小島一宏 一週間のごぶサタデー

リンク

  • ボートレース レディオガールズ
  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

9月16日 ボートレーサー 平見真彦選手 のりこのごくらぶ

今日は、9月19日から24日まで 蒲郡ボートレース場で開催される
プレミアムG1第4回ヤングダービーに出場される 
愛知県出身 平見真彦選手が ゲストでした!

【 聞き逃した方はこちらから 9月16日(土)平見真彦選手 】

なんと、平見選手のお父様が、東海ラジオがお好きで、
10代なかばの学生時代には、毎朝 東海ラジオを聞いてくださっていたそう。。。


それも、『小島一宏モーニングアイランド』 ですって!!
え~~~、すごい。まさに、いまのこのごぶサタデーのコンビがでていました
かつての朝ワイド番組です。うれしいですね~~。


平見選手は、1988年12月29日生まれ、28歳。
もっとお若く見えますし、金髪でK‐POPのアイドルみたい~~!!

2008年5月蒲郡でデビュー、
今年4月、東京・江戸川ボートレース場の一般競争で初優勝!


小さいころから、フルフェイスのヘルメットをかぶる『 車のレーサー 』に
憧れていたのですが、お金もかかるし、現実的ではないので、
両親に相談したところ、おじ様がボートレーサーということで、
常滑のボートレース場に連れて行ってもらい、それ以来虜になり、
夢をかなえられたそう。。。
 

今年は優勝もできて、調子がよく、上向き。
もちろん、そのおかげでヤングダービーにも出場できたわけですが、
こういう大きな大会に出るのは初めてだそうで、
インタビューしていて、平見選手のワクワク感が伝わってきました!!

(プレミアムG1ヤングダービーは、30歳以下の成績上位者の男女が出場)

最近、調子がいいのは、
『 体感に合わせて、プロペラの細かい調整ができるようになってきたこと 』が、
大きな要因
ではないかと 分析されていました。
昔は深く考えることができなかったそうですが、9年目ですから、
試行錯誤しながら、いろんなことを 深く深く考えられるようになったようです。

ヤングダービーに向けての意気込みは、
『 思い切り楽しもう! 』 と思っているそう。
5年ほど前、バイクで顎を骨折して、お世話になった口腔外科の先生にも
『楽しんで!』と言われたんですって。
レース前には、必ず神社にお参りにも行ったりして、ゲン担ぎも。

趣味は、ギター。
実は自宅に スタジオまで作っちゃったそう。
仲間とロックバンドを組んでいるんですって~。すごい~~。

ゴルフもプロゴルファーに習っているのですが、
ご自身でスコアがあまりあがらない、、、へたくそなんです~と。

スタジオでも和気藹々。
別のコーナーでご紹介するおせち料理を前に、平見さんとお写真とりました!

もう一枚の写真は、最近、このポーズが仲間内で流行っているそうです(笑)



プレミアムG1第4回ヤングダービーは、
9月19日(火)~9月24日(日)まで、ボートレース蒲郡で開催。


9月24日(日)夜8時30分~は、『 ボートレースライブ 』 として、
東海ラジオほかで 優勝戦を生放送でお届けします。
私、青山も、ボートレースラジオガールズとして、ゲスト出演します。


平見選手の走りの特徴は、道中絶対あきらめないこと!!
だそうです。
最後の最後までくらいついていく姿を応援しましょう!

平見選手より、
『 若手レーサーのスピード感がナイターレースで際立つと思うので、
迫力あるレースを見に、ぜひ蒲郡ボートレース場までお越しください! 』


ボートレース オフィシャルサイトの 『 BRG(ボートレースラジオガールズ) 』 の
ページもチェックしてね~!

 

9月9日 甲斐バンドの甲斐よしひろさん のりこのごくらぶ

今日は、甲斐バンドの甲斐よしひろさんでした。
もう、本当に面白い、、、、。
お話が尽きない甲斐さんです。

聞き逃した方は、こちらから・・・9月9日 甲斐よしひろさん
(9月15日までラジコタイムフリーでお聞きいただけます。)



7月に 10年ぶりの甲斐バンドのベストアルバムを リリースされました。
Best of Rock Set  『  かりそめのスウィング  』
新録音・再録音・リミックスなど含め、全23曲。

その中でも注目は、かつてのテレビドラマ 『 キーハンター 』 の主題歌で、
野際陽子さんが歌われた 『 非情のライセンス 』
のカバー。

甲斐さんの歌声がセクシーで、これまた素敵なのです。
野際さんのことを とてもリスペクトされていて、
いつかカバーをしたいと思っていた楽曲。
今年の訃報は、とても残念だったようです。

このアルバムを聞いていると、
甲斐さんの歌声は、歌詞が全部はっきりと伝わってくるので、
歌声というより、『 セリフ 』を聞いている感じで心に残る印象をお伝えすると、

石原裕次郎さんや小林旭さん、渡哲也さん等が大好きで、
役者さんが歌うとすごくしっかり歌詞が聞こえるな~、
セリフをいうのと同じように伝わるなとは昔から思われていたそう。。。
だから、それを真似したわけじゃないけど、少しそういう意識はあったかも、、、と。

もともと、音楽を聴くことが好きで、ずっと聞いている側でよかったのですが、
自分が聴きたい音楽を誰もやらないから、自分でやるようになったそうです。
ほとんど、作詞作曲を手がけていらっしゃいますが、
詩と曲は、ほぼ同時に沸いてくるが多いそうです。



インタビュー前日は、ヒレ酒を飲まれたそうで、
『ヒレっ酒、ヒレっ酒、ヒレ~~っ酒!!』
(フレッシュ、フレッシュ、フレ~~ッシュ!! by 松田聖子)
と、やっていたとか、いないとか(笑)

ご機嫌で、とっても楽しい甲斐さんでした。

久しぶりの甲斐バンドでのライブが、
11月19日(日)に
金山日本特殊陶業市民会館フォレストホールで、午後5時開演。


残席わずか。。。

お問い合わせ サンデーフォークプロモーション  
052-320-9100

 

9月2日 ボートレーサー河村了選手!トコタンキング決定戦出場 のりこのごくらぶ

ボートレースラジオガールズでもあるワタクシ・・・。

今日は、9月12日から常滑ボートレース場ではじまる
開設64周年記念競走、G1トコタンキング決定戦について
愛知県出身 愛知支部の河村了選手(33歳)にお聞きしました!


聞き逃した方はこちらをクリック!!
(9月8日までラジコタイムフリーでお聞きいただけます)


河村選手は、3月にもご出演いただいたばかり。
その時は、2015年に丸亀での大怪我の際、
奥様に言われた一言がきっかけで、ボートレーサーとして
もう一度頑張ろうと思えて話などしていただきました。

【3月に河村選手がご出演された時のブログはこちらをクリック】

今回は、その後のお話。。。
怪我から回復後、調子がよかったのですが、
2年たってどうも体の不調がでてきたそう。

怪我した方の足をかばってレースをしていたようで、
今年5月ついに体が悲鳴をあげ、途中帰郷。

最近はパーソナルトレーナーさんの下で、トレーニングをし、
股関節や肩甲骨などの可動域を広げる訓練をされているそう。
身体を見つめなおす良い機会になったそうです。

そして、最近調子が上がってきている河村選手。
なぜ調子がいいのかという理由をきくと、、、、
「夏場の調整をつかんだ!」とのこと。

前述のとおり、身体の調整のことかとおもいきや、
メカニックの部分での夏場の調整なのだそう。。。

専門用語でいえば、
「プロペラのピッチを極限まで緩める」ということ。
自分が思っていた以上の範囲でやったらハマったようなのです。
(今までは、これ以上やったらまずいのでは?と やらなかった)

河村選手が例えて教えてくれたのは、自転車。
自転車で最初に漕ぎ出すときに、一番重いギアからスタートするか、
一番軽いギアからスタートするかで違う。

冬場は、競輪選手がのってもいいような重いギア、
夏場は、子どもがのってもいいような軽いギア。

ギアの役割をプロペラが果たしているのですが、それを、
「きっとエンジンも夏は暑がっているだろうから、
 プロペラのピッチを思いっきり緩めて、軽くしてあげたら、
エンジンも楽に動いてくれるのでは?」
と思ったそうです。
優しい人柄が現れてますね。

すると、エンジンの音や試運転の感じが一気にかわったとのこと。
すごいですね~~~。

ただ、エンジン側にも 夏に強いエンジンと冬に強いエンジンがあるので、
それを把握しながら調整が必要だそう。
 



G1のトコタンキングは地元開催なので、楽しみにされています。
河村選手は、これまで11回の優勝の内、6回が常滑での優勝。
相性のいいボートレース場です。

上手くなるには、自分より格上の選手と試合をすることが大切だと。
サッカー選手が海外にいくのと同じ。
とにかく、
格上の選手たちは「集中力」と「(勝ちを)取りきる力」が
違うそう。

スタート展示前まで談笑していても、スタート展示から本番レースまでは、
一人の世界に入り、集中。
そして「取ってくる!」といって出かけたレースで
必ず1着をとってくるので「かっこいい!」と。

なるほど~~~。
是非、良い刺激を受けて、トコタンキング目指して
頑張ってくださいね~~~。



G1開設64周年記念 トコタンキング決定戦 
9月12日~17日 開催!!

実力派スター選手ぞろいです。是非生の迫力をお楽しみください。


ワタクシが担当していますボートレースラジオガールズのHPには、
この模様も載せますし、初日ドリーム戦の予想もあります。

1着を見事当てたかたから抽選で、10名の方に
クオカードもプレゼントします。
「BRG」で検索してみてください。


またはボートレースオフィシャルHPからご覧ください。


【 ボートレースラジオガールズ HP はこちら 】



 

8月25日 三重県のブランドメロン 南張メロン のりこのごくらぶ

今日は、三重県にこんなおいしいメロンがあったの~~~???
南張メロン(なんばりめろん)を紹介しました。



以前に伊勢志摩に行ったときに、
地元の方に教えてもらったとっておきメロン。
なんと皇室に献上されたり、農業では最高賞(昭和58年当時)の
朝日農業賞を受賞したり、
昨年の伊勢志摩サミットでは、ワーキングランチに出され、
各国首脳も楽しんだ
というメロン。。。

メロンの最高級、マスクメロン(品種はアールスメロン)です。
志摩市の最西端の南張という地区で昭和5年から栽培されています。
かつては13~14軒ほどの農家が栽培していましたが、
現在は3軒で南張メロンの生産と伝統を守り続けています。



通常マスクメロンなら4000円以上しますが、
この南張メロンは1玉2500円。コストパフォーマンスがいいのも魅力。

今回取材させていただいたのは、年間1万個を生産する
川口農園さん。現在、4代目の川口芳幸さんが栽培されていますが、
もともと南張メロンをはじめられたのは、川口さんの曽祖父。

周りの村は漁村ですが、南張には漁港を作るスペースがなく、
農業をはじめられ、そのうちメロンを手がけるようになったそうです。

南張メロンは糖度が13度以上で 重さ1.3キロ以上のものを言います。
川口さんのところでは、15度以上のものを出荷。
15度というと口に入れた瞬間あま~~い!と感激するおいしさなのですが、
それをさらに追熟させると、16度、17度と糖度があがっていくので、
もうびっくりする美味しさなのです。

爽やかなグリーンと華やかな香り、
口に含むとみずみずしい上品な甘さ。
喉をたっぷりと潤してくれそうなジューシーさ。
もう、スプーンが止まらないのです。。。



私、現地で食べたときに、ちょうど食べごろで出していただいたのも
ありますが、人生で一番美味しいメロンに出会った!!と思いました。

美味しさの秘密は、自家採種をして、喉がイガイガしない品種を
選んで作っているからだそう。

年間をとおして、同じクオリティになるように栽培されています。

マスクメロンといえば、きれいな網目も命ですが、
これには、水遣りの加減が影響します。
1棟300本を植えるガラス温室が10棟もあるのですが、
水遣りはすべて手作業で、お母様と二人で担当。

水分管理、肥料管理もしっかりコントロールできるように
地面から隔離されたベッド栽培(地中から余分な水分を入れない)に
するなど、栽培の工夫多数。




去年2月には、4代目の川口さんの新たな挑戦として、温室の隣に、
ログハウス風の直営のメロンカフェを始めました。
『メロンハウス かわぐち』です。

本当に美味しい時期のメロンをそのままに食べてもらいたい
という思いで、オープンされました。

メニューは南張メロンを使ったもののみ。
1/ 8のカットメロン(400円)のほかに、
絞りたての南張メロン100%のフレッシュジュース(800円)
ケーキやジェラートもあります。 

追熟をしっかりして、糖度を限界まであげて、一番いい状態でたべさせてもらえるので、メロンの新たな美味しさの発見になります。



ちょっと面白いのが、生メロンパン
コッペパンにクリームがしかれてあり、生のメロンを丸く救って3つ
乗せたもの。

テラス席は、開放感たっぷり。
周りの田んぼの風景もとても良い癒しになりますよ。

メロンハウスかわぐち
三重県志摩市浜島町南張499-13
0599-53-1006



◆◆◆美味しいメロンの追熟のさせ方◆◆◆

①箱から出し、薄い紙をはがし、メロンを出す。
 (メロンは自身から熟成させるエチレンガスを出すので、
 まずは箱からだしてあげる)

②ツルを横に向けて、寝かせる。(メロンのお尻ではなく、胴体で寝かせる)

③毎日、少しずつ位置をずらして(たとえば4分の1ずつずらすなど)
 追熟。(地面に接している部分からやわらかくなるので、
 満遍なくやわらかくなるように・・・)

④1週間たったら、食べごろ!!
 

8月19日 SOIL&"PIMP"SESSIONS アジテーター社長さん のりこのごくらぶ

今日は、SOIL&”PIMP”SESSIONS
アジテーター社長さんをお迎えしました。

聞き逃した方は
ラジコタイムフリーで こちらから8月25日(金)まで
お聞きいただけます。


SOIL&”PIMP”SESSIONSは、
東京のクラブイベントで出会った
ミュージシャンが集まり、結成。
これまでに数々の海外のジャズフェスにも参加し、アワードも受賞。
世界28カ国で公演されるなど、ワールドワイドに活躍中。

リオデジャネイロオリンピックの閉会式でも演奏されていました。
あのパフォーマンスと音楽は凄かった!!かっこよかったですよね~~。



最新曲は、現在放送中の瑛太さん主演の金曜ドラマ
『ハロー張りネズミ』の主題歌。
フィーチャリングボーカリストは、RADWIMPSの野田洋次郎さん。


社長さんが、男が男に惚れる感じで大絶賛でした。
仕事も速く、クオリティが高く、その意気込みに感服されていました。

ハロー張りネズミは、実はサントラも手がけています。
監督の大根さんとは、以前に居酒屋で偶然お会いした仲だそうで、
今回SOIL&”PIMP”SESSIONSのアルバムを作る気持ちで
作ってよと依頼されたとか。。。

『~~~~のテーマ』とかあるわけじゃなく、SOILの音楽を
ドラマにうま~~く融合させ、音も面白くいじって使用されているようです。
ドラマのサントラなどは、音楽のそれぞれの音のソースを
あとでアレンジできるような形で搬入されているんですって。
知らなかった!!だから、監督がいろいろ遊べるんだそうです。

だから場面によって、同じ曲でも、キーボードの音だけ抜いて使用したり、
ベースの音だけ抜いて使用したり、、、と
いろんなアレンジで使われているようです。
 



アジテーターとは、盛り上げ役のこと。
社長さんが大活躍されるライブ、名古屋でもありますよ~~~。

◆名古屋ブルーノート
8月26日(土) 1stステージ 17時~、

        2ndステージ 20時~

詳しくは、SOIL&”PIMP”SESSIONS の
オフィシャルHPで。。。