源石和輝 ひるカフェ

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

9.9 762杯目「てつらく=鉄道落語」 きょうのひるカフェ

9月9日 762杯目

落語家 登龍亭獅鉄さんをお迎えして

トークテーマは「てつらく」

ご清聴ありがとうございました!

 

 



 

今日はこんな内容でした


 

 

○登龍亭獅鉄さんは岐阜県大垣市出身の落語家。某鉄道会社勤務を経て演劇の世界に身を置くことに。2018年に雷門獅篭入門、現在に至ります。

 

 

 

 

◆雷門→登龍亭への改名記念の寄席が今週末に!!

『てつらく!登龍亭 出発~進行!』@大須演芸場

<演目>

登龍亭福三「東山線の憂い」

      古今亭駒治「十時打ち→東海地区編」

    登龍亭獅鉄「東海道新幹線戦国絵巻」

 

・日時:9月13日(日)18:00開演

  ・木戸銭:3000円 お問い合わせ:090-4153-3562

  

♥♥♥鉄道落語についてみなさんからは♥♥♥

・まあまあ鉄道が好きで興味がありますのでぜひ聴いてみたい。主人は「鉄道落語・東西の噺家4人によるニューウェーブ宣言」の本を持っています。

・鉄道落語というジャンルがあるのは知りませんでした。パーサーさんや車掌さんが語り手ものも聴いてみたいです。

・駅名、電車名、アナウンス、車内風景?いろいろ想像してしまいます。

・東海道五十三次に引っ掛けた演目や山手線落語などのネタがやりがいがあるのでは。名古屋近辺なら名鉄・近鉄ですかね。

・大須演芸場の定期寄席や、瀬戸、柳ヶ瀬落語会月一回ですが足を運んでいます。雷門から登龍亭への改名お披露目、行きます。落語って面白いですね、やっぱりあの場所で生で聴きたい。

 

♥♥♥♥たくさんのメッセージありがとうございました♥♥♥♥

  


【クリック】radikoで聴けます


明日は

「変わる食べ方」をテーマにお送りします。

おたのしみに!!