高校ラジオクラブ

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

「体育大会では目立ちたくない」体育会系女子生徒が地味な競技に走る理由にアナウンサーも唖然呆然 予告

2人が体育大会に消極的な理由は?

毎月1組の高校生が東海ラジオのスタジオで番組をつくる『高校ラジオクラブ』(月曜21:40-21:50)。10月は愛知県立五条高校の2年生男女が制作にあたっています。前回は文化祭、今回は直後に行われた体育大会がテーマ。ソフトボール部員の女子生徒にとっては主戦場のはずですが、なぜか積極的に参加しようとしません。理由を聞いた井田勝也アナウンサー、呆然の連続でした。

文化部所属の男子生徒はともかく、体育会系の女子生徒が体育大会に積極的でない理由。それは「走り方がおかしいので人前で走りたくない」。呆然とする井田アナに「だからなるべく目立たない競技に出場したい」と畳みかけます。五条高校の体育大会では主に走る競技を行うメインフィールドとそれ以外の競技を行うサブフィールドに分かれており、サブフィールドのほうが目立たないということで特に文化系の生徒に人気があるとか。「去年はハンドボール投げに出ました。今年はより目立たないほうに行こうということで『三人四脚』を希望しました。クラスから12人出られるんですけど、12人のうち1人というのがいいじゃないですか。希望者は多かったんですけどじゃんけんに勝って出場を決めました」とあくまで自身に注目が集まらないよう努める彼女。「本番は日焼け止めを塗ってベンチに座っていました。ベンチから声援?恥ずかしくて送れないですね」。「キャッチャーでしょ?声出さないの?」と素っ頓狂な声を上げる井田アナに「キャッチャーとベンチは違いますから」とキッパリ。ただただ唖然とする井田アナでした。


女子生徒の異様なまでの慎ましさに唖然呆然の井田アナ(右)


のりかえ≫radikoでシェア!

のりかえ≫参加者募集中!


■高校ラジオクラブ
10月21日(月)
21:40-21:50