最新ニュース

2019年7月12日

源石和輝 ひるカフェ

「新宿生まれで渋谷が好き」「モデルにスカウトされました」遠藤一星さんの豪胆とミーハーのあいだ

遠藤一星祖父江大輔藤井淳志森貴俊源石和輝ひるカフェ

他局はもちろん東海ラジオの野球番組でも聴けない選手の素顔がわかる「ドラカフェ」。『源石和輝 ひるカフェ』(月-金曜12:00-13:00)にドラゴンズの選手が1週間通して毎日出演し、源石アナとのおしゃべりを楽しみます。7月8日(月)~12日(金)は外野手の遠藤一星(えんどう・いっせい)さん。聞き手は森貴俊アナウンサーです。


遠藤一星さん(背番号23です念のため。吉川秀樹アナ写す)

1989年東京都新宿区出身、2015年からドラゴンズでプレーする遠藤さん。「歌舞伎町に中学校がありました」と語る遠藤さんが駒場学園高校に進んだ理由は「渋谷が好きだから」。サッカー少年でしたが母親の影響で野球を始めることに。高校野球の同期には「ハンカチ王子」こと早稲田実業高校の斉藤祐樹さん(現ファイターズ)がいましたが「当時はあんまり関心はなかったですね」とサラリ。それでもライバルの「マーくん」こと駒大苫小牧高校田中将大さん(現ヤンキース)は意識していたようで「エグいっすよね」と独特の表現で評価していました。中央大学では野球と遊びに夢中。「モデルにスカウトされたこともありますよ」と森アナを驚かせますが「いや東京ではよくある話なんで」とこれまたサラリ。卒業後は実業団の東京ガスでプレー。憧れの先輩美馬学さん(現イーグルス)の自宅前で偶然本人に遭遇したときは声も出なかったとか。落ち着いているのかミーハーなのかよく分からないところが魅力のインタビューとなりました。それでも「何とか追い上げてAクラスに入りたいですね。やっぱり明るいニュースがないと」。常に前を向く遠藤さんの姿勢でドラゴンズを引っ張ってほしいものです。まずは奥さまの出身地豊橋での活躍に期待しましょう。

≫豊橋の試合はこちら
≫豊橋出身藤井淳志さんも「ドラカフェ」に出演
≫豊橋出身祖父江大輔さんも「ドラカフェ」に出演
≫『源石和輝 ひるカフェ』公式サイト
≫源石和輝アナ公式サイト
≫森貴俊アナ公式サイト