きくち教児の楽気!DAY

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

3月24日 ボートレーサー柳沢一選手登場の様子が新聞に。 ボートレース

先日 3月10日に ボートレーサー 柳沢一選手に番組に ご登場いただきました。

明日3月25日から、蒲郡ボートレース場で始まる 
G1オールジャパン竹島特別開設62周年競走について、熱く語ってくださいました。

柳沢選手は、2015年のこのG1の覇者、その時は、4号艇4コースからの差しが決まっての優勝。
今回は、「あの時よりも成長しいると思うので、得点トップで優勝戦にのって、
1号艇で優勝したい」と頼もし意気込みを語ってくださいました!!

蒲郡は地元ですし、ご本人曰く乗りやすい水面だそうですから、
得意の好スタートで回りにプレッシャーを与えて、華麗な走りを見せて頂きたいですね。

ゲンカツギはあまりしないタイプで、おみくじもひかないし、
モーターを引くときも何もしないそう。なぜなら、何かをすることを癖にしてしまうと、
それをしなかった時に、いつも通りと違ってしまう、、、ということを避けたいそうです。

お仕事大好きで、レースにかける熱い思いを淡々と語りながら、
お休みの日はもっぱら家族サービスとのことで、やさしい笑顔が印象的でした。

着実に力をつけて、SG,G1と年々出場回数も重ねてきています。
20名もSGタイトルホルダーが集まる 豪華なレース。
その中で、最後の最後に笑顔になれる位置を目指してほしいですね!!
応援しています。



この時の様子が、本日、中日スポーツと、スポーツ報知に載りました。
お手元にある方は、ぜひご覧ください~~。

そして、いよいよ G1は、明日からですよ~。
蒲郡はナイトレースもありますから、お仕事帰りにもぜひ寄ってみてくださいね~。
 



3月24日 新刊 脳を強化したいならラジオを聴きなさい のりコレ!

今日は、非常に気になる本のご紹介。。。
【脳を強化したければ、ラジオを聴きなさい!】(宝島社 加藤俊徳著 3月発売)

すごいタイトル!!(笑) 
ラジオにかかわる者としてはうれしい限り!

医師であり、脳科学者の加藤俊徳(かとうとしのり)先生がお書きになった本。

加藤先生は、これまで1万人の脳を診断して・治療をされてきた方で、
今では、MRIの画像をみて、その人の長所や短所といった
個性まで区別することができるんですって。「個人脳科学」を確立された第一人者でもあります。



・最近 物忘れがひどいな 
・ちょっとしたことでもすぐ怒っちゃう
・何度も聞き返してしまう

以上のような、最近 調子が悪い?自分の性格?なんて思うようなことも、
実は、脳をうまく使えていないことが原因だったりします。

脳って、右脳と左脳とだいたい60ずつ、合わせて、120の区画に分かれている
街の地図みたいなもの。加藤先生は、これを一般の人にも
わかりやすいように 大きく8つに分けて、【脳番地】と名付けられました。

  • 耳で聞いた情報にかかわる 聴覚系脳番地
  • 記憶にかかわる 記憶系脳番地
  • 物事を論理的に考える 思考系脳番地
  • 目で見た情報にかかわる 視覚系脳番地  
  • 五感から取り入れた情報を整理する 理解系脳番地
  • コミュニケーションにかかわる 伝達系脳番地
  • 喜怒哀楽にかかわる 感情系脳番地
  • 体を動かすための 運動系脳番地   

など全部で8つあって、これらが相互にうまくつながっていかないと、
先ほどのように、色々不具合が出てくるんですね。
 

最近は、テレビ脳やスマホ脳の方が多く、視覚系脳番地が発達しているように思ってしまいますが、
実は、テレビやスマホだと 視覚系脳番地の中でも ごく一部しか働いてない状態。
脳の中に偏りができてしまうんですね。脳の機能をバランスよくするためには、
まずは、色々な脳番地に 双方向でやり取りができる【聴覚系】を鍛えるのが出発点になるとのこと。



脳というのは、年齢に関係なく、鍛えれば鍛えるほど、強化されていくそうです。
それは、たとえ認知症になっている方がいらしても、強化することは
できて、完治とは行かなくとも進行を遅らせたり、認知機能を高めたりすることはできるんだそうです。

現代社会は、色々と便利になりすぎていて、それが脳のさまざまな機能を
低下させる原因にもつながっています。
昭和の時代から比べると、脳の機能は、その平均以下だそうです。

 

例えば、昔でしたら、電話を掛けるにも相手の電話番号を
憶えていたりしましたが、今は、自分で記憶しなくなくなりました。
ですから、記憶系がそれによっても衰えます。

また、怒りっぽい人もは、人の話を聞いていて、人の話を聞く力が衰えていることもありますし、
話を短期記憶ですべて覚えていられないので、
だんだん理解ができなくなってきて、怒りっぽくなってしまったりするそう。



この本は、どんどん脳の機能を活性化させていこうという
「攻めの脳のトレーニング本」です。
聞く力を鍛えて いくつになっても成長するための教科書です。

そして、それぞれの脳番地の鍛え方と、リフレッシュの仕方が載っています。
続きは、ぜひ、本をお手に取ってみてくださいね。

 

加藤俊徳先生の書かれた本
「脳を強化したければ、ラジオを聴きなさい」(宝島社 1200円)

あなたの悩みはすべて 聞く力の低下かもしれません。。。



【参考】

  • 時間にルーズな人・・・・・スケジュールを記憶できないことが原因
                 → ラジオの番組を決まった時間に聞く
     
  • 頭がかたい人・・・・・・・自分の中にある価値観に合わないものをすべて否定する精神状態 
                 → 年の離れたパーソナリティの番組を聞く

東海3県行ったつもり!? 第25回 岐阜県 笠松町 東海3県行ったつもり!?

東海3県行ったつもり!? 第25回「岐阜県 笠松町

第25回は「岐阜県 笠松町」に行ったつもり!!


 

笠松町の紹介

笠松町は、岐阜県と愛知県の境にある人口およそ2万2千人の街です。

町は、木曽川に沿うような形になっていて、面積の3分の1が木曽川です。

かつては尾張国でしたが、天正時代の木曽川の氾濫によって川の流れる位置が変わり、

美濃国となり、現在は岐阜県になっています。

 

古くから、木曽川を通じて、岐阜と名古屋を結ぶ交通の要衝で、

江戸時代は、幕府の直轄地として笠松陣屋が置かれ、

明治時代始めには岐阜県庁も置かれていて、まさに岐阜の政治・経済の中心でした。

 

トンボが多く生息している池「トンボ天国」や、川沿いにある笠松競馬場、笠松川まつり、

リバーサイドカーニバルなど、川を生かした名所やイベントが多いのが特徴です。



子どもの成長・健康と縁結び その源は・・・へそ

笠松町で縁結びの神様として親しまれている「魂生大明神」は、男性のシンボルがご神体。

子宝、安産、縁結びにもご利益があるとされているのですが、境内に「へそ塚」が祀られています。

へそ塚は、生命の源・愛情の源として「へその緒」を預かることで、子どもの成長、心と体の健康を祈願したもので、

「魂生大明神」が笠松陣屋の近くにあった頃はお堂もあったそうです。

移転の際に「へそ塚」は、一度なくなってしまったのですが、現在は再び石碑として、再建されています。

確かに、生命の源はへその緒から、ですものね。

健康を願うなら、その原点を見つめ直そうという意味もありそうですね。

詳しくは:笠松町教育文化課 058-388-3231



地方から全国へ…小倉と栗で オグリキャップもなか

笠松町といえば、笠松競馬場。

そんな笠松競馬場が生んだ名馬といえば、オグリキャップです。

もともとは地方競馬の競走馬として笠松でデビュー。その後、中央競馬に移籍して大活躍。競馬ブームを再燃させたほどでした。

そんなオグリキャップをイメージした「郷土銘菓・オグリキャップ」を製造・販売しているのが「御菓子司 小梅」です。

「郷土銘菓・オグリキャップ」は、北海道産大粒小豆と、栗がぎっしりと詰まった「もなか」で…

小倉と栗で「オグリ」。

もなか自体もオグリキャップをイメージした形となっています。

競馬好き、乗馬好きな方へのギフトとして人気で、通常パッケージもありますが、かわいらしい馬のデザインパッケージがギフトには人気です。

「地方から中央に移籍して大活躍」という経緯にあやかりたい「縁起物」としての使われ方も多いそうですよ。

他にも「御菓子司 小梅」では、馬の蹄鉄をかたどった、風水的にも縁起の良い「蹄鉄クッキー」も、贈り物に人気なんだそう。

詳しくは:御菓子司 小梅 058-388-0651 https://www.rakuten.ne.jp/gold/koume/



桜ライトアップ おみこしや大名行列もにぎやかに

笠松町では、3月25日(日)から4月15日(日)まで、「笠松春祭り」が開催され、

期間中は、2キロにわたって桜並木が続く、「奈良津堤」が開花状況に合わせてライトアップされます。

また、4月14日(土)には、本町通りを歩行者天国にしての「笠松陣屋市」、お御輿の奉納やステージイベント満載の「宵まつり」

15日(日)には「大名行列お奴行列・町内御輿」が行われます。

掛け声とともに、毛槍や鳥毛を投げ渡しながらの、「お奴行列」は全国的にも珍しく、県の重要無形民俗文化財に指定されています。

詳しくは:笠松町環境経済課 058-388-1114

 

行ったつもり・・・ではなく、実際におでかけになってみてはいかがですか?

3月24日 牛肉とトマトのさわやか炒め レシピ

牛肉とトマトのさわやか炒め 

材料  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<材料>
(4人分)
牛切り落とし…200g
  塩・酒…少々
  片栗粉…大さじ1
トマト(大)…2個
卵…3個
レモン…1/2個

(A)
中華スープ…1カップ
オイスターソース…大さじ1
塩・こしょう…少々
水溶き片栗粉…適量

作り方 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(1)牛肉は食べやすく切って、塩・酒をまぶし、片栗粉をまぶしておく。トマトは乱切りにしておく。

(2)卵は割りほぐして強火でさっと炒め、大きめの炒り卵を作って取り出しておく。

(3)フライパンに油をひき、牛肉を8分通り炒めたら、トマトを加えてさっと炒め、(A)を加えたあと、卵を入れて再びさっと炒める。

(4)水溶き片栗粉でとろみをつけ、最後にレモン汁を絞って仕上げる。

3月24日の楽気!DAYは!?


 

◎◎次回予告◎◎ 

3月24日(土)の「楽気!DAY」


『楽気カフェ』 は、大リーグ・ダイヤモンドバックス顧問  小島 圭市さん をお迎えしてお話を伺います!

『なにしとりゃ~す』 は、世界にラーメンを展開中の  澤 竜一郎さん にインタビュー!

『のりコレ!』 は、本をご紹介!タイトルは 「脳を強化したければ、ラジオを聴きなさい」 !?

『東海3県 行ったつもり!?』 は、岐阜県 笠松町をご紹介します!

  地元の人しか知らないような笠松町の情報もお待ちしています!!

 

お便りのあて先は

ld@tokairadio.co.jp   FAX:052(961)0077

〒461-8503 東海ラジオ「きくち教児の楽気!DAY」 まで