はーさん!ねねの!すんどめ!

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

5月1日(火)の「ぼやき」 今日のぼ・や・き

今日の「すんどめ!」いかがでしたでしょうか?

今日は、「すんどめ人生相談」での

電話について、みなさんご意見ありがとうございました。

「すんどめ人生相談」へのお悩みも募集中です!



今日のねねちゃんの「ぼ・や・き」

 

やっぱ、1時間より3時間の方が楽しいね!

 


5月1日 ディアブロを美味しく頂けるお店~おでんとワイン カモシヤ~ メルシャン 青山紀子「あくまで」ワイン

今日は、ディアブロを美味しく飲めるお店ということで、
名古屋の栄のテレビ塔近く、久屋大通り沿いで、 地下鉄の栄3番出口でて30秒の
「おでんとワイン カモシヤ」さんをご紹介しました!



店構えは、趣のある町屋造りで、お店の前には杉玉があります。

こちらは、名古屋のソウルフードの味噌おでん と 世界のワインを楽しんでもらおうという
和風のバルなんですね。カウンターやテーブル席、個室もあって24席。
店内にはちょっと懐かしい歌謡曲なども流れています。

味噌もワインも同じ発酵食品なので、それを合わせて専門店にしたいと、
2010年にオープンされました。

ガイドブックにも載っていますので、日本全国はもちろん、インバウンドのお客様にも
楽しんでいただいているお店です。



インパクトがあるのは、大鍋で仕込まれている味噌おでん。

カモシヤさんならではのこだわりを カモシヤ店主でソムリエの橋本雄生さんに伺うと、
味噌おでんは、木曽川と長良川のシジミと牛すじのベースに名古屋の豆味噌を使い、
隠し味には、ワインを煮詰めたものを使用しているそうです。

ザ・名古屋めしの味噌おでんというと、もっと甘いのですが、 ワインと合わせるということを考え 
お砂糖などは使用していないんだそうです。
ワインを煮詰めたものがお味噌の中に入っているので、味わいをつなげてくれるますよね。



また、食べ物とワインの合わせ方についても橋本さんは、
面白い視点でのペアリングの仕方を教えてくださいました。

食材の色で合わせるということもありますが、 もう一つ、「 食べ物の水分量 」 もポイントだそう。
食べ物が持つ水分量の緻密度によって、合わせるだそう。

例えば、大根は水分量が多いので淡い繊細なピノ・ノワール。
ごぼう天やすじ肉は水分量が少ないので、しっかりしたカルメネールという感じにするんだそうです。
な~るほどね。



おでんとワイン カモシヤさんでは、もちろん、
カッシェロ・デル・ディアブロのチリワインが飲めるんです。


ディアブロのワインについての印象を伺うと、、、
チリワインについては、全般にクオリティーが高く、価格に対してすごく飲みごたえのあるワインが多い。
チリは転換期で、濃いだけではないことを ディアブロは結構進めてきていて、
エレガントさが出始めてきている。
チリは一度しかいったことないけど、チリの広さを感じさせてくれるワインですね、と語ってくれました。

最近、世界的にヘルシー志向になってきて、ワインも重くがっしりとした・・・というものより、
少し軽やかでエレガントなものが好まれる傾向もあるので、その流れを意識している
ということなんでしょうね。



その、ディアブロのワイン 今、このカモシヤさんでは、グラスワインがクイズ感覚で楽しめます。
「 ブラインドテイスティング 」
 
です。

赤白それぞれ、3種類あるグラスワインの中から、何かわからない品種のグラスが出てきます。
ヒントがありますので、ヒントに沿って、そのチャレンジグラスの中身を3択の中から
スクラッチで当ててもらう というものなんですね~。

あたると、ディアブロワインのミニボトルが もらえます。
ヒントがあるので、みなさん結構正解率高いみたいですよ~。



■おでん&わいん カモシヤ
名古屋市中区錦 3-16-8 森万ビル1階
 16時~深夜0時まで。日曜定休 (052-963-6730)


新しい名古屋めし、名古屋ハヤシを広める運動も展開中!

アンチョビポテト これも絶品!


次回、5月17日の放送は、
「 いよいよ このあくまでワインのワイン会ご招待の詳しいお話 」
をお届けします。