Chicken Garlic Steak アカペラジオ

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

4月15日 メンバー交換日記

オススメ本

小学生の時、駅前に新しく出来た区役所の中に、図書館も新しく出来ました。

本はもちろんですが、マンガもたくさんあったので、よく借りに行きました。

白土三平「カムイ伝」「忍者武芸帳」とか夢中になって読んだなぁ。


中学生の時は、お小遣いもらうと、何軒も本屋さん巡りして、選びに選んだ文庫本を

何冊か買うのが、月に一度の贅沢でした。


高校の時は、学校の図書館で借りまくって、友だちには面白かった本を教えてもらって、

知らない作家にたくさん出会いました。


大学生の時は、家庭教師してた中学生の男子が、たまたま本屋さんの息子さんやったりして、

その男子が面白かったという本を借りたこともありました(笑)


高校国語教師になってからは、必要に迫られて、入試に出そうな評論とかも次から次へ読んだけど、

それも面白かったなぁ。

本もマンガも、どんなジャンルも読書は大好きです。


電車移動時間が読書タイムなので、最近はあまり読めてませんが、

今年2020年に読んで面白かったオススメ本を5冊ご紹介します。


①原田マハ「本日は、お日柄もよく」徳間文庫
普通のOLが主人公。スピーチライターのお仕事は、人の心を掴み、動かし、
世の中を変える可能性があると思わされる感動小説。ドラマ化して欲しいなぁ。

②有川ひろ「倒れるときは前のめり」角川文庫
「図書館戦争」などベストセラー小説家の初のエッセイ集。大好きな本や映画、
ふるさと高知のことなどを綴り、小説2編も収録されててお得感あります。

③ 劉 慈欣「三体」(大森望、光吉さくら、ワン・チャイ 訳)早川書房
中国人作家によるSF長編小説。宇宙人とのファーストコンタクトを描く。ヒューゴー賞を受賞し、
世界でベストセラー。ヒューゴー賞受賞作品にハズレなし‼️  早く続編を翻訳して欲しい!

④・⑤ 益田ミリ「僕の姉ちゃん」「続・僕の姉ちゃん」幻冬舎文庫
アラサーOL姉ちゃんが、新米サラリーマン弟を相手に、毎夜食卓で繰り広げる恋と人生についての会話マンガ。
ニヤッとしてしまいます(笑)


番組へのたくさんのメッセージ、いつも本当にありがとうございます。

「新年度」「晩ご飯の定番メニュー」「自宅でのお楽しみ」「最近はじめたこと」「オススメ本」など、
何でもOKですので、メッセージお待ちしてます!
                                        by 前澤