小島一宏 一週間のごぶサタデー

リンク

  • ボートレース レディオガールズ
  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

小島一宏 一週間のごぶサタデー
毎週土曜日 8:00〜12:00
[ 番組 ] コーナー紹介 / パーソナリティ紹介
番組へのお便りはこちら
FAX:052-961-0077
ハガキ:〒461-8503 東海ラジオ 「小島一宏 一週間のごぶサタデー」
メール:メールはこちら
メッセージボード:メッセージはこちら

9月30日の放送はこんなんでした〜♪ 前回の放送は・・・

radiko.jpへはこちら 次回の番組予告

▼radiko.jpへはコチラ


9月30日 行定勲監督(映画「ナラタージュ」監督) こじまんち


映画「ナラタージュ」の行定勲監督をお迎えしました!

映画「ナラタージュ」
高校教師と元生徒の禁断の恋のストーリー
大学2年生の泉は、ある時高校時代の演劇部から後輩たちの卒業公演に出演してほしいとの依頼を受ける。
そうして高校へ行った泉は、教師である葉山の姿を見つけた。
高校時代に自分を助けてくれた葉山へ密かに思いを寄せていた泉はそのことを忘れようとしていたが、
一年ぶりに再会したことで抑えていた恋心が再燃してしまい―


公開情報:
10月7日より ミッドランドスクエアシネマ ほかで公開!

9月30日 ボートレーサー 石塚裕介選手! G1つつじ賞のPR のりこのごくらぶ

最終回の今日は、三重支部所属のボートレーサー 石塚裕介選手をお招きしました。

1986年3月4日生まれの31歳。
2007年に津ボートレース場でデビュー。
初めての1着をその年の11月 常滑ボートレース場で達成。
今期A2に昇格、今後期待されるレーサーの一人です。

初めてのA2ですし、このところ優出も多数。
調子がいい秘訣を聞くと、最近 お子さんが生まれたそうで、現在 2ヶ月。
おしめもちゃんと換えているそうです。
やはりお子さんのかわいい笑顔が、がんばりにつながっているようですね~。

目標は、A1になること。
マイペースなところがあるので、もっとレースにあわせて、調整できるようにしたいとのこと。

マンガのモンキーターンがきっかけで、ボートレースの世界へ。
A1のみなさんが、出場される地元三重で開催される「つつじ賞」はいつかは出てみたいG1レース。

見所をおききすると、
三重のトップレーサー、井口佳典選手や、東本勝利選手の走りについて教えてくださいました。
SG級の井口選手は、すべてにおいてレベルが違う。。。
東本選手は、アクセル全開の迫力のターン!

石塚選手は、昔、まねしようとしようとして、転覆してしまったとのこと。。。
それくらいのものすごいスピードなんですね~~。
石塚選手は、違うスタイルでがんばっていくそうです。

「 G1開設65周年記念、つつじ賞王座決定戦 」
10月8日~13日、津ボートレース場で開催。

ぜひお出かけください。

ボートレースラジオガールズのHPには、
初日ドリーム線の予想をするページがあります。
抽選でクオカードもプレゼント。

「BRG」で検索してみてください。

ごぶサタデー最終回にちなみ、今日のテーマは最後の晩餐
石塚選手は「焼肉!」ですって!
いいですね~~~。
 焼肉食べて、精をつけて、今後のレースもがんばってくださいね~~。


9月30日 最後の晩餐、何を食べたい? リサーチ!寄らば大樹?

◎リサーチテーマ:
『ちょっと参考にさせてください!
 最後の晩餐、なにを食べたい?お寿司?ステーキ?蟹?意外と卵かけご飯?
 その理由もぜひ教えてください!』


☆リサーチ結果
1位:ご飯・お味噌汁・お漬物など和食セット・・・8.1%
2位:お寿司・・・7.4%
3位:ラーメン・・・6.7%
4位:からあげ・・・4.4%
以下、ステーキ、おにぎり、ウナギ、などが5位となりました。

お便り紹介
「お高くて、めったに食べられない、「うなぎ」かな!
最後なら、お財布事情を気にすることなく、
うな重の特上を、思いっきりバクバク!
心ゆくまで食べますね~!」

「最後の晩餐でパッと思い浮かんだのが、
実家近くの味覚処の大判焼きです。
皮は薄く、粒あんがたっぷり。
私の仕事や娘の学校やいろいろあり、
10年以上帰っていないので、あ~~、食べたい。。」

「流しそうめんです。
巨大プールで自分ごとやったら面白いし、
思い残すことはありません!!!」

★本日の大樹賞★

「私が最後の晩餐に食べたいものは、カレーです。
小学生の給食に出たカレー・・・・
昭和40年代初めの頃、たぶんまだ、
市販のカレールーという物もなかった頃の素朴な味わいのカレーシチューです。
ごはん給食もなかったのでカレーライスではなく、カレーシチューです。
当時はどのように作られていたのかわたりませんが、
現在のように、ハーブやスパイス等もいっぱい入っていない、、、
子供の頃の私は、食が細くて、当時の給食もたくさん食べられなくて、
・・・・・・その中で、カレーが一番好きなメニューだったので、
その頃のカレーシチューが食べたいです。」

懐かしい味が恋しくなることありますよね。
当時の思い出とも重なって、余計に輝いて、美味しそうな気がしたり・・・

ごぶサタデーもそんな“懐かしい味”になれましたか?

今までたくさんのお便り、ありがとうございました!