はーさん!ねねの!すんどめ!

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

5月24日 生ビールアワード連続受賞店 ~浅間町 縁(えにし)~ キリンビール青山紀子の極上生ビール!

今日も 美味しい生ビールを出してくれる、とっておきの お店紹介です~。
2年連続キリン生ビールアワード受賞の優秀店の ご紹介をしましたよ。



名古屋の地下鉄 浅間町駅おりて、東へ3分 「 居酒屋~縁~ 」。

こちらは、外観から高級感あふれる感じでちょっと贅沢な感じに見えますが、
もともと高級料亭だったところを居ぬきで お店をされているからなんですね。
お店を始めて3年半だそう。



でも 店主の佐藤英孝(ひでたか)さん 曰く、実はアットホームな居酒屋で、
ほっこりする 家庭料理を頂ける店なんですね。

以前、中華料理のお店で働いていた時には、中国料理協会に所属されていたそうで、
最先端の技術も学ばれました。自慢の中華は 麻婆豆腐だそうですよ。

そんな麻婆豆腐にも、様々な和食にも相性にいい「生ビール!!」
「居酒屋~縁~」さん、アワード連続受賞ですから、どんなこだわりがあるのかと伺うと、
意外にも「そんなたいしたことをしているわけではなく、
普通のことを 欠かさずやっているだけなんです。」と 謙虚におっしゃるんです。



この普通のことというのが、なかなか大変で 
「毎日のサーバーやグラスの徹底洗浄、ガス圧の調整」などあるんですよね。

「樽のガス圧」は、樽の温度に合わせて変わるのですが、
目安は、樽の温度の10分の1が樽のガス圧なんだそうです。
例えば、樽の温度が20度なら、ガス圧は2.0気圧にするということなんですね。



そして、ビールを注ぐときの見た目の美しさにもこだわっています。
こちらの縁さんでは、すらっとした形のピルスナーグラスで生ビールを出されるのですが、
ビールと泡の割合は、7対3です。

ただ最初にビールをグラスに注ぐときは、ビール6、泡4ぐらいの割合で入れていくと、いいらしいんです。
というのも、白い泡がだんだん液体化していくから そのうち 7対3に なるんですよね。



ですから、カウンターのお客様 と 個室のお客様では入れるときに泡の比率を変えているそう。
個室に運ぶまでの時間を勘案し、個室に到着した時に 一番いい泡の割合になっているようになんだそう!
すごいですね~。




そして、店主の佐藤さん以上に、お店ではビールを入れる機会が最も多い、
女将さんの佐藤昭子(しょうこ)さんも 名誉の負傷をするぐらいのこだわりが。。。

グラスにつく、あらゆる脂を排除するため、まず、お店にきたら、自分の手の脂を石鹸で落とす。
グラスは、 スポンジでしっかりと、割れるんじゃない?といわれるぐらいギュッギュッと洗う。
脂や油が、グラスにつくと美味しいビールができない。
クリーム塗るのは 家に帰ってからで、アカギレできていても痛くないんだそう。。。すごい。プロ根性です。

料理の油だけじゃない、自分の手の脂もしっかり取りきってから、夏でも冬でも水洗いでしっかり洗うんです。

せっかくお金払って飲んで頂くので、美味しい生ビールを 飲んでもらいたいという思いが強いんですね。
やはり 「 ビール工場に近い味で、雑味なく、新鮮で切れの いい美味しさを 楽しんでもらいたい 」 とのこと。




カウンターの隅に サーバーがあるのですが、女将さんがビールを入れ始めると みなさん 注目されるそうです。

バースプーンで丁寧に 粗い泡を取るときに 時々グラスにあたって 「 カチカチ 」 と音がするんですが、
これがまた、「絶対美味しい生ビール」がこのあと出てくるぞ~~!!」という 
ワクワク感に つながっているんじゃないかなと 思いましたね~。



実際、私もいただきましたが、 女将さんが入れてくれたからでしょうか?
なんか ふんわりとまろやかで、甘いようなアロマがしました。
クリアな麦の旨味も感じて これは美味しかったですね~。

キリン一番搾りの生ビール1杯 550円

 ■「居酒屋~縁~」 

名古屋市西区幅下1丁目10-47  クリア六句町1F
電話 052-561-7711
火~木 17時~24時営業
金・土・祝前日 朝5時まで営業
月曜定休



次回は、6月14日(木)、瑞穂区役所駅前にあります
「焼き鳥 せせらぎ」をご紹介します。

5月10日 生ビールアワード連続受賞店 ~星ヶ丘 明治館~ キリンビール青山紀子の極上生ビール!

今日も、美味しい生ビールを出してくれるお店を紹介しました~!!
2016年、2017年と キリン生ビールアワード連続受賞の優秀店
名古屋の地下鉄 星ヶ丘駅おりてすぐのビル1階にあります「明治館」をご紹介しました!!



こちらは、オーナーの山本太さん曰く、「S級のビールとB級グルメの店」だそうで、
とんでもなく美味しいキリン一番搾りの生ビールが ピルスナーグラスで500円、
うすはりの小ぶりのグラスで 380円で飲めるお店なんです。

とにかくお客様も8割は ビールを飲みにわざわざいらっしゃる方ばかりで、
ビールの後に何かに変える、、、のではなく、ず~~~っとビールなんですって。




店内の黒板には、こんな風に書かれていました。
「 美味しい生ビールのための3つの掟と5つの約束 」!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
3つの掟 
1. グラスの徹底洗浄
2. 毎日のサーバー洗浄
3. こだわりの注ぎ方に気持ちを込めます
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
グラスの洗浄の徹底ぶりには、びっくり。グラス洗浄用だけで、3つあります。
・普通のグラス用スポンジ
・ビール用グラス 外側用
・ビール用グラス 内側用  

女性の口紅などついたものは、外側スポンジであらい、 それが内側に入らないように
内側は、別のスポンジで洗っているんです。
グラスがとっても綺麗なので、ビールを注いだときの内側に、余計な気泡が
一つも つかないようにされています。
内側に気泡が付いたら、味に雑味が出てしまうので、お客さまに出さないそうです。

また、毎日のサーバーの洗浄も必須。
ホースを水洗いするのはもちろん、ジョイントの部分、サーバーの口の部分など、
営業が終わったらすぐに きれいに洗います。
ホースも時には専用スポンジを使って洗います。

このサーバー洗浄がおろそかにされていると、変なにおいの原因になったり、
ビールに異物が入ることもあるんですってね。
ですから、こちらの店はそんなことは絶対にないように、サーバーもグラスも徹底洗浄に心がけています。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
5つの約束
1. 売り切れごめんのフレッシュローテーションを守ります
2. グラスのチョイスにもこだわります
3. こまめにガス圧をチェックします
4. 生樽の保管にもこだわります
5. スタッフ全員がドラフトマスターズスクールを修了します
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
グラスのチョイス ・・・ ビールジョッキでゴクゴクいただくのも美味しいんですが、
こちらでは、口に当たった時のグラスの厚みによって、
美味しさがかわるのではないかと分析していて、
ジョッキより薄い ピルスナーグラスや、 極薄のうすはりの小ぶりのグラスで 飲ませてもらえます。

また、スタッフ全員が キリン ドラフトマスターズスクール修了と いうことで、
ビールの注ぎ方をマスターされているプロ集団が注いでくれます。
 



明治館オーナーの山本太さんは、30年ほど営業をされていますが、本格的にビールにこだわるようになったのは
6~7年前からだったそう。
やればやるほど、お客様が反応してくれて、美味しさをわかっていただけて、
とても やりがいも 感じていらっしゃるみたいですね。

「 やっと誇れることかな? 子供にも。 」と。。。
そんなコメントが聞けて、私もインタビューしていて うれしくなりました!!

こちらの生ビールは、「 ビール工場のテイストのビールを出すこと! 」を心がけています。
ビール工場の生ビールがライバルだそう(笑)すごい!!
昔、ビール工場はロケーションで美味しいと思っていたけど、そうではなく、やることをきっちりやると、
本当に鮮度のいい美味しいビールが店頭で届けられる!ということ知り、体現されています。
生ビールに 人生かけてます!!



番組では紹介できなかったのですが、実は、こちらでは、オーナーの山本さんしか注げない、
「 モコモコ注ぎ 」というのもあって、これがまた女性に人気の少しまろやかに仕上がる注ぎ方で、
私もふつうのシャープな注ぎ方より、 ゴクゴク飲んでしまいました!!

色々飲み比べてみてくださいね~~。

 

■■■明治館■■■
名古屋市千種区星ヶ丘元町15-15
スターヒルズ1階
電話 052-782-6664



次回は、5月24日(木)、こちらもアワード連続受賞店 浅間町にあります 
「 居酒屋 縁(えにし) 」 をご紹介します。

4月26日 第2回 うまい生ビールアワード2017中部圏第1位 中華楼せん(多治見) キリンビール青山紀子の極上生ビール!

今日は、美味しい生ビールを出してくれるお店紹介の トップバッターとして、
昨年「キリンうまい生ビールアワード」で、中部圏(7県)で第1位に輝いた、
多治見の人気店 中華楼~せん~」をご紹介します。



この生ビールアワードは、全国14万店舗の中から、
キリン独自の品質基準を満たした1200店舗がノミネートされ、
その中から、お客様の投票によって選ばれるものなんです。

まさに、お客様の声がそのまま結果として反映されるので、 受賞された店舗の喜びは ひとしおです。
先日、中華楼せんさんにお邪魔して、オーナー兼店長の 三塚和紀さんにお話を伺ってきました。



中華楼~せん~は、JR多治見駅近く、国道248号線沿いの 音羽町にあります。
外観は木目調の店構えで、店内はカウンター席から、テーブル席、広間などもあり、
おひとり様からご家族、ご友人とも楽しめる空間です。
食材や調味料にも一切妥協しない本格中華でありながら、カジュアルに食べてもらいたいという
「いいものをお得にお客様へ」というオーナーの思いが溢れたお店です。




ですから、お料理もさることながら、ビールが半端なく美味しいんです!!
注ぎ方は、三塚さんは「3度つぎ」とおっしゃっていましたが、
よく見ると、「つぎながら 切る!」という「つぎ方」なんです。

ビールの命である泡をクリーミーな泡立ちにするため、泡の部分を3度に分けて注ぎます。
サーバーの泡の出口に限りなく近づけて、やさしい力でコントロールしながら、丁寧に泡を入れていきます。



その時に、上の方に若干出る 目の粗い泡を、ジョッキから取り除くのですが、これが、すごい!
腕のスナップを聞かせて、上 5ミリぐらいをさっと切るように捨てるんです。
そして、またつぎ足し、目の粗い泡、数ミリをさっと捨てて、最後にクリーミーな泡だけを注ぐ、、、
という大変な努力をしています。 


少し見える目の粗い泡の部分を捨てます。

その後もまだ目の粗い泡があるので、捨てます。

最後はこんなに美しいシルキーな泡に。。。


して、ジョッキ洗浄はすべて洗剤を使って、一つずつ2分間 かけて手洗いします。
ですから、ビールジョッキの内側には、余計な気泡が一つもできなくて、
きれいな琥珀色だけの液体に仕上がるんです。
 



琥珀色の部分、余計な気泡が見えませんね。グラスが綺麗な証拠。
グラスがうまく洗浄できていないと、この部分に気泡がつきます。


あまりに美味しそうなので、さっそく、 「キリン一番搾りの生ビール」をいただきました!
口をつけたら、なんと8秒間も飲み続けるくらい止まらないんです!!

泡が本当にきめ細かくてシルキーだから、すっ~~~っと 口の中に入っていくんです。
飲みながらも、「もっともっと!」「もっともっとほしい!」という 感じに。。。

三塚さんによると、鮮度がいいビールは泡を再生するので、 生ビールを傾けて飲んだときに
下から泡が上がってくるのだそう。 ですから、クリーミーな泡というのは、
いつまでも生ビールの品質を保つように蓋の役割をしているそうです。

下からの上がってくる泡を持続させ美味しいビールにするには、グラスの洗浄や
クリーミーな泡を注ぐことが重要なんだそうです。



この素晴らしい生ビールのスタイルを作り上げるのに、 5年かかったそうです。

お店を営業されて15年、最初の10年は、生ビールはあれば売れるんじゃないの?
と思っていたそうですが、
ある時、ある方から、生ビールを飲んだ感想として
「たいしたことないね」といわれて、
それで悔しくて、奮起されたそうです。

やはり「生ビールを飲みくる店」にならなくては!と。

ビール工場からも 酒屋さんを経由し、きちんと鮮度管理された樽生ビールが届くので、
最後に、自分が「つぎ方」を努力して 最高のものに仕上げれば、美味しい生ビールになるのでは?
と色んな方にアドバイスをもらいながら、今のスタイルができ上がったそうです。


今では、せんさんの生ビールは、同業者も研修に来るくらい だそうで、
惜しげもなく美味しい「つぎ方」を伝授されているそうです。



素晴らしい心意気ですよね。
ちなみに、こんなに美味しくて、 生ビール 中ジョッキ一杯550円!!

こだわりの生ビールをのみに、 ぜひ、「多治見の中華楼~せん~」にお出かけください。

■中華楼 せん
 岐阜県多治見市音羽町
3-20
 
0572-25-2170


次回は、5月10日(木)こちらも うまい生ビールアワード受賞店
名古屋市 星ヶ丘にあります 「明治館」をご紹介します。

4月12日 第1回 美味しいキリン生ビールのコーナー始まりました!山本支社長ご出演! キリンビール青山紀子の極上生ビール!

今日から偶数週の隔週で、美味しい生ビールやお店の情報を お届けするコーナーが始まりました!
キリンビールプレゼンツ「青山紀子の極上生ビール!」

 はーさん、ねねちゃんも 最初の勢いをつけたいときとか、
ファーストドリンクはやっぱり生ビールなんだそう。。。

写真は、缶をもっておりますが、これから、飲食店さんをたくさん取材にいって、
生ビールの写真もバンバンお出ししますよ~。



今日は、第1回ということで、
キリンビール東海支社の支社長 山本泰仁(やすひと)様に お越し頂きましたよ~。
やっぱり支社長も 毎日 キリンの生ビール たくさん飲んでいらっしゃるそうです。
さすがです!!

キリンビールの生ビールの美味しさの秘密を教えてもらいました。

まず、メンテナンス体制がしっかりしていて、厳しい「提供品質5か条」に基づき、
味わいや見た目の美味しさなども チェックしながら、
「生ビールを出す環境を常に最高の状態にする」 ことに心掛けていらっしゃいます。

生ビールは、工場からの樽詰ビールは「半製品」。
お店でディスペンサーをとおって、グラスに注がれて、泡をつけて、
そこで「完成」となるので、お店の方の最後の作業が、生ビールの美味しさに繋がるそう。

二人三脚で、生ビールって仕上がるんですね。



この番組では、それぞれのお店の工夫や生ビールにかける「熱い思い」をお送り出来ればと思います。
この番組で「お?キリンビールいいね」「やっぱり美味しいね」ってなってくれたら、
私もうれしいな~。

最後に、キリンの生ビールと何の組み合わせが 一番お好きが聞きました!
山本支社長は、どえりゃー濃い名古屋めし!
はーさん、枝豆!
ねねちゃんは、フライドポテト だそう。

ビールがある空間は、ワイワイ、みんなで楽しい雰囲気が 似合いますよね。

あ~~~、生ビールが飲みたくなってきた!!(笑)



次回は、4月26日(木)
「キリンビール うまい生ビールアワードに輝いたお店
 ~多治見市音羽町 の 中華楼せん(ちゅうかろう せん)~」
を ご紹介します。

お楽しみに~。