はーさん!ねねの!すんどめ!

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

11月8日 アワード連続受賞 高浜 酒菜まるき キリンビール青山紀子の極上生ビール!

今日は、愛知県の南、高浜市にあります「酒菜 まるき」さんの ご紹介です。
酒菜は、「お酒に野菜の菜」と書きます。お酒のおつまみの意味です。

こちらは、去年おととしと2年連続 「キリンうまい生ビールアワード」に輝いています。
お客様から生ビールの美味しいお店のお墨付きを頂いているお店なんですね。



場所は、名鉄三河線、三河高浜駅から歩いて10分ほど。  

先日訪れたときには、お店の前に、網が吊るされていて、魚が開いて干してありました。
一つ一つ丁寧に手作りされているお店なんだなと、そんな様子からもわかります。

ご主人と奥様と二人で切り盛りされていますので、
店内は、カウンター9席と掘りごたつ4人がけのお席が3つのこじんまりした雰囲気。  

長年 日本料理の世界で、愛知と京都で修行された大将が2002年にオープンしたお店。
ビールにあう、そして日本酒でも焼酎でもいろんなお酒の味わいに合わせて、
ほっとできる和食を提供されています。  


ブルーのものが網です。



こちらの店主 鬼頭修一さん50歳に、どんなお店にしようと思って始めたのか、うかがうと、  

「 昔 お世話になった大将に、【お前が休みの日に行きたくなるようなお店を作れ】と
アドバイスをもらった。料理ついては、よその店でもあるような定番メニュー、
例えばそれが、湯豆腐だったとしても、【なんかここの味は違うね】
と言われるお料理を出しているつもり」とのこと。
 

きっちり日本料理を修行されてきていますので、
やはり、まずはそのお店を知るのなら「出汁」を使ったものを試してもらいたいとのこと。
今なら、土瓶蒸し、柳川鍋、一人鍋、椀ものの野菜のすり流しなどがおすすめだそう。  

食材は、野菜なら農家さんのところにいって、お魚は浜に行って直接仕入れるものが多いそう。
常に「自分がお客様に食材の美味しさを伝える立場なんだ」という思いで料理されています。  

(あとから知りましたが、農家さんのお一人は、
私の知り合いの めちゃくちゃ美味しい野菜を作っている農家さんでした(笑))




お料理の美味しさも 一緒に飲むお酒に寄り添うよう作られているんです。

こちらの 生ビールは、お客様からの評価で2年連続アワード受賞店。美味しさは抜群。
女将さんが生ビール担当で、急がず きっちりと入れていきます。
こじんまりしたお店なので、ビール樽は小さいものを入れて、常にフレッシュな状態を心がけています。    

もちろん、毎日のサーバー洗浄などの管理はもちろん、
グラスの洗浄は、汚れ落としや除菌に優れた「 電解水 」を使っているので、
グラスがいつもピカピカ。

そして、美しいクリーミーなきめ細かい泡。
ご主人が奥様の注いだ生ビールは150点!とおっしゃるくらい完璧なのがわかるくらい
ず~っと飲み続けられる味わいでした。    




店内には、ビールの写真とともに、大将のセリフが書かれています。

「自分で飲んでもうまいと思います。」    
「そのビールを作った職人さんにほめられたい」など。    

そのことについて、大将の鬼頭さんに伺うと、  
「  ビールつくっている職人さんに会ってみて、うちのビールを評価してもらいたい。
ビールを理解して美味しいビールを入れているつもりだが、それが本当にビール職人さんに応えているのか?
むしろ、おまえちょっと違うぞといわれたいかも、、、(笑)その方が進歩があるから。」ですって!    

ご自身が職人だからこそ、分野は違えど、
ビール職人さんの思いを100%表現したいという思いが強いのでしょうね。

実は、キリン一番搾りは、昨年の9月に中身をリニューアルして、    
麦の旨味がアップして、酸味、苦味、甘味の味わいのバランスがさらによくなったんですね。    

こちらのまるきさんでは、その新しいキリン一番搾りの味わいに合わせてお料理が作られています。
ぜひ、繊細なお料理と一番搾りの絶妙な組み合わせを試しに訪れてみてください。
生ビール1杯560円です。    

今日は、三河高浜駅ちかく、「酒菜まるきさん」をご紹介しました。    





◆酒菜 まるき
高浜市沢渡町4丁目6-5
0566-52-8404


次回は、11月22日(木)にお届けします。

10月25日 生ビールが半端なく出るお店 郡上大和 焼肉のだいこく家  キリンビール青山紀子の極上生ビール!

今日は、このコーナー始まって一番の遠出をしてきました!
岐阜県の郡上まで、A5等級の飛騨牛の焼肉をお値打ちに 食べさせてくれるお店
「焼肉のだいこく家」さんです。
ここ、半端ないくらいビールがよく出るお店なんですって。



場所は、国道156号線沿いの郡上大和。赤く大きな文字で「焼肉!!」という看板があります。  

店内は、かなり広くてテーブルやお座敷など合わせて、120~130名ぐらい入ります。
週末だとそれが、2.5回転。  一日で300人ぐらいのお客様が訪れるわけですね。  

生ビールの樽も、1樽 通常50杯~60杯取れるのですが、
平日でも4樽、週末だと5樽ぐらいは空く、、、という、脅威的なお店なんです。  




こちらの郡上 焼肉のだいこく家さんは、会社の本体が精肉店で、
飛騨牛ならばA5等級の最高ランクのお肉しか競り落とさないというこだわり。  

和牛ももちろんありますが、例えば和牛カルビ420円、飛騨牛のカルビでも850円なんです。
観光でいらした方は、飛騨牛のお得さにびっくりされるようです。

ちなみに特上ロースなどいただきましたが、、、柔らかくて、とろけました!  




美味しいお肉には、やっぱり生ビール!
こちらの飲料担当の 森健太さん24歳に、美味しい生ビールを出す秘訣をお聞きしています。
(写真、右の方です。)        

【ビールグラスは、普通のグラスとちがって、氷が出来るくらいの温度の冷蔵庫でひやして、
キンキンに  冷えたビールを出せるようにしている。
泡もきえてしまわない ように、ビールを作ってからお客様へ出すスピードを心がけて作っている。】    
とのこと。

グラスも手洗いしてから、さらに洗浄機にかけて、サーバーも管のスポンジ洗浄も毎日行って、
ビール垢の一切ない、ピュアな美味しさの生ビールを出されています。

店内もあちこちに   キリンビールのポスターがあって、黄色だらけです(笑)    
中ジョッキ1杯420円!! 生ビール 冷え冷えっで、くい~~っといっちゃいます。  



こちらの郡上の焼肉「だいこく家」で店長歴 15年    河合和也さん(33歳)に 
めちゃくちゃ売れる秘訣を伺っています。    (写真 左の方)

【 めちゃくちゃビール売ってる!という強気で やってます。  焼肉といえば生ビールですし、
 時期的に 瓶ビール 例えば 「秋味」が出た時も、  
 自分がビールをもってお客さんのところにいくと、じゃぁそれ!と お客さんが言ってくれる。  
 だから 本数が出る。僕がスタッフの一員として働かなくなってから、  自分に余裕ができ
 全体を見渡せるようになって、店がよくなったんです。 】とのこと。    

ビールが売れる秘訣は 店長が、スタッフ全体を見渡しながらも、    
いろんなお客様のところをくまなく回って お声がけしながら、ビールを売っている(笑)!  
ということなんですよね。  

店長に笑顔で気にかけていただけると、お客の側もうれしいですもんね~。
だから、ついついビールを頼んじゃう、、、わかります、その心理(笑)



また 常に「自分たちスタッフがお客さんとして来たいお店になっているか?」  
ということも考えているそうです。            

お客様は、ご家族、お友達同士、会社関係、はたまた 小中学校の部活の送別会など、  
いろんな用途で使われていて、「 ここにいったら 誰かに会える 」という  
地域の憩いの場になっている   そんな あったか~~い お店でした。      

今日は、郡上大和にある ビールがめちゃめちゃよく出るお店、      
「 焼肉 の だいこく家」をご紹介しました。      

岐阜県郡上市大和町剣258-1
焼肉のだいこく家
0575-88-2277




次回は、11月8日(木)に放送します。  

10月11日 キリン極上<生>認定店 まる八大衆酒場ちゃおまる。 キリンビール青山紀子の極上生ビール!

今日は、キリンの極上<生>認定店、オープンして1年ちょっと 名駅3丁目にあります
まる八大衆酒場「ちゃおまる。」をご紹介しましたよ。




ちゃおまるは、餃子の中国語「ちゃおず」のちゃおと、  
ちょっとかわいく「まる」をつけて、 ちゃおまるとなったそうです。  
名前の通り、オリジナルの手作り餃子が自慢のお店です。  

店内は、カウンターとテーブル席で合わせて60席弱、  木のぬくもりが感じられるテーブルやカウンターです。  




餃子がメインではありますが、もちろんその他のお料理も充実していまして、
すべて手作りで提供しています。
餃子は現在 7種類。
焼き餃子、揚げ餃子、カニとチーズの揚げ餃子、蒸餃子、スープ餃子、紫蘇餃子、パクチー餃子。  
 
中でもやはり一番人気は「ちゃおまる焼き餃子」(5個で390円)。  
餃子についてのこだわりをマネージャーの藤井崇史(たかし)さんに伺うと

【 開発に1年以上かけて、皮からオーダーメイド。
中の餡も味付けもすべて店内で作っています。
肉汁は、ジュレなどを使わず、自然の肉の旨味の肉汁。
いろんな部位の豚のミンチを使って   小細工なしの肉汁餃子。
皮も全粒粉を使ったヘルシーなもので、ちょっと香ばしい香りもしつつ、
ちょっともちっとしている厚めの皮。皮から餡からすべてこだわった餃子 】   とのこと。



この餃子が誕生するまでに、日本全国人気店を回りましたが、
なかなか思うような餃子にはたどり着けなかったようで、ならば ということで、自分たちで作りました。    
 
ニンニクを使っていないので、旨味をどう出すかが悩みどころだったそうですが、
豚肉の様々な部位をミンチにして深みを出して、キャベツやニラ、玉ねぎも使用して、    
調味料も工夫しているので、たれをつけなくても   美味しい餃子が出来上がりました。
 
すべて食材は国産にこだわっていて、正直、餃子の原価は めちゃくちゃ高いそうです。
私もいただきましたが、肉の密度がすごくて、ジュワーときます。    
さらに旨味が深くて、玉ねぎの甘味も効いていて、    
素材の美味しさが全面に来る味わいで、本当に美味しい!    
 
紫蘇餃子や、パクチー餃子もめちゃくちゃ人気で、(460円)    
それぞれ、全く別物の餃子に仕上がっているようですよ。    
 



そして、餃子に合うのはやはり、美味しい生ビールですよね。    

こちらは、キリン極上<生>認定店、生ビールへのこだわりも 半端ないのです。
生ビールを入れる際のこだわりを伺うと、
【 毎日のメンテナンスをとことん細かいところまで。
キリンさんの基準では、(ビールが通る管のところ)一週間に一度のスポンジ洗浄でいいのですが、
うちは、樽が空いたらすぐにスポンジ洗浄。タップの細かい部分まで洗って、
汚れがひどいときは漬け置きあらいも。メンテナンスに関してはこだわっている。】とのこと。
   
藤井さん曰く ご自身がとても潔癖症なので、
生ビールを入れる環境は本当に清潔にと、従業員にも伝えているんですって。    

毎日、2樽あくという非常に生ビールの回転も速い店舗で、フレッシュで美味しい生ビールが味わえます。      



私も味わわせていただきましたが、同じ一番搾りでも
不思議なことに店舗によって味わいが微妙にちがうんですよね。

こちらの ちゃおまるさんでは、旨味と苦みのバランスが絶妙。      
餃子を食べた後には、旨味が共存し、また口の中を リフレッシュさせてくれそうで、ビールも餃子も進みます。      
ビールは、ジョッキ1杯490円。      
               
常にお客様からの「たくさんのありがとうをあつめよう」を モットーに営業されている ちゃおまるさん。      
餃子も生ビールも全くの妥協のない最高品質を お値打ちにお届けしようとする 心意気に感激しました。      
   
今日は、名駅3丁目 「まる八大衆酒場ちゃおまる。」をご紹介しました。      
(名古屋駅ユニモール10番出口から徒歩2分      国際センター駅1番出口から徒歩3分 です。)      
   
次回は、10月25日(木)に放送します。

9月27日 極上生ビール認定店 なかめのてっぺん キリンビール青山紀子の極上生ビール!

今日の美味しいビールがのめるお店は、
キリンの極上生ビール認定店、名駅JRゲートタワー12階
「なかめのてっぺん」をご紹介しましたよ。



「なかめのてっぺん」は、もともと中目黒ではじまったお店で、  
現在 全国に7店舗,名古屋店はオープンから1年半です。  

野菜からお魚など、食材がカウンターにずらりと並べられて  
目の前で焼いてくれるという迫力とライブ感のある ろばた料理が楽しめお店です。
お料理が出来上がると、大きなしゃもじで出してくれます。

全国から美味しいものを取り寄せていて、
例えば、福井名物の浜焼きサバは、脂ののった大きなサバを使用し、とっても人気のメニューだそう。  




店内は70名弱ぐらい入れます。平日は、周辺の企業の    
サラリーマンの方々が多いようですが、休日は女性同士や    
カップルでも楽しまれていて、年齢層は20代~50代ぐらい   まで幅広いようですね。    



私が訪れた時は、営業時間ではなかったんですが、それでも  
お店に活気がありそうだなという雰囲気が伝わってくるんです。  

皆さん それぞれ ユニークな柄の「鯉口」と呼ばれる和装用のシャツに
名札にはNO1宣言が書いてあります。  
例えば、私がお話しを伺った  
店長 長部将基(おさべまさき)さんは「頼れる男 日本一」。  
国分太一さんにそっくりで 元気で笑顔が印象的でした。  



お客様がいらっしゃった時には、全員で「いらっしゃいませ!」コールをして、    
ウェルカム感を感じてもらったり、乾杯というコールもしているようです。    

そして、こちらのお店は、生ビールも抜群です。    
長部店長に、生ビールにかける思いを伺うと、  

生ビールを注ぐことはだれでもできますが、一番お客様が飲むビールを妥協すると、
それは店の格を下げることになると僕たちは思っているので、
しっかりした生ビールを だしていきたい。

それには、手洗いと洗浄機での洗い方の違いが、どれだけ味わいに影響してくるのか?ということを、
目で見て、伝えて、教えて、チェックしてというのを、
ず~~っと繰り返しているんですよ、というお話。



とっても忙しい店舗なんですが、グラスは必ず手洗い、    
サーバーの徹底洗浄、チューブも毎回スポンジ洗浄をしています。

さらに 樽のガス圧と温度管理も完璧にして、常に美味しいビールに心掛けていらっしゃいますので、    
樽の回転率が早く、常にフレッシュな生ビールが飲めるんです。    
 社長以下、歴代の各店舗の店長が とにかく生ビールにこだわっているので、
それが 代々受け継がれています。    
 
お店のお客様に 生ビールのアンケートを取ることもあります。
5点満点中、結構 5点を書いてくれる人も多いようで、
「 冷たくて クリーミーで 炭酸がつよくのどごしがいい」     という意見が多くをしめるんだそう。

総称して めっちゃおいしい!!と書いてくれるそうです。

私もこちらの生ビール体験しましたが、びっくりするくらい    
飲みごこちが良くて、体にやさしく染み渡る 生ビールでした。    
ほんと、「めっちゃ美味しい!(笑)」

ある方は、こちらのビールを「ツルツルピカピカ 摩擦係数ゼロ」と表現していましたよ。    
これは、素晴らしい表現ですよね~。

美味しい生ビールには 奥三河地鶏のももの塩焼きがおすすめだそうですよ。  
今度プライベートで行ってみようと!              
                            



今日は、名駅JRゲートタワー12階「なかめのてっぺん」を ご紹介しました。      
 
次回は、10月11日(木)に放送します。      

9月13日 極上生が飲める店 金山 居酒屋 バカぼん キリンビール青山紀子の極上生ビール!

今日は、キリンの極上生が飲める店の認定店になっています
名古屋の金山駅、東口から歩いて2分10秒  居酒屋「バカぼん」をご紹介しましたよ。

   



バカボンって まず店名が とてもインパクトありますよね。  
これは、現在4店舗を経営されるオーナーさんが、最初に出したお店で
「馬鹿であれ、凡人であれ、初心を忘れず おごるな」という意味でつけられたようです。  

こちらは、外観はグレーと白のシンプルな色使いの壁に  
赤い提灯と杉玉が飾られています。中に入ると、全体的に木を感じる庶民的な雰囲気です。
カウンター10席含め、だいたい40名ぐらい入れます。
また店内すべて丸椅子!というのもいい!  




そんなバカぼんさんでは、新鮮なお刺身と季節の野菜、  
串揚げなどを頂けるお店、そして 実は日本酒を常時20種類   以上 おいているお店なんです。
ですから店内は日本酒の様々な 銘柄の一升瓶の空き瓶がずらりと並んで、
お店の一種のアートになっています。  

ですが!!その日本酒の一升瓶と同じくらい目立つのが、  
黄色のキリン一番搾りのポスターと黄色のキリンの提灯。  

日本酒のお店ではありますが、実はビールも とても   こだわっています。
その理由を店長の岡村建哉(たけや)さんに伺うと、

【 日本酒メインの店ですが、暑い中来てくれたお客様も 
一杯目は 冷たい美味しいビールが飲みたいと思うので、
キンキンに冷えたビールと 細やかな泡で丁寧にお出ししている。】とのこと。

一杯目は次の飲料への導入なのでとても大切にされているようで、    
自分が飲んで美味しいと思えるビールを出していきたいそう。

日本酒の利き酒師の資格を持つ岡村店長ですが、ビールも    
大好きで、相当なこだわりを持っています。    





こちらのビールは、飲ませてもらった瞬間、わぁ~極上!と唸ってしまうほどの
冷え冷えの温度で、第一印象がキューンと    心地がいいので、
つるつるつるつると、びっくりするくらい   スムーズに飲めてしまいました。    

こちらはキリンビールが、ある一定の基準を満たしたところだけに認定する
「極上(生)が飲める店」の認定店。
東海三県にも、極上(生)が飲める店は 数店舗ありますが、
こちらはその中でもモデル店として先頭集団を走っているお店です。    



やはり、グラスやサーバーの徹底洗浄はもちろんですが、
今回びっくりしたビール管理へのこだわりは、樽に保護シートをかぶせて、
暑すぎる温度によるダメージをなくす、ということまでされていたんですね。
お客さまに最高の状態でお出ししたいという気持ちが伝わってきます。    
 
忙しい時でもビールを注いだときの粗い泡は、
バースプーンで捨てて、クリーミーな、とろとろの泡だけにします。
見た目から完璧の状態で出しますので、お客様も見た目にそそられ、    
飲んでさらに 美味しさにびっくり!ということで、非常に    
生ビールが売れているお店なんだそうです。    



ビールには、ホルモンの唐揚げが最高に美味しい 組み合わせだそう。
またこれからの時期、さんまのお刺身やスモークもおすすめのようですよ。
年齢層は、30代40代のサラリーマンが多いようです。
営業時間は、なんと夕方5時から夜中の3時までですって!!      
 
今日は、金山の極上生が飲める店「居酒屋 バカぼん」をご紹介しました。      
 


◆バカぼん
 名古屋市熱田区波寄町22-16
 052-882-8882
 17時~27時(L.O26時)