最新ニュース

2019年8月30日

源石和輝 ひるカフェ

何もしないくらいなら空振りしたほうがマシだ…大島洋平さんを大きく見せる「男道」

大島洋平源石和輝ひるカフェ

他局はもちろん東海ラジオの野球番組でも聴けない選手の素顔がわかる「ドラカフェ」。『源石和輝 ひるカフェ』(月-金曜12:00-13:00)にドラゴンズの選手が1週間通して毎日出演し、源石アナとのおしゃべりを楽しみます。9月2日(月)~6日(金)は外野手の大島洋平(おおしま・ようへい)さんです。


右が大島さん

1985年名古屋市緑区出身。享栄高校、駒澤大学、日本生命を経て2010年からドラゴンズでプレーしています。入団間もないころ公共広告機構のCMで「何もせずに見逃すくらいなら空振りしたほうがマシだ」というセリフが印象に残っている源石アナ。「その気持ちは今も変わりませんか」との問いに「はい。小さいころからずっとその気持ちでやってきました」。身長174センチとプロ野球選手としては小柄なほうですが「最近大きくなったと言われることが多いんですよ。肩幅が広がってきたからですかね。プロに入ってから1年通して働ける身体づくりをしてきましたから」。入団会見には奥さんと長男同伴で臨んだ大島さん。今では子どもも4人に増えました。「子どもや家のことは奥さんに任せっきりですね」と苦笑いしながらも感謝の気持ちをしっかり伝えていました。大島さんといえば歴代登場テーマのほとんどが男性アイドルグループ「関ジャニ∞(エイト)」の楽曲。しかも現在は試合前半が「ズッコケ男道」、後半が「キング オブ 男!」と変える念の入れよう。「背番号が8なのでエイトつながりです。打席で変えているのは周りもそういう選手が出てきたんで。深い意味はないですよ」といたずらっぽい笑顔を浮かべていました。生まれ育った地元名古屋でプレーしていることについては「特に意識していませんでしたが、大学や社会人で名古屋を離れていたのでプロ入りが地元でよかったと思っています。残り試合も頑張ります」とクライマックスシリーズ進出に向けてラストスパートを誓ってくれました。

≫『源石和輝 ひるカフェ』公式サイト
≫源石和輝アナ公式サイト