最新ニュース

2019年6月22日

ガッツナイター

吉見が今季初勝利。憧れの人との投げ合いを制す!

吉見一起

今年の交流戦最終カード、日本ハムとの2回戦、ドラゴンズは6-1で勝利を挙げこのカードの勝ち越しを決めました。先制、中押しダメ押しと効果的な得点で終始、主導権を握りました。
得点もさることながら、やはりこの日の勝因は先発、吉見一起。およそ2カ月ぶりの1軍マウンド。本人もヒーローインタビューで「緊張しました。最後までフワフワしていました」と話したように胸には特別な思いを抱いてマウンドへ上がりました。



憧れの存在、金子との投げ合いに勝つ!


この日の日本ハム先発は金子。金子と吉見はトヨタ自動車で共に戦った仲間です。プロに入ってから、金子投手との投げ合いを心待ちにしていました。いつ聞いても吉見のモデルケースは「金子さん。初めてキャッチボールをした時から全てが僕の理想でした」と話していました。

残念ながら金子は4回でマウンドを降り2人の空間はそこまででしたが、待ち望んだ吉見は金子の前で好投を続けました。この日のガッツナイタースペシャル解説の権藤博さんは金子について「コントロールが本来の物じゃない。初球からフォーク3連投とか、少し寂しいね」と話しました。一方で吉見については「コントロールで勝負できている」と序盤から太鼓判でした。

同門対決を制した、吉見一起、チームにとってこのカード勝ち越しを決める大きな1勝となりました。
あすはいよいよ交流戦最終戦です。相手はルーキー、吉田輝星投手。同一カード3連勝で決めましょう!!

どらほーーーーー!!!