源石和輝 ひるカフェ

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

5.24 426杯目 「アナウンサーが芝居する」 きょうのひるカフェ

「ひるカフェ」 426杯目。
≪アナウンサーが芝居する≫
元々、本音を隠しつつ人前に登場するのがアナウンサーであるのなら何時も芝居しているようなものでは??ご清聴ありがとうございました!


芝居のお客さん近ツリ馬場さん、小川さんと共に(ペイペイ!)


きょうはこんな内容でした。



○今週のパートナーは、名古屋大学大学院准教授「小川明子」さん

○今日のテーマは 「アナウンサーが芝居する 」

○内容を一部拾うと…

★源石AN芝居に出演。小川さんがそれを観て放送と演劇についてトークを展開。

★小川さん評。一応、源石ANの演技は「棒」ではなかった・・・らしい。

★ステージに立った実感としてアドリブでなんとかなると思っていたが、アドリブだとセリフを考える時間が要るためにテンポが悪くなるために、やはり暗記が必要。

★放送と違うのはよくも悪くも再演ができること。放送は言った端から消えていくが、二度目三度目で良くしていくことができる。ただ、緊張感などは初演に近い方が良いという面も。

★再公演というのはお金の問題などからなかなかに難しいものらしい。

★素人演者としては客席が見えるようになったのは芝居の半ば程になってから。

★小川さんから「芝居をやって落語をやってフリーにならないのか?」と問われて「稼ぐ手段は残しておきたい」と答えた源石アナ。小川さんに心を見透かされていました。

★ 本業でも十分忙しいのに、しなくてもいい事(芝居)に時間を割いて家族には迷惑をかけた模様。芸の肥やしになるとは思いますけど。


【クリック】radikoで聴けます

来週月曜日5月27日 テーマは「子供の外出ルール」・・そんなものが・・昭和世代にはピンときませんよね。実態はどうなんでしょうか?是非お聞き下さい。