高校ラジオクラブ

「参加のきっかけは元カノでした」高校生の爆弾発言にうろたえる大人たち 予告

しれっと爆弾を投下する田上さん

毎月1組の高校生が東海ラジオのスタジオで番組をつくる『高校ラジオクラブ』(月曜21:40-21:50)。12月は愛知県立三好高校3年田上真海さんがパーソナリティを務めます。前回6日は収録場所を間違えてCBCラジオへ行ってしまったエピソードを披露。13日の放送でようやく応募の動機を聞くことができましたが、なんときっかけは「元カノ」!衝撃の一言にスタジオは騒然とします。


のりかえ≫radikoでシェア!

のりかえ≫「コンクール」「ラジオクラブ」参加者募集中!


■高校ラジオクラブ
12月13日(月)
21:40-21:50
 


「きっかけ」となった佐橋さん(中)左は井田アナ、右は源石アナ


「10月に出演した佐橋さんの『元カレ』なんです」「えーーーーーーーーーーっ!」。田上さんの告白に絶叫後絶句した井田勝也アナウンサー。10月の高校ラジオクラブを担当した豊明高校3年佐橋ひなたさんのオンエアを聴いて参加しようと思ったのでした。二人が出会ったきっかけは「ツイキャス」での音声配信。互いに配信する番組を聴くうちに意気投合し、家が近いこともあって急接近したとか。「佐橋さんはこの収録のこと知ってるの?」「たぶん」。元カレ、元カノとなったあとも交流はあるそうで、佐橋さんの出演に刺激され応募することを伝えたところ「やってみなよ」と背中を押されました。そういえば佐橋さん出演を後押ししたのも、8月に登場した幼なじみの名古屋経済大学市邨高校3年久野凜太朗さん口コミで参加の輪が広がる2021年後半の高校ラジオクラブとなりました。佐橋さんの回(10月11日)では久野さんにドッキリ電話をかけたところドッキリで返される展開に。その放送も聴いていた田上さん。幼なじみであり自称「初恋の人」、さらに芸人活動もしている久野さんの存在は佐橋さんを通して知りつつも、初めて聴く声に「ああ、こんな声の人なんだ」と感慨にふけっていました。と、ここで田上さんも佐橋さんにサプライズ電話をかけることに。LINEの呼出音が2回、3回、4回…と重なるにつれ高鳴る井田アナの心臓。「出ませんね」と余裕を見せる田上さん。「もう一回かけましょうか」と笑顔さえ浮かべます。そんな田上さんから佐橋さんへのメッセージは「大学がんばってください」。「高校生にしてすでに大人の元カノ元カレの関係じゃん」と感心する井田アナは田上さんに「まじめそうなんだけどキテレツでぶっ飛んでる。おかげでスタジオは大混乱だよ! 毎回『大混乱』って言ってる気がするけど(笑)」。冷や汗出っぱなしの大人たちの対応に「予想どおりでしたね」としてやったりの田上さんでした。次回、佐橋さんからの折返し電話はあるのか? 予測不能の展開から耳が離せません! ♪雪の音/GReeeeN


佐橋さんの「きっかけ」は幼なじみの久野さん。世間は狭いなんてもんじゃない