源石和輝 ひるカフェ

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

10.22 274杯目 《 雑誌考 》 きょうのひるカフェ

 274杯目のテーマは《 雑誌考 》

 

今日もご清聴ありがとうございました!



 ​

今日はこんな内容でした ​

 

○Twitterアンケート:あなたと雑誌のつきあいは?

・24%定期的に買う雑誌がある 

・50%読みたいときだけ買う 

・12%買わないが読む 

・14%読まない

 

○そもそも雑誌とは、週、月、季節ごとに発売される刊行物

○ジャンルは多岐にわたり、ニュース、経済、スポーツ、漫画、趣味、写真、学術、テレビ、FM・・・などなど、近年ではデジタル版も

○雑誌の始まり1922年創刊の新聞社系「週刊朝日」「サンデー毎日」

○戦後1955年、出版社系初の週刊誌「週間ダイヤモンド」創刊

○翌1956年「週間新潮」、1959年「週間文春」が登場

○1958年東京~大阪間の特急「こだま」で両都市間の日帰りが可能に:片道6時間30分で読める雑誌を目指した

○じっくり読ませる月刊誌との差別化~評論よりもニュース、出来事、ゴシップがメインで今で言う「文春砲」的なスクープで怪気炎を上げる

○1959年皇太子御成婚を機に皇室ネタを得意とした女性週刊誌が急上昇

○1980年代は写真週刊誌の時代~古くからあった「アサヒグラフ」「毎日グラフ」に加えて、ゴシップ写真誌「FOCUS」の「創刊「、以降「FRIDAY」「Emma」「TOUCH」「FLASH」が続々創刊

○1986年、行過ぎた取材から「ビートたけしフライデー襲撃事件」発生、事件を受けてスクープ合戦鎮火となり現在残るのは「FRIDAY」「FLASH」のみ

○AERA、NEWSWEEK日本版などニュースを題材にした写真誌も続き、硬派なニュース・評論を扱う月刊誌も健闘

○雑誌「マルコポーロ」は「ナチのガス室は無かった」の記事を引き金に廃刊の憂き目、先日はLGBT関連特集の批判を受けて「新潮45」が休刊に

○時代に応じて、ときに、事件がきっかけで雑誌の栄枯盛衰は激しい



【クリック】radikoで聴けます


あすテーマは ”お詫び ”。