きくち教児の楽気!DAY

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

5月19日 ピーマンとじゃこの炒め物 レシピ

ピーマンとじゃこの炒め物 

材料−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<材料(4人分)>
ピーマン・・・10個(300g)
ちりめんじゃこ・・・50g
塩わかめ・・・50g
ごま油・・・大さじ1

(A)
だし汁・・・1/2カップ
さとう・・・大さじ2
しょうゆ・・・大さじ2


作り方 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(1)ピーマンは半分に切って種を取り、短冊切りにする。

(2)わかめは洗って、食べやすく切る。

(3)鍋にごま油を引き、(1) (2) を炒めて、(A)を加えて、汁気がなくなるまで中火で炒める。

5月19日の楽気!DAYは!?

スタジオ見学にお越しいただいたみなさんと


 

◎◎次回予告◎◎ 

5月19日(土)の「楽気!DAY」


『教児のなにしとりゃ~す?』は、子供の頃からの将棋好きが高じ、今月末に将棋イベントを自ら開催するまでとなったお坊さん へのインタビューをお送りします!

 

『のりコレ!』は、今開催中のトマトにスポットを当てたイベントをご紹介します!

 

新コーナー『わかって楽気!イントロぽん!』

主に昭和のヒット曲のイントロを数秒お聴きいただき、その曲が“誰の何という曲”なのかを当てて頂くコーナーです!

来週もぜひ参加してくださいね!!

 

お便りのあて先は

ld@tokairadio.co.jp   FAX:052(961)0077

〒461-8503 東海ラジオ「きくち教児の楽気!DAY」 まで

 



 

スタジオ見学 へのご参加をお待ちしています。

応募方法についてなど、詳しくは こちら をご覧ください。

 

5月12日  加賀麩不室屋「宝の麩」 のりコレ!

今日の のりコレは、石川県金沢市のお麩の老舗 加賀麩不室屋の「宝の麩」です。



一見すると可愛らしいモナカのようで、大きさは、だいたい手のひらの上に乗るサイズ。
直径3~4 センチの四角だったり丸型だったりします。

 

でもこれモナカじゃないんです。
モナカの皮のように見える麩焼きの中に、おすましの具 や お味噌汁の具が 詰められたものなんです。



食べ方は、例えば、おすましなら、お椀の中に 添付の昆布だしを入れて、
次に、宝の麩のふやきの真ん中を押して 穴を開けます。
それをお椀の中にいれ、その穴の空いたところに向けて、熱湯を注ぎます。

すると、中から細工された可愛らしい麩や野菜がふわふわと出てきて、
まるで宝箱のようになり、とっても美味しいおすましの出来上がりというわけです。
お味噌汁でしたら、最初に入れるのが添付のお味噌になるということです。

 


一番人気の『おすまし』 花麩、ねぎ、わかめ


味にもとってもこだわっていて、老舗不室屋だからこそ、
自信をもって間違いないと言える味に到達したものだけをお届けしています。

私、この不室屋さんの宝の麩は、去年お友達から頂いたのですが、
手軽でとっても美味しくて、一度で気に入ってしまいました。
味も、自然に体に優しく馴染む感じです。

実は、このようにふやきの商品って、最近よく見かけるのですが、元祖はこちら、不室屋さんです。


加賀味噌 花麩 ねぎ おぼろ昆布


私も贈り物で頂きましたが、自分も気に入って、贈答用にもよく利用させてもらってます。
不室屋さんのお客様もそのように、最初は贈り物でもらって、
その後、愛用しているという方が多いようですね。

この不室屋さんの宝の麩は、誕生したのは今から28年前、
平成2年、創業125周年を記念して作られたものです。

もともと、どうしてこのような商品ができたのか、不室屋 営業企画室  矢崎めぐみさん伺うと、
現在の会長の息子さん(今の社長と専務)を留学に行かせた時に、
健康面を気遣った会長の奥さん(社長と専務のお母さま)が、麩焼きの中に乾燥させた野菜などを
詰めて送ったのだそう。そういう親心から生まれた商品なんですって。
温かい気持ちが伝わりますね。

現在、商品はおすまし2種、お味噌汁3種で、定番は5種類に加え、
季節ものが、5種類、さらに、期間限定商品もあったりして、楽しいラインナップになっています。



一番人気は、『おすまし』で、花麩、ねぎ、わかめのバランスのとれた 宝の麩を代表する商品。
お味噌汁は、加賀みそ、田舎みそ、赤だしがあり、
東海地方では、やはり、赤だしが人気のよう。豆乳麩、なめこ、ねぎが入っています。

 

また、この時期の季節商品は、青かえで。
花麩、大葉、ささがきごぼう、小松菜、湯葉 がはいり、
加賀の山野を彩る新緑の清々しさをかえでの形のふやきに込めたものです。

 

こちら、一つ税抜きで、190円~220円です。好きなものを詰めて買うことができます。
金沢にはもちろん、東京、横浜、関西、北陸など、百貨店を中心にはいってます。

東海地方では、高島屋と三越に入ってますよ。オンラインでも買えますよ。
母の日にもお母さんたまには、ゆっくりして、とプレゼントによいかも!

5月12日 キャベツとささみのレモン蒸し レシピ

キャベツとささみのレモン蒸し 

材料−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<材料(4人分)>
キャベツ・・・400g
ささみ・・・4本
レモン・・・1個
ニンニク・・・2片

塩・・・小さじ1/2杯
こしょう・・・少々
酒・・・大さじ2杯
オリーブオイル・・・大さじ1杯
水・・・1/2カップ
醤油・・・少々

作り方 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(1)キャベツはザク切りにし、ささみは筋を取ったら、包丁の背でたたいて、害くらいの大きさに伸ばしておく。

(2)フライパンにキャベツを敷き詰め、その上にささみをのせ、塩、こしょう、酒、オリーブオイルを回しかけ、水を加える。

(3) (2)の上に、薄切りのニンニクと薄切りのレモンを全体に並べ、ふたをして、中火で6~7分蒸す。

(4)キャベツがしんなりして、ささみに火が通ったら、全体に混ぜ、味を見て、塩かしょうゆで調える。

5月12日の楽気!DAYは!?

スタジオ見学にお越しいただいたみなさんと


 

◎◎次回予告◎◎ 

5月12日(土)の「楽気!DAY」


『教児のなにしとりゃ~す?』は、”夏だ!サルサを踊ろう!”ということで、碧南市のダンススクール、荒木真由美先生にインタビューした模様をお送りします!

 

『のりコレ!』は、金沢のお土産、最中と思いきや…?!お吸物最中をご紹介します!

 

新コーナー『わかって楽気!イントロぽん!』

主に昭和のヒット曲のイントロを数秒お聴きいただき、その曲が“誰の何という曲”なのかを当てて頂くコーナーです!

来週もぜひ参加してくださいね!!

 

お便りのあて先は

ld@tokairadio.co.jp   FAX:052(961)0077

〒461-8503 東海ラジオ「きくち教児の楽気!DAY」 まで

 



 

スタジオ見学 へのご参加をお待ちしています。

応募方法についてなど、詳しくは こちら をご覧ください。