最新ニュース

2019年3月22日

大澤広樹のドラゴンズステーション

開幕投手の笠原「143試合の中の1試合と思って普通に投げられたら」

笠原祥太郎投手森貴俊

3月21日(木・祝)17:45~19:00放送の「ドラヂカラ!!」では、今季中日ドラゴンズの開幕投手を務める笠原祥太郎投手の、開幕への意気込みを本人の声でお送りしました。



一応、準備はしてました

森アナに開幕投手になった率直な気持ちを聞かれた笠原投手は「いろんな人から、『(開幕投手)あるんじゃない?』と言われていたので、一応準備はできていたけど、頑張らなきゃと気が引き締まりました。」とコメント。開幕投手に決まった事を、真っ先に家族に伝えた笠原投手だが、奥さんは事の重大さが良くわからずピンときていない様子だったと言う。
現段階で、プレッシャーはあまり意識していないと言う笠原投手。「オープン戦の流れのまま、143試合の中の1試合と思って普通に投げられたらと思っている」と堂々としたコメントを聞かせてくれた。「意識しないのは得意ですか?」と問われると「結構得意だと思います」と語った。

横浜スタジアムに良いイメージをつけられれば

これまで横浜スタジアムでは勝ちのない笠原投手だが、今年は今年なので横浜スタジアムに良いイメージをつけられればと意気込んでいる。ベイスターズの強力打線に、相手バッターを惑わせるようなピッチングを期待したい。


※放送後1週間有効です。