源石和輝 ひるカフェ

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

8.5 737杯目「屋台」 きょうのひるカフェ

8月5日 737杯目

トークテーマは「屋台」!

屋台といえばイートイン?

それともテイクアウト?

ご清聴ありがとうございました!



今日のゲストは Swind(神凪唐州)さん

こんな内容でした

 

○Swind(神凪唐州)さんは名古屋生まれ名古屋育ちの小説家・名古屋めし研究家。これまでに『名古屋めし』をテーマにした作品を発表、新作は『屋上屋台しのぶ亭 秘密という名のスパイスを添えて』。

 

♥♥♥♥♥♥♥屋台についてみなさんからは♥♥♥♥♥♥♥

・昭和40年ごろの納谷橋には屋台が並んでいました。仕事帰りに飲んだコップ酒が懐かしいです。屋台は食の文化です。

・福岡に行くことが多く、天神や中洲に屋台によく行きます。おでんやもつ焼き、焼ラーメンや天ぷらなどグルメの坩堝でハマります。コロナが終息したら行きたいです。
・縁日の屋台は綿あめ、たこ焼き、いちご飴。子どもの頃はままごとの道具や野菜、くだものなどを買ってもらうのが楽しみでした。

・縁日の屋台、大好きな綿菓子だけは買って貰ていました。いまでも時々買います。

・鎌倉のお寺に行ったときチョコバナナの屋台があって、カラフルなチョコペンで『キャバクラ』と書いてあったのにはついつい二度見してしまいました。

・金魚すくいが好きでした。すくえなくても2、3匹はもらえてお祭りですくった金魚を飼うことはありましたがわざわざ買うことはなかったですね。

 

♥♥♥♥たくさんのメッセージありがとうございました♥♥♥♥

 

Swindさんの新作

『屋上屋台しのぶ亭 秘密という名のスパイスを添えて』マイナビ出版ファン文庫 630円+税

 



【クリック】radikoで聴けます


 

あすは「供養」をテーマにお送りします

おたのしみに!!