はーさん!ねねの!すんどめ!

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

5月24日 生ビールアワード連続受賞店 ~浅間町 縁(えにし)~ キリンビール青山紀子の極上生ビール!

今日も 美味しい生ビールを出してくれる、とっておきの お店紹介です~。
2年連続キリン生ビールアワード受賞の優秀店の ご紹介をしましたよ。



名古屋の地下鉄 浅間町駅おりて、東へ3分 「 居酒屋~縁~ 」。

こちらは、外観から高級感あふれる感じでちょっと贅沢な感じに見えますが、
もともと高級料亭だったところを居ぬきで お店をされているからなんですね。
お店を始めて3年半だそう。



でも 店主の佐藤英孝(ひでたか)さん 曰く、実はアットホームな居酒屋で、
ほっこりする 家庭料理を頂ける店なんですね。

以前、中華料理のお店で働いていた時には、中国料理協会に所属されていたそうで、
最先端の技術も学ばれました。自慢の中華は 麻婆豆腐だそうですよ。

そんな麻婆豆腐にも、様々な和食にも相性にいい「生ビール!!」
「居酒屋~縁~」さん、アワード連続受賞ですから、どんなこだわりがあるのかと伺うと、
意外にも「そんなたいしたことをしているわけではなく、
普通のことを 欠かさずやっているだけなんです。」と 謙虚におっしゃるんです。



この普通のことというのが、なかなか大変で 
「毎日のサーバーやグラスの徹底洗浄、ガス圧の調整」などあるんですよね。

「樽のガス圧」は、樽の温度に合わせて変わるのですが、
目安は、樽の温度の10分の1が樽のガス圧なんだそうです。
例えば、樽の温度が20度なら、ガス圧は2.0気圧にするということなんですね。



そして、ビールを注ぐときの見た目の美しさにもこだわっています。
こちらの縁さんでは、すらっとした形のピルスナーグラスで生ビールを出されるのですが、
ビールと泡の割合は、7対3です。

ただ最初にビールをグラスに注ぐときは、ビール6、泡4ぐらいの割合で入れていくと、いいらしいんです。
というのも、白い泡がだんだん液体化していくから そのうち 7対3に なるんですよね。



ですから、カウンターのお客様 と 個室のお客様では入れるときに泡の比率を変えているそう。
個室に運ぶまでの時間を勘案し、個室に到着した時に 一番いい泡の割合になっているようになんだそう!
すごいですね~。




そして、店主の佐藤さん以上に、お店ではビールを入れる機会が最も多い、
女将さんの佐藤昭子(しょうこ)さんも 名誉の負傷をするぐらいのこだわりが。。。

グラスにつく、あらゆる脂を排除するため、まず、お店にきたら、自分の手の脂を石鹸で落とす。
グラスは、 スポンジでしっかりと、割れるんじゃない?といわれるぐらいギュッギュッと洗う。
脂や油が、グラスにつくと美味しいビールができない。
クリーム塗るのは 家に帰ってからで、アカギレできていても痛くないんだそう。。。すごい。プロ根性です。

料理の油だけじゃない、自分の手の脂もしっかり取りきってから、夏でも冬でも水洗いでしっかり洗うんです。

せっかくお金払って飲んで頂くので、美味しい生ビールを 飲んでもらいたいという思いが強いんですね。
やはり 「 ビール工場に近い味で、雑味なく、新鮮で切れの いい美味しさを 楽しんでもらいたい 」 とのこと。




カウンターの隅に サーバーがあるのですが、女将さんがビールを入れ始めると みなさん 注目されるそうです。

バースプーンで丁寧に 粗い泡を取るときに 時々グラスにあたって 「 カチカチ 」 と音がするんですが、
これがまた、「絶対美味しい生ビール」がこのあと出てくるぞ~~!!」という 
ワクワク感に つながっているんじゃないかなと 思いましたね~。



実際、私もいただきましたが、 女将さんが入れてくれたからでしょうか?
なんか ふんわりとまろやかで、甘いようなアロマがしました。
クリアな麦の旨味も感じて これは美味しかったですね~。

キリン一番搾りの生ビール1杯 550円

 ■「居酒屋~縁~」 

名古屋市西区幅下1丁目10-47  クリア六句町1F
電話 052-561-7711
火~木 17時~24時営業
金・土・祝前日 朝5時まで営業
月曜定休



次回は、6月14日(木)、瑞穂区役所駅前にあります
「焼き鳥 せせらぎ」をご紹介します。