源石和輝 ひるカフェ

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

9.20 511杯目 「あだ名」 きょうのひるカフェ

「ひるカフェ」 511杯目。
≪あだ名≫
あだ名「サリーちゃん」。魔法使いサリーちゃんからつけられたものですが、美少女という意味なのか、それとも足首のない太い足の持ち主という意味なのか?はてはてという話。
ご清聴ありがとうございました!


夏の終わりのハーモニーといった感じなのかしらん。


きょうはこんな内容でした。



○今週のパートナーは、フリーライターの「大竹敏之」さん

○今日のテーマは 「あだ名」

○内容をかいつまんでご紹介すると…

★最近の子供たちはあだ名がない、すくないらしい。昔も禁止令があったが。

★「やまつー」さん。山津さんという名前だと思ったら二人いる山田さんの若い方だったので山田2号でヤマツーだったという話。東海テレビではジュニアという意味で「J」をつけているらしい。

★あだ名にはいくつもパターンが。典型的なのが名前の一部に「ちゃん」などをつける 例「としちゃん」(干された人)、頭文字を伸ばす 例「マー君」(大リーグ投手)、繰り返し「あいあい」、漢字を訓読みを音読みに変える、苗字をもじる 例:内田が「うっちー」、苗字と名前をまとめる 例:キムタクなど

★地位やポジションからつけられるものはインパクト大。坂本龍一が教授、ベッケンバウアーが皇帝、 木村祐一がキム兄。誰もが納得されないと定着しない。

★最近は学校で先生が生徒を呼ぶとき、下の名前でよんでいるようだ。先生もキラキラネームを覚えているんですね。大変だぁ。

★同窓会ではあだ名で記憶がよみがえることは多いですが、あのあだ名は嫌だったと同窓会の時に告げられて驚いたなんてメールも頂きました。







【クリック】radikoで聴けます

来週月曜日!は大感謝祭ひるカフェ特番。火曜9月24日 ゲストにユーチューブで人気のわっきゃいさん。また火曜日お会いしましょう。