高校ラジオクラブ

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

「生きててよかった」「涙が増える」ラジオ好きが発覚した幼なじみとのLINEは「女子高生じゃない」 予告

幼なじみとのLINEのやりとりを紹介

毎月1組の高校生が東海ラジオのスタジオで番組をつくる『高校ラジオクラブ』(月曜21:40-21:50)。新型コロナウイルスの影響で中断していたスタジオ収録を再開しました。今月は岐阜県の私立中京高校1年古井日和さん。最終回は「ラジオ友だち」ができなくて悩んでいる古井さんに思わぬところから救いの手が、というエピソードを。

クラスの端からラジオ愛を叫ぶ 予告

ドキドキのカフ操作

毎月1組の高校生が東海ラジオのスタジオで番組をつくる『高校ラジオクラブ』(月曜21:40-21:50)。新型コロナウイルスの影響で中断していたスタジオ収録を再開しました。今月は岐阜県の私立中京高校1年古井日和さん。深夜ラジオ愛が止まらない古井さんに深夜ラジオをやってもらいました!

「聴きたいのは人なんです」ラジオグッズに囲まれた高1女子の深い愛 予告

古井さんが「貢いだ」「集めた」リスナーの証

毎月1組の高校生が東海ラジオのスタジオで番組をつくる『高校ラジオクラブ』(月曜21:40-21:50)。新型コロナウイルスの影響で中断していたスタジオ収録を再開しました。今月は岐阜県の私立中京高校1年古井日和さん。深夜ラジオのため午前3時起き!そんな古井さんのラジオとの出会いと愛をお聴きください。

「生サイコー!」高1女子の新しい生活を支えた深夜ラジオ 予告

ソーシャルディスタンスを保って?収録。右が古井さん、左は井田アナ

毎月1組の高校生が東海ラジオのスタジオで番組をつくる『高校ラジオクラブ』(月曜21:40-21:50)。新型コロナウイルスの影響で中断していたスタジオ収録を3ヶ月ぶりに再開しました。再開第1号は岐阜県の私立中京高校1年古井日和さん。自粛期間中の新入生生活それを支えたラジオについてありのままに語ってくれました。