源石和輝 ひるカフェ

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

2.17 616杯目「 値上げ 」 きょうのひるカフェ

2月17日 616杯目のテーマは《値上げ》

ツアー中の「どーゆーふー」をタクマさんに代わって

預かる代打の原さん!

ばたばたとスタジオ入れ替えのドサクサ紛れに一枚いただきました。

ご清聴ありがとうございました!



今日はこんな内容でした

 

Twitterアンケート

いつも買っているモノやサービスが値上げされると聞いたときあなたは?】

①これまで安すぎたんだからいいんじゃない?   5.5%

②売る側も大変なんだろうな。仕方ないよ。    75.1%

③何かにかこつけたのかな?腑に落ちないけど。    17.8%

④許せない。二度と買うもんか!                          1.6%

                              ※2月17日14時現在

 

〇バブル崩壊後「失われた30年」ずっと物価は上がらずむしろデフレで物価は下落。『国鉄』をはじめとした「値上げ」について若い世代は知らない。

○デフレはあくまでも国内事情。ネット社会のなかでモノの値段は下がる一方、輸入材料の価格上昇などの要因で値上げをしたくて世間はそれを許さない風潮。

○そこで登場となったのが「ステルス値上げ」。経済用語では「シュリンクフレーション」、価格やパッケージが変わらないままサイズだけがシュリンク(小さくなる・縮む)してる。スナック菓子・レトルトカレー・牛乳・ツナ缶などで実践。

○さまざまな理由をつけてステルス値上げに踏み切っても、単なる言い訳にしか聞こえず、むしろ正直に値上げについて謝罪するほうが好感を得られる現象。

○値上げは悪いことではない。景気拡大には必要なプロセス、消費者の意識を変え以下に値上げをするかはメーカーの課題。

 

★★★☆★★★☆★★★☆★★みなさんからは★★☆★★★☆★★★☆★★★

・好きな商品が終了すると困るので、多少の値上げは仕方ない。

・自営業なので、買う方・売る方の両方を考えてしまう。ちくわも蒲鉾も、よく考えると小さくなった!

・農家です。『作物の栽培時の暖房費高騰したときは燃料費の価格転嫁をしたかった』がそんなことはできるわけもなく、泣く泣く高い燃料費を受け入れJAに卸している。

・消費税が上がる前の10年はほぼ料金横ばいだったが、ドライクリーニングの燃料高騰は待ったなし。基本料金を数十円でも上げると「高くなったね!」と言われる。

・売る側も大変だと思う。人件費・材料費・光熱費・輸送費が高くなればなかなか今まで通りの値段というわけにはいかない。

♥♥たくさんのご意見ありがとうございました!!♥♥

 

来週は源石アナ一週間お休み。日替わりで代打パーソナリティが登場、

24日 月曜日は、酒井弘明アナウンサーが担当します。お楽しみに!



 

《ドラカフェ~背番号物語~》

今週は、背番号がずっと変わらなかった選手の物語をおおくりします。


【クリック】radikoで聴けます


 

明日のテーマは《団塊ジュニアの行動》

どうぞお楽しみに!