高校ラジオクラブ

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

1年ぶりのお笑いリベンジ。ひと回り大きくなった二人の「意外なもの」 予告

コンビ名は「コッペパン」

毎月1組の高校生が東海ラジオのスタジオで番組をつくる『高校ラジオクラブ』(月曜21:40-21:50)。3月は名古屋市にある私立至学館高校の2年男子2人が担当。1年前、お笑いコンビを組んで当番組に出演したもののグダグダな結末。リベンジを期してスタジオに帰ってきました。


井田アナ(左)の鋭いツッコミ

2019年2月。M-1出場経験をひっさげた当時1年生の二人が「ラジオでお笑いをやりたい」とスタジオに乗り込んだものの、ことごとくすべってしまい微妙な空気だけを残していきました。あれから1年、ひと回り大きくなって帰ってきた…とは言い難く、一人は小物感が増し、もう一人はふてぶてしさを増していたのでした。前回の出演シーンを聴かせても悪びれる様子なく、スタジオでボリボリと菓子をつまむところだけは大物感満載。それでも今回の出演にあたって「入念な打ち合わせをガストでしてきました! 食べてしゃべって…」。これには聴き手の井田勝也アナウンサーも絶句。収録前日には家にお泊りしてネタ合わせも「食べてちょっと遊んですぐ寝ました」。これには「おいおい!」とツッコまずにはいられませんでした。そんな井田アナのツッコミに「僕らと組んでトリオでM-1狙いませんか?」と誘った二人でしたがにべもなく断られます。んー、いいトリオだと思うんだけどなあ(笑)。ネタ合わせの成果は次回の放送で。


のりかえ≫radikoでシェア!

のりかえ≫参加者募集中!


■高校ラジオクラブ
3月2日(月)
21:40-21:50