最新ニュース

2019年5月25日

ガッツナイター

4位浮上 チーム力が輝きを放つ1戦。

柳裕也高橋周平伊藤康祐松井佑介

連敗中のヤクルトから、苦手神宮球場で連勝を飾りました。10-3の勝利にはたくさんの選手の活躍がありました。先発柳、まさに粘りのピッチング。5回6安打2失点。5回、柳は連続四球で満塁のピンチを招きます。しかし高橋周平のファインプレーが飛び出し窮地を脱しました。その後、6回、柳に送られた代打松井佑介がタイムリーを放ちました。高橋周平は3安打4打点。2年目、伊藤康祐もプロ初の3安打猛打賞。あと1本あと1点に苦しんでいたドラゴンズですが、この日は16安打10点の快勝です!

この日のガッツナイター解説はヤクルトOB笘篠賢治さん。笘篠さんは「勝負事ですから、叩ける時に目一杯叩いとくべきです」と解説しました。



勝利のポイントは「野手の集中力」


解説の笘篠さんは試合のポイントに5回を挙げました。それは柳が作った満塁のピンチでの高橋周平の守備です。
「連続四球ですから、野手は集中力は切れやすいんですが、そこを良く集中して守りましたよ。あそこを守り抜いたのは大きい。その後柳の代打の松井佑介がタイムリー。あれがなければヤクルトはまた息を吹き返す可能性がありました。ヤクルトを生き返らせなかった」と解説しました。

神宮球場の苦みは、誰よりもドラゴンズの選手たちが知っています。少しでもスキを見せればどうなるのか、それを経験してきています。柳はヒーローインタビューで「今日は周平さんがヒーローでいいかと思います。野手の皆さんに助けられた。佑介さんのヒットは感謝しかありません。明日、清水にいい形で渡せたと思う」と笑顔で話しました。さあ、明日はシンデレラボーイになるか、2戦2勝の清水達也がマウンドへ。
最高の週末にしましょう!どらほーーーーー!