源石和輝 ひるカフェ

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

9.16 767杯目「鉄道貨物」 きょうのひるカフェ

9月16日 767杯目

JR貨物の吉田雄一さん、阪口康史さん、

金曜パートナー 杉浦哲朗さんをお迎えして

トークテーマは「鉄道貨物」

 

ご清聴ありがとうございました!



 

今日はこんな内容でした



 

 

 

 

○貨物鉄道の歴史や特徴、魅力や私たちとの接点、鉄道貨物の現状など興味深い話を伺いつつ、改めて鉄道貨物の恩恵を実感!

〇もっともっと鉄分補給したい!だったら鉄道貨物の街 稲沢へ!!

 

◇スギテツ ファミリーコンサート 鉄道物語 in 稲沢 vol.3◇

・日時:10月18日(日) 15:00開演

・会場:名古屋文理大学文化フォーラム(稲沢市民会館)大ホール

・入場料:全席指定 2000円

・出演:スギテツ 上野耕平 田ノ岡三郎

・ゲスト:木村裕子(鉄旅タレント)

・司会:源石和輝(東海ラジオアナウンサー)

・問い合わせ:☎ 0587-24-5111

名古屋文理大学文化フォーラム(稲沢市民会館)

 

 

♥♥♥鉄道貨物やその恩恵についてみなさんからは♥♥♥

・わが町北海道の書籍は鉄道貨物で運ばれます。仮に東北付近が悪天候ならば鉄道貨物も止まり発売が1日遅れるというリスクもあります。首都圏では金曜日発売の雑誌が北海道では土曜日発売、さらに週明けに発売ということも。そんな北海道は鉄道貨物の恩恵を受けているのです。

・亡くなった父は、国鉄時代にSL機関工で貨物運搬をしていたんだと自慢げに語っていた思い出があります。

・子どもの頃からビビリで、貨物が駅を通過するときの汽笛のちょっと甲高い「ピィー」っと鳴る音が苦手で、ビクッとなりました。

・恩恵はあるんでしょうがよくわからないです。生活に必要なものが運ばれていることは間違いないですよね。南区の臨海鉄道の、地上より上を走るコンテナを見るのもワクワクします。

・実家近くに線路があり、子どもの頃は散歩に出かけて列車がくると車両の数を数えるのが習慣になっていました。コンテナの数とか台車(コキ)の数にするか決めてカウント、父と弟と3人で数えたりして。10月のコンサート楽しみです。

 

♥♥♥♥たくさんのメッセージありがとうございました♥♥♥♥

  


【クリック】radikoで聴けます


明日は「空を飛ぶ」をテーマにお送りします。

おたのしみに!!