きくち教児の楽気!DAY

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

きくち教児の楽気!DAY
毎週土曜日 08:00〜12:00
東海ラジオ本社 楽気!スタジオから公開生放送!
[ 番組 ] パーソナリティ紹介
番組へのお便りはこちら
FAX:052-961-0077
ハガキ:〒461-8503 東海ラジオ「きくち教児の楽気!DAY」各係
メール:メールはこちら
メッセージボード:メッセージはこちら

『楽気!スタジオ』から毎週、公開生放送!! 番組/コーナー紹介

----------------------------------------------------------------------------

 昨秋より『きくち教児の楽気!DAY』は、大きくリニューアル!!

 毎週、東海ラジオ9階“楽気!スタジオ”から公開生放送でお送りしています!!

 

▼radikoはコチラから、聴取予約もできます!▼



 

『きくち教児の楽気!DAY』、

ラジオの前はもちろん、ぜひ公開生放送の会場でお楽しみください。

 

 
会場

東海ラジオ 9階 “楽気!スタジオ”(名古屋市東区東桜1-14-27)

地下鉄東山線 栄駅 4-A出口から徒歩5分、地下鉄桜通線 高岳駅 4出口から徒歩5分

 

 

観覧方法

会場への入退場は自由です。(事前にご応募いただく必要はありません)

観覧ご希望の方は、東海ラジオ1階 正面玄関前にお集まりください。

 午前7時半になりましたら、受付が済んだ方から順に公開生放送の会場へとご案内いたします。

会場内で同時にご観覧いただけるのは40名様となります。

 40名を超えた場合は会場内に入れない可能性がありますので、ご了承ください。

 

注意事項

場は無料です。

受付の際には身分証明書のご提示をお願いいたします。

お子様は保護者同伴でお越しください。(お子様のみでの参加はご遠慮ください)

ペットの同伴はご遠慮下さい。

会場へはできるだけ公共交通機関でお越しください。

(会場付近に駐車場、駐輪場はございませんのでご注意ください)

会場内でのお食事、喫煙はご遠慮ください。

 お飲み物はフタのついたもののみ持ち込み可能です。

会場内への危険物の持ち込みはご遠慮ください。

会場内での録音・録画はお断りさせていただきます。

 また、ゲスト出演時の写真撮影もご遠慮ください。

この他の注意事項につきましては、会場内の掲示物をご覧ください。

 

3月3日の楽気!DAYは!?


 

◎◎次回予告◎◎ 

3月3日(土)の「楽気!DAY」


『楽気カフェ』 は、HeForShe(ジェンダー平等のための世界的な運動)について、名古屋大学  岡田 亜弥教授 をお迎えします!

『なにしとりゃ~す』 は、岐阜の街をピアノの音でいっぱいにしたい!という「ウーーノ」さんことピアニストの 宇野 正志さん にインタビュー!

『のりコレ!』 は、来週3月3日、耳の日にちなみまして 「補聴器」 をご紹介します!

『東海3県 行ったつもり!?』 は、愛知県 半田市をご紹介します!

地元の人しか知らないような半田市の情報もお待ちしています!!

 

お便りのあて先は

ld@tokairadio.co.jp   FAX:052(961)0077

〒461-8503 東海ラジオ「きくち教児の楽気!DAY」 まで

 

東海3県行ったつもり!? 第21回 三重県 明和町 東海3県行ったつもり!?

東海3県行ったつもり!? 第21回「三重県 明和町

第21回は「三重県 明和町に行ったつもり!!

 

 


明和町の紹介

明和町は、三重県のまんなかにある、伊勢湾に面した、人口およそ2万2千人の街です。東には伊勢市、西には松阪市があり、平坦で肥沃な土地で農業が盛んです。

かつて、660年という長きにわたって、都を離れ、伊勢神宮に使えた、特別な皇族女性、「斎王」が、暮らしていたのが「斎宮」です。斎宮跡は、国指定の史跡となっていまして、その一角には、斎王の、当時の役割や様子などを、模型・映像で知ることができる「斎宮歴史博物館」や、平安時代を体感できる「いつきのみや歴史体験館」があり、30年間の発掘調査をもとに、10分の1サイズで屋外に復元された、「斎宮跡10分の1史跡全体模型」は圧巻です。

ハナショウブが見ごろを迎える、6月上旬に行われる「斎王まつり」では、「斎王」が都から伊勢へと向かう「斎王群行」が行われ、まさに、平安時代の王朝絵巻が繰り広げられます。



 

伊勢ひじきを使ったおせんべいやうどんが登場

明和町周辺で、全国消費のおよそ70%を加工生産しているのが「ひじき」です。

なかでも「伊勢ひじき」は、長く、太く、風味が良いと言われていまして、蒸気でじっくりと蒸しあげるので、ふっくらやわらかに、仕上がっているのが特長です。そんな伊勢ひじきを使った、明和町グルメがあります。「ひじきうどん」です。ひじきの粉末をうどんに練りこむことで、もっちりとした食感に。磯の香りが口いっぱいに広がります。

「いつき茶屋」では焼きおにぎりと一緒に定食でいただけるほか、特産品販売所「あざふるさと」や、地元スーパーでは、乾麺の、ひじきうどんを買うことができます。他にも「ひじきせんべい」や「ひじきふりかけ」、そしてもちろん「伊勢ひじき」そのものも、おみやげとして人気。食物繊維がたっぷりですよ~。

詳しくは:明和町観光協会 0596-52-0055 http://meiwa.sub.jp

 


国の史跡で栽培された古代米の黒米を漬け込んだ飲める黒酢

日本遺産に認定された、明和町の「斎宮」では、水田で、古代米の黒米が栽培されています。黒米は、ぬかの部分に紫や黒の色素を含んだお米でして、白米に比べて栄養成分が豊富に含まれているといわれています。

これまでにも、黒米を使った、「いつきせんべい」やマドレーヌ、バウムクーヘンといった、人気商品があるのですが……。昨年の11月に登場したのが、こちら。明和町 特産品 振興連絡協議会が発売した「結びの皇女酢紫」です。

黒米を、自然の甘味料「羅漢果」、熟成唐辛子とともに、黒酢に漬け込んだもので、そのまま飲むことができますし、黒米のもみ殻が沈殿するのですが、それもそのまま、食べることができるんですって。こちら、4倍に水で薄めたり、炭酸水で割ると、甘みがあって飲みやすいとのことです……。黒米に加えて、黒酢、羅漢果、熟成唐辛子の栄養成分を、そのままおいしくいただける、新しい明和町のお土産です。

「結びの皇女酢紫」パッケージもおしゃれですので、大切な方へのプレゼントにおすすめですよ。

詳しくは:明和町特産品振興連絡協議会 0596-52-0055 http://tokusin.sub.jp

 


着物で春を楽しむ&おひなさまになろう

平安時代に思いを馳せながら、貴族の日常体験や平安装束体験がお手軽にできる、「いつきのみや歴史体験館」では、明日25日、まさに「春絵巻」といえるイベントが開催されます。

「いつきのみや春絵巻~きものでおでかけ~」です。明和太鼓の演奏や、明和音頭の披露、ふるまいや、よさこい、お菓子まき、もちまきといった催しがありまして、着物で訪れると、プレゼントがあるそうですよ。そして、3歳から身長120センチまでのお子様を対象に、「おひなさまになろう」と題して、当日受付で限定60名、平安装束体験があります。参加された方には缶バッヂをプレゼント。ぜひカメラをご持参くださいね。

「いつきのみや春絵巻」は、いつきのみや歴史体験館で、明日25日、午前10時からです。

詳しくは:いつきのみや歴史体験館0596-52-3890 http://www.itukinomiya.jp


いつきのみや歴史体験館

 

行ったつもり・・・ではなく、実際におでかけになってみてはいかがですか?

 

2月24日 牛肉のしぐれ煮 レシピ

牛肉のしぐれ煮 

材料  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<材料>
(4人分)
牛こま切れ肉…300g
生姜…30g
酒…100ml
みりん…大さじ2
しょうゆ…大さじ3
砂糖…大さじ2

作り方 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(1)沸騰した中に牛肉を入れて、さっと霜降りし、余分な脂を取り除く。

(2)生姜はせん切りにしておく。

(3)調味料を全部鍋に入れて沸かし、生姜と牛肉を入れて煮る。強めの火加減で、汁気が少し残る程度に煮る。


2月24日の楽気!DAYは!?


 

◎◎次回予告◎◎ 

2月24日(土)の「楽気!DAY」


『楽気カフェ』 は、とよはし映画祭2018のプロデューサー  森谷 雄さん をお迎えします!

『なにしとりゃ~す』 は、二川宿の浮世絵を立体彫刻にした森木工の 森 光男さん にインタビュー!

『のりコレ!』 は、 東急ハンズANNEX店の"オグリン”こと小栗崇さん をお迎えして、この時期注目の商品をご紹介します!

『東海3県 行ったつもり!?』 は、三重県 明和町をご紹介します!

地元の人しか知らないような明和町の情報もお待ちしています!!

 

お便りのあて先は

ld@tokairadio.co.jp   FAX:052(961)0077

〒461-8503 東海ラジオ「きくち教児の楽気!DAY」 まで