はーさん!ねねの!すんどめ!

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

6月14日 焼鳥 せせらぎ 瑞穂通店 キリンビール青山紀子の極上生ビール!

今日も、美味しい生ビールを出してくれるお店紹介、
名古屋の地下鉄 瑞穂区役所駅 3番出口からすぐ 「 焼鳥 せせらぎ 」 瑞穂通店を ご紹介しましたよ♪



お店の外観には、入口の上に大きく鶏のキャラクターが ど~~んと描かれていますので、とっても目立ちます。

店内は、ほっこりするような、懐かしいイメージの 木のカウンターが中心のお店。
鮮度のいい鶏肉をつかった焼き鳥が自慢です。



焼鳥のたれとの相性が 抜群なのが、生ビールなんです。
これまで、取材に行ったお店は、キリン一番搾りだったんですが、こちらのお店は違います。

お客様からラガーの生ビールが飲みたいという要望も多かったので、
あえて 旨味や複雑な味わいの 「 ラガーの生ビール 」 を入れているんです。




焼鳥 せせらぎ 瑞穂通店 オーナーで店長の 吉田圭吾さんは、
『 生ビールは 瓶ビールに比べてお店のカラーが出ると思うので、他店に勝つための一つのツールだ 』 と、
おっしゃいます。
   
人によっては、生ビールはお店によってレベルが違うから飲まないという人もいますが、
そこを「生ビール」で押せる自信があるくらいのお店になろうと、努力されているんですね~。
グラスの徹底洗浄はもちろん、一週間に一度でいいと言われているサーバの部品の分解洗浄も毎日されています。



さらに、生ビールを飲んだ時に、きれいなグラスで、綺麗な泡のビールだと、ハッピーリングができます。
これは、泡の跡がリングのようにきれいに残るもの。

店内には、吉田店長が ハッピーリングの出来たジョッキを持っている写真が飾られていて、
「 ビールは新鮮がうまい!皆様にハッピーリングをお届けします! 」 と書かれています。

この写真から、「 店長このハッピーリングって何?? 」みたいに、
ビールからお客様との会話が広がることも多いそうです。



こちらのお店では、グラスではなく、ビールジョッキで 生ビールを提供されているんですが、
それは、取っ手があることで、グラスを直接手に持つわけではないので、
ビールがぬるくならずに最後まで冷たく美味しく飲めるように との配慮からジョッキを選んでいるそうです。

ラガーの生ビール、初めて飲みましたが、コクがあって、複雑な味わいが、もう一口もう一口と進んでしまう味わいでした!!




次回は、6月28日(木)、緑区 和食のお店 「 花ごころ 緑苑 」 をご紹介します。