最新ニュース

2019年4月21日

ガッツナイター

3カード連続勝ち越し!与田監督の起用、またもやズバリ!

堂上直倫鈴木博志松井雅人


先発ドラゴンズ吉見、スワローズ高梨で始まった1戦は予想外の展開です。3回で両先発が姿を消しました。序盤から点の取り合いでした。ドラゴンズ打線は与田監督、絶好調の阿部を外しこの日は堂上を起用。キャッチャーも前日今季初出場でヒットをマークした松井雅人をスタメンに起用しました。7-5ドラゴンズ勝利を挙げこのカード勝ち越し。3カード連続の勝ち越しで再び貯金を3に戻しました。

先発に起用された堂上は途中まで2三振とあまり内容は良くなかったんですが、守備で魅せました。セカンド後方へのフライを難しい体制で捕ると、セカンドにボールを送り飛び出していたランナー雄平をアウトにしました。ドラゴンズはこのプレーで流れを引き寄せると、堂上は7回にライトへタイムリーとなる2塁打を放ちました。この日も与田監督の選手起用がズバリ当たりました。

解説、鈴木孝政さん、鈴木博志に注目

この日の解説は鈴木孝政さん。前日敗戦投手になった鈴木博志に注目をしていました。「なんとか博志が投げる展開にならないかなと思っていました。試合前に与田監督と話しても話の8割は博志でした。そういう展開になれば監督も博志を投げさせると話していましたよ」と解説。見事、2点リードを鈴木博志は守り7セーブ目をマークしました。解説、鈴木孝政さん。与田監督。二人ともドラゴンズが誇った歴代のストッパーです。

さらに鈴木さんはヤクルト小川監督と同じ千葉県出身。昔から勝手知ったる間柄です。鈴木さんは解説で「試合前に小川監督が、今年の中日は去年までとは全く違うチームですね。試合が粘り強いですよ」と話していました。
これは嬉しいですね。敵チームに”去年とは違う”と感じさせた新生与田ドラゴンズ。まだまだこんなもんじゃありませんよ!来週はマツダスタジアムに乗り込んで広島戦です。一味違うドラゴンズを敵地で披露しましょう!