源石和輝 ひるカフェ

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

3.16 636杯目「サザンオールスターズ」 きょうのひるカフェ

3月16日 636杯目

細胞レベルにまでサザンが組み込まれているという

シンガーソングライター 松室政哉さんをお迎えして

『サザンオールスターズ』をテーマにおおくりしました。

ご清聴ありがとうございました!

 

今日はこんな内容でした



アンケートテーマ【サザンオールスターズが好きだ。

①はい     63.7%

②いいえ    14.4%

③わからない  15.4%

④その他     6.5%

                          ※3月16日 14時30分

 

〇松室さんは1990年、大阪生まれ。小学4年の時に家族でキャンプに向かう車の中でサザン好きの両親のカセットから流れてきた「愛する人とのすれ違い」に感銘を受けサザンのファンに。

〇親に買ってもらったピアノで独学作曲、高校生からシンガーソングライターとして活動開始。

〇2012年、確かなことは何も決まっていなった22歳で上京。先日リリースとなったEPのタイトル曲「ヒハジマリノ鐘」はデモテープに入っていた大切な曲。ようやく世に放つことに(感慨ひとしお)

〇初めてのサザンのライブは、2002年のナゴヤドーム、桑田さんソロ名義のライブ。松室少年12歳の時でした。

〇リアルタイムで聴いてきた人がうらやましい反面、途中から聴き始めたことで時系列にこだわらない楽しみも。いわば、宝の山から宝探しするような・・・。

〇桑田さんの曲作りの上手さに感服、ときに物議をかもす詞のセンスは洋楽的でテレビではじめてテロップが出たという逸話も。

「音楽脳の8割はサザン」「世の中に当たり前にあるもの」by 松室政哉

「サザンは社会的インフラ」by 源石和輝

 

♥♥♥♥みなさんからは♥♥♥♥

・サザンのような国民的ロックバンドはいない。社会活動にも積極的で、親しみやすイキャラクターが揃っている。中学生の頃ダビングしたカセットテープでよく聴いていました。

・新しさの中に懐かしさを覚える曲の数々、サザンの魅力の一つ。結成から40年以上売れ続けるバンドって凄い!

・小学生の時『ザ・ベストテン』を見てまさに衝撃的でした。あの言葉選び、ビート感はまさに日本のビートルズです。

・いい曲がたくさんあって『一番好きな曲』が選べない。同じ時代を生きた仲間みたいな気がします。

・歌詞に風刺がきいていてメッセージ性が感じられるので好き。

 

♥♥♥♥たくさんのご意見ありがとうございました♥♥♥♥

 

3月11日に EP 《ハジマリノ鐘》をリリースしました!!

サザン愛にあふれるトーク、まだまだしゃべり足りなさそうな松室さんでした

ぜひ、radikoタイムフリーで聴いてください

 

ドラカフェ~背番号物語~

今週は、『0』と『00』の物語をお送りします。

 

3.17 「新型コロナの今を知る」藤田医科大学病院長 湯澤由紀夫さんに聞く お知らせ

コロナウイルスがパンデミックの今だからこそ、医療関係者の生きたことばが聴きたくて…藤田医科大学病院の湯澤由紀夫病院長に源石和輝アナが会いに行きました。


病院長室で「出張ひるカフェ」。左から源石和輝アナ、湯澤由紀夫病院長

湯澤さんは2月、新型コロナウイルス感染が確認されたクルーズ船「ダイヤモンドプリンセス」の乗員乗客を、開業前の同院岡崎医療センターで受け入れることを決断。そのときのエピソードはもちろん、情報の知り方、湯澤さんの人となりなど、ざっくばらんに話を聞きました。報道取材とは異なるひるカフェらしいひととき。「正しく知って、正しく恐れる」ためぜひお役立てください。


源石和輝 ひるカフェ | 東海ラジオ | 2020/03/17/火 12:00-13:00