源石和輝 ひるカフェ

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

3.14 377杯目 「停車駅」 きょうのひるカフェ

「ひるカフェ」 377杯目。
≪停車駅≫
♪落葉の舞い散る 停車場は悲しい女の 吹きだまり♪・・停車駅ときくとこんなメロディーが聞こえてくる貴方は既に人生の終着駅に近づいている筈‥。じょ、冗談ですよ。ダイヤ改正が季節という事で停車駅について取り上げました。
ご清聴ありがとうございました!


チチヤスのヨーグルト類を前に御満悦


きょうはこんな内容でした。


○今日のテーマは 「停車駅 」

○内容はというと…

★今日は番組が始まってすぐどーゆーふーのタクマさん・神野さんが乱入し早速、一時停車することになりました。

★近年、ダイヤ改正は年度替わりの少し前のこの時期におこなわれることが多い。
(大改正が秋におこなわれることも少なくなかった)。 名鉄の改正は明後日、3/16日実施。

★Twitterアンケートでは

鉄道のダイヤ改正で気になることは?
① 列車本数の増減  51%
② 到達時間の伸縮  15%
③ 停車駅の増減   5%
④ 路線、駅、列車の新設や廃止 29%

という結果に。

★停車駅の増減を選んだ人が少ないですけど、実はこれが当事者にとっては大問題。
特急が止まるからと家を買ったら止まらなくなった。
通勤時間はかなり長くなる‥不動産価値が下がる…など余波がハンパないって!


★最近、大きな問題になっているのがJR東日本・特急あずさの長野県内での停車駅削減。駅によっては日に12本も減るところもあり地元自治体が猛反発。県知事も苦言。
新聞によれば「移住してきた人がこんなことなら来るんじゃなかったと話した」とか。

★名古屋人にも他人事ではないはず。「のぞみ」が「名古屋とばし」をおこなった時の落胆と割り切れなさをある年代以上の人は覚えているはず。斯くの如くこれまで止まっていた停車駅を通過するようになると地元住民からの反発は相当なものがあります。

★1961年、旧北陸本線の「能生駅」では停車駅を巡る悲喜劇が発生。この田舎の小さな駅に特急が止まるという知らせが地元に届きます。この吉報に町を挙げて住民たちは喜び、ミス能生を選び、式典の飾り付けも行い花束贈呈の準備もして最初の特急が到着するのを待ち受けます。その特急が停車、降りてくるお客に花束を渡そうとするも、特急の扉が待てど暮らせど空きません。そうこうするうちに特急はそのまま発車してしまいました。唖然として見送る地元の皆さん。実はこの停車は、すれ違いの為の停車だったんです。そのことを知った時落胆たるや・・・。停車情報が間違って伝わっていたわけです。式典を行う前に情報の裏をとれよという気がしますが、長閑な時代のお話ですね。

★ダイヤ改正悲喜こもごも。今回、皆さんのお宅は便利になりましたか?それとも・・?


【クリック】radikoで聴けます

明日金曜日!3月15日 パートナーはフリーライター大竹敏之さん。テーマは「地下街」。アンダーグラウンドに潜ります。