明ヒコーキ写真

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

初の順光!ルフトハンザ新塗装A350-900 羽田 酒井弘明ヒコーキ写真


10月10日、乗り継ぎ時間を利用して羽田空港第1ターミナルの展望デッキで1時間半ほど撮影をしました。10:10ルフトハンザドイツ航空のエアバスA350-900がA滑走路RWY34Lに着陸しました。ミュンヘンからの到着便ですが、スラストリバーサが展開されていません。手前のカットも確認しましたが、やはりエンジンカウルは閉じたままです。スラストリバーサを使用せずに減速しているのですね。国際線ターミナルビル後方の正面に京急EX INNの建物が見えます。京急天空橋駅が最寄り駅で、空港が見える部屋がありそうですね。



RWY34Lを左折し国際線ターミナル側の誘導路を南に進むルフトハンザのエアバスA350-900です。胴体上部に陽が当たっています。国際線ターミナルビルの後方にホテルJALシティ羽田の建物、その左に東横インの看板が見えます。どちらも泊まったことがありますが、JALシティ羽田は京急穴守稲荷駅、東横イン羽田空港1・2は京急大鳥居駅が最寄り駅です。



平行誘導路から右折してエプロンエリアに進むルフトハンザA350-900が、順光のアングルに入りました。今年の2月末にRWY34Rから離陸する新塗装のA350-900を撮りましたが、このときは曇り空でした。今回が初のルフトハンザ新塗装機の巡光ショットとなります。ルフトハンザの新塗装は昨年2月から始まっています。羽田に乗り入れているボーイング747-8IやエアバスA350-900は、最新鋭機ではありますが、塗装変更以前に納入された機体も多く、塗り替えのタイミングは先になりそうですね。しがって、撮れそうで、なかなか撮れないルフトハンザの新塗装機と言えそうです。



ミュンヘンから到着したルフトハンザのエアバスA350-900は106番スポットに入りますが、このときANAのボーイング787-9が106番スポットからプッシュバックされています。ルフトハンザの従来のカラーはホワイトボディに下面はグレー、垂直尾翼と下のボデイがは紺色で黄色の鶴丸が描かれています。新塗装はオールホワイトのボディに、垂直尾翼とその下のボディは、さらに黒に近い紺色。日本の伝統的な「鉄紺」か、車のボディカラーなどで使われる「ミッドナイトブルー」に近い色に、白い鶴丸が描かれています。



106番スポットに機体をピタリと正対し、前進するルフトハンザのエアバスA350-900です。第1ターミナルの展望デッキにテイルを向けました。面白いアングルですが、不思議なのは白いボディの前方が黒っぽく写っていることです。理由は分かりません!