高校ラジオクラブ

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

「一曲歌って」無茶振りをキッパリ断る「猟奇的な後輩」 予告

猟奇的?南さん(左)と岡川さん

毎月1組の高校生が東海ラジオのスタジオで番組をつくる『高校ラジオクラブ』(月曜21:40-21:50)。今月は渡辺高等学院名古屋校の南カンナさん(2年)、岡川宙さん(3年)、松本瑠莉さん(3年)、坂田旬さん(3年)。学業とエンタテインメントを究める4人がラジオドラマに挑戦!12日も個性が光るインタビューをお届けします。
※野球中継延長の場合、放送時間を繰り下げることがあります。

今回は南さんと岡川さん。第一声が震えていた南さんですがラジオのスタジオは2度目。井田勝也アナウンサーのリードで徐々に平常心を取り戻します。「高校生たちに番組を知ってもらいたい。この番組をきっかけにラジオを知ってもらえれば」。力強く語る1年後輩の南さんに恐れをなしたのか「答が完璧すぎて…」と絶句状態の岡川さん。自発的にラジオを聴く習慣はありませんでしたが「趣味は洋楽と洋画。好きなのはアクションです!」と語るあたりからペースをつかみ始めました。岡川さんが通うエンターテイメント総合コースでは課題として映画を見て感想文を書くことが多いとか。最近観た映画は「アクションじゃないんですけど『猟奇的な彼女』(2001年韓国)。主人公の強い彼女に押される彼氏に共感して…」と恥ずかしそうに語ってくれました。南さんのイチ押しはミュージカル映画『ヘアスプレー』(1988,2007年米国)。アクターズコースに通うだけあって「夢はミュージカル女優です。カラオケでもミュージカル映画の曲をよく歌います」。「じゃあここで一曲歌っていただきましょう!」と無茶振りする井田アナに「それはちょっと…」とうつむく南さん。囃し立てる岡川さんには「やめてください先輩!」とキッパリ拒絶します。「猟奇的な後輩」の出現にたじろぐ岡川さんでしたが、井田アナからの同様の無茶振りには「十八番(おはこ)があります!桐谷健太の『海の声』です」。冒頭の緊張はどこへやら、堂々と歌ってのける岡川さんの「宙(そら)の声」が響きわたりました。次回はいよいよ松本さん坂田さんを交えてのラジオドラマ企画会議。4人の個性がぶつかりあいます!


前回の坂田さん(左)と松本さんを加えて次回は企画会議です!

節目の50回目を迎える高等学校ラジオ作品コンクール(東海ラジオ放送主催、三協協賛)でしたが、新型コロナウイルス感染拡大を考慮して今年の開催を見送ることになりました。しかしこのままではいけないということで番組では高校生たちのために一肌脱ぎました。『高校ラジオクラブ』を発表の場として活用してください!例えばコンクール用に企画していた番組をオンエアしたり、いま抱いている情熱や意見を発信する場として活用したり。LINEやSkypeなどを使った遠隔出演も可能です。なお、コンクールは来年改めて「第50回」として開催します。節目の大会、ふるってご参加ください!

もちろん、放送部員だけでなく高校生なら誰でも参加できるのがこの番組のウリ。この機会に、あなたが伝えたいことばや思いをラジオで放送してみませんか?参加方法は「データ送付」「リモート出演」「スタジオ収録」の3つをご用意しました(データ送付についてはご相談ください)。そしていよいよスタジオ収録を再開!東海ラジオのスタジオを体験したい人は奮ってご参加ください!「密を避けたい」「名古屋は遠いんだけど」というあなたにはリモート収録にも対応します!応募は下の「R15」ロゴをクリック公式Twitterも始めました。こちらもチェックしてください!短い夏休み、あなたのご参加をお待ちしています!


のりかえ≫radikoでシェア!

のりかえ≫参加者いつでも募集中!


■高校ラジオクラブ
10月12日(月)
21:40-21:50
 
※野球中継延長の場合、放送時間を繰り下げることがあります。