高校ラジオクラブ

爆発する感情、ひたむきな純情、切なすぎる友情…ラジオドラマ「ダブルドリブル」最終話 予告

クランクアップ!左から岡川さん、坂田さん、南さん、松本さん、井田勝也アナ

毎月1組の高校生が東海ラジオのスタジオで番組をつくる『高校ラジオクラブ』(月曜21:40-21:50)。3月は渡辺高等学院名古屋校2年の南カンナさん、3年の岡川宙さん、松本瑠莉さん、坂田旬さんが制作したラジオドラマ「ダブルドリブル」をお届けしています。舞台は高校バスケ部。爆発する感情、ひたむきな純情、切なすぎる友情を巻き込みながら運命の紅白戦が幕を開けます。堂々の最終話、ご期待ください!
≫第1話はこちら
≫第2話はこちら
≫第3話はこちら

紅白戦前日。新人マネージャーかんな(南)は副キャプテンしゅん(坂田)に手作りのお守りを渡しました。それを見ていたキャプテンのそら(岡川)はうらやましがりますが、「紅白戦で1本でも多くシュートを決めたほうがかんなへの告白の権利を手にできる」というしゅんとの約束を再確認します。一方、マネージャーのるり(松本)は幼なじみのしゅんに自分の気持ちを伝えようとしますが、かんなにもらったお守りにテンションが上がるしゅんに感情が爆発! お守りを奪い去ってしまいました。息を切らしたるりの前に現れたそらは投げ捨てようとしたお守りを見つけ、「好きな人を傷つけてまでつきあいたいのか」と諭します。お守りをしゅんに返すそら。紅白戦での正々堂々の勝負を誓いました。迎えた当日。前半を終えてそらがしゅんを1本差でリード。かんなに思いを告白できるのはしゅんか、そらか。そして姿を消したるりの行方は? 運命のブザーが鳴り響きます! 最後までお聴き逃しなく。なお翌週29日は総集編および4人の制作秘話をお届けします。


しゅん(左)はかんなに告白できるのか?


そら(左)とるりに表情が物語るのは?

高校生なら誰でも参加できるのがこの番組のウリ。この機会に、あなたが伝えたいことばや思いをラジオで放送してみませんか?参加方法は「データ送付」「リモート出演」「スタジオ収録」の3つをご用意しました(データ送付についてはご相談ください)。スタジオ収録はもちろん、「密を避けたい」「名古屋は遠いんだけど」というあなたにはリモート収録にも対応します!応募は下の「R15」ロゴをクリック公式Twitterも始めました。こちらもチェックしてください。あなたのご参加をお待ちしています!


のりかえ≫radikoでシェア!

のりかえ≫参加者いつでも募集中!


■高校ラジオクラブ
3月22日(月)
21:40-21:50