源石和輝 ひるカフェ

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

3.26 644杯目 「個食」 きょうのひるカフェ

「ひるカフェ」 644杯目。
≪個食≫
直接は関係ありませんけど一人で食べる『ぼっち飯』ってそんなに寂しいのでしょうか??老後の為に独り耐性を強くしておいた方が良い気が‥。ご清聴ありがとうございました!


鬼勤務の為、昼飯はコーヒー1杯らしい源石アナ。


きょうはこんな内容でした。

「ひるカフェ」がコンデンス(濃縮)リニューアル! 番組/コーナー紹介

「ひるカフェ」が3月30日(月)からリニューアル!
放送時間が月曜→金曜 12:25-13:00へと変更。

番組が短くなった分、途中で録音コーナーを挟むことなく源石和輝アナが最初から最後まで登場するスタイルへと変わります。
コンデンス(濃縮)した「ひるカフェ」今後ともよろしくお願いいたします。
 

3.25 643杯目「ストック」 きょうのひるカフェ

3月25日 643杯目

まだまだマスク不足は解消しそうにないですが・・・

『ストック』をテーマにおおくりしました。

ご清聴ありがとうございました!

 

今日はこんな内容でした



手ぬぐいで作ったお手製のマスク!!

 

アンケートテーマ【家庭でのストックは?

①ない      9.7%

②少ない    32.9%

③ちょうどよい  40%

④多い     17.4%

                          ※3月25日 14時時点

 

〇ストックと言えば、源石アナが1歳の時にオイルショックでの「トイレットペーパー騒動」勃発。現在のマスク買いだめ騒動はコレに倣って「コロナショック」の別名がついています。

〇マスクについて、政府の要請を受けて各業界がマスクの生産ライン増設や製品製造に入りました。

・シャープは三重多気工場で生産開始、1日15万枚から最終的には50万枚の生産を目指すということ。

・兵庫県の下着メーカーでは、マスクの生産ラインを暫定的に構築。縫い目のない下着で知られ肌触りのよさや伸縮性、フィット感に定評があり、この技術を生かして急ピッチで生産開始。

・福島県の縫製会社では、水着生地を使用したマスク製造を急ピッチで進めているそう。

〇SNS上には身近な素材で作るマスクが多数紹介されいるので、いよいよストックが無くなりそうとお困りの方は、チェックしてみてください。

 

♥♥♥♥ストックについてみなさんからは♥♥♥♥

・スーパーで働いていますが、マスクはもう1ヶ月以上入荷していません。私は花粉症なので買い置きがあって助かりましたが、それも底をつきそうです。

・番組を聴きながら手作りガーゼの裁断をしました。娘から、ガーゼタオル、マスク用ゴム、医療用不織布と型紙をダウンロードして「作って!」と託されました。暇をみてはちまちま作っています。

・家庭用ストックは『自分ルール』を作り、ストックは一つと決め、ストックを使い始めたら購入。必要以上のストックをため込まないように心がけています。

・おなかが減ったときに食べられるようお気に入りのカップ麺と焼きそばをストック。見つけるとすぐに食べてしまうので在庫は少なめでちょうどいいです。

・何から何までストックしていたら部屋が足りません。玄関先には水、今ではマスクも。廊下にはカップ麺とコーンフレーク、フードストッカーにはパスタがたくさん。多目的で使えるゴミ袋も結構ストックしています。

 

♥♥♥♥たくさんのご意見ありがとうございました♥♥♥♥

 

3.24 642杯目「親孝行」 きょうのひるカフェ

 

3月24日 642杯目のテーマは

《  親孝行  》

ご清聴ありがとうございました!

 

3.23 641杯目「通知表」  きょうのひるカフェ

3月23日 641杯目

久々に源石アナの一人喋り

『通知表』をテーマにおおくりしました。

ご清聴ありがとうございました!

 

今日はこんな内容でした



源石アナの通知表は日々目まぐるしく上がったり下がったり(苦笑)

 

アンケートテーマ【通知表をもらうのが・・・

①楽しみだ/楽しみだった          15.4%

②どちらかというと楽しみだ/楽しみだった  26.2%

③どちらかというと嫌だ/嫌だった      37.4%

④嫌だ/嫌だった               21%

                          ※3月23日 14時30分

 

〇通知表が登場したのは1891年(明治24年)、学校と家庭をつなぐために示された連絡簿が原型とされるようです。当時は、子どもの学びのや生活の様子を記す通信欄の多くのスペースが割かれて先生からのコメントがなされていました。

〇教科の判定は、「甲乙幣」「優良可」などの表記を経て1955年(昭和30年)から、1~5の5段階で記される相対評価に。割合は、「5」が7%、「4」が24%、「3」が38%、「2」が24%、「1」が7%とされ、40人学級では「5」が最大3人の割合。

〇こうした機械的な振り分けには批判も多く、2001年(平成13年)に現在の絶対評価に変わります。たとえば、学級の40人がテストで100点を取り続ければ全員「5」もありうるということに。ただし、一連の変化に伴いひずみも浮き彫りになっているようです。

 

♥♥♥♥通知表についてみなさんからは♥♥♥♥

・楽しみでした。1があれば5もある、普段の生活の良いことも悪いことも書かれていました。懐かしいですね。

・通知表をもらった次の日から休みになるので、どちらかと言えば嬉しかった。親に、『勉強しなさい』とか成績のことで叱られたことはありません。小学生の頃は『外で元気に遊びなさい』と言われてました。

・小学校の頃、先生の所見の欄に「落ち着いて学習することが苦手」と書かれることが多かったです。「お転婆な一面あり」とも。先生方の手書きの文字の美しさは今見ても感心します。ただ、数字がものをいう通知表は本当にイヤでした。

・成績の良い姉妹と比べられるのが嫌だった。中学生の時には美術の先生に「お姉さんと全然ちがうなぁ」と言われたことが忘れられない。

 

♥♥♥♥たくさんのご意見ありがとうございました♥♥♥♥

 

 

 

ドラカフェ~背番号物語~

今週は、背番号が変わり過ぎた選手の物語をお送りします。

 



桜の開花が発表されました。写真は先ごろ満開を迎えた泉のオオカンザクラ