POWER PLAY  RUSH HOUR!

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

5月度『RUSH HOUR ! ~日本の歌~』 演歌・歌謡曲

東海ラジオ放送は『RUSH HOUR!〜日本の歌〜』としてレコメンドする演歌、歌謡曲を毎月ご紹介していきます。5月の「RUSH HOUR!~日本の歌~」は下記の2曲! 1か月にわたり、各ワイド番組内などでオンエアしプッシュします! ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

【石原詢子】
 
『ただそばにいてくれて』
 
 


5月19日発売
CD:MHCL-2901 ¥1.300(税込) カセット:MHSL-41 ¥1.300(税込)

1988年のデビュー以来、「みれん酒」「ふたり傘」など数々のヒット曲を放ち、「紅白歌合戦」にも2度出場を果たした演歌歌手・石原詢子。紅白の他にも、NHKのテレビ番組でのレギュラー出演、テレビCMやプレイステーションのゲームソフトキャラクターへの抜擢、数々の音楽賞受賞などの経歴を持つ一方で、デビュー後の数年間は全国のカラオケ喫茶やショッピングモールで歌う日々を過ごすといった下積み時代も経験してきた。また、父親の遺志を継ぎ詩吟の家元として自身主催の教室で指導を行ったり、二葉百合子を師と仰ぎ、浪曲にも挑戦するなど、日本の伝統的な文化の伝承に努める活動も行ってきた。
そんな様々なキャリアを積みながら、演歌歌手としての地位を確立してきた石原詢子が新曲を発表する。
5月19日に発売される通算44枚目のシングル「ただそばにいてくれて」はシンガーソングライター・古内東子作詞作曲による書き下ろしの一曲。石原自身、その世界観が大好きだという古内に自らラブコール。これまでには、企画アルバムでのJ-POPカバーや、最近ではYouTubeで松田聖子「赤いスイートピー」を披露するなど演歌以外のジャンルの楽曲でのアプローチはあったものの、オリジナルシングルにおいて、シンガーソングライターから書き下ろしで楽曲提供を受けるのは今作が初めてとなる。

--------------------------------------------------

『Promoter's comment



■石原詢子さん(ご本人様コメント)

この度は、5月度の「RUSH HOUR!」に選んで頂きありがとうございます。  
今回の新曲「ただそばにいてくれて」は”今石原詢子が届けたいメッセージ”をテーマにした楽曲となっています。このコロナ禍の中で家族、恋人、友達、ペットなど、心の支えになった存在に「ありがとう」を伝えたい、そんな曲をシンガーソングライターの古内東子さんに作っていただきました。  
そして、毎週日曜日20時から放送中の「せんねん灸プレゼンツ しあわせ演歌・石原詢子です」もぜひお聴きいただけたら嬉しいです。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


【パク・ジュニョン】

『風の吐息』



4月21日発売
KICM-31020(Aタイプ) KICM-31021(Bタイプ)  
¥1,400(税抜価格¥1,273)

■アーティストプロフィール
本名:パク ジュニョン(英語表記:Park Junyoung)
愛称:ジュニ―
生年月日:西暦1982年 (昭和57年) 3月12日
星座:うお座
血液型:A 型
サイズ:身長177cm・体重61kg
出身地:韓国 釜山
趣味:料理・カメラ・インテリア収集・映画観賞
特技:グラフィックデザイン
座右の銘:人事を尽くして天命を待つ


--------------------------------------------------

『プロモーターコメント』



■鰐川 美樹生さん

今年3月に日本デビュー10周年を迎えたパク・ジュニョン、約1年2か月ぶりとなる待望のニューシングル。  ジュニョンならではの、切なくも美しいノスタルジック歌謡をお届けします。  表題曲「風の吐息」は、断ち切れない“あの人”への想いを綴った女性目線の楽曲で、ノスタルジックな雰囲気とキャッチーなサビメロが印象的です。  東海ラジオ「パク・ジュニョンのギューッと離さない♡」(毎週土曜日27:45~)も好評です

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇