【終了した番組】はーさん!ねねの!すんどめ!

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

12月27日 キリンうまい生ビールアワード2018受賞店 港区 でら豚屋 キリンビール青山紀子の極上生ビール!

今日は、2018年、今年のキリン生ビールアワードに輝いた、
名古屋市港区にあります「でら豚屋」をご紹介します。



「でら」というのは、名古屋弁ですごい!という意味で、  
すごい豚屋さんという意味ですね。こちらでは、豚の珍しい 部位もいろいろいただけるようなんですよね。  

2年前に知り合いからお店を譲り受けて、今は坂野友哉(ゆうや)さん、桃子さん
ご夫婦が 経営されています。

おすすめを伺うと、やはり、 豚の串だそう。
珍しい内臓系が充実しています。ちくわという大動脈の血管、コリコリして美味しい。
その他、しろという大腸も人気があるんですよ、とのこと。  

このほか、豚ハラミ、レバーなども人気で、1本130円~  140円ぐらいでいただけます。  



こうした豚串にあうのが、やはり生ビール!!ですよね。  
こちらは、キリンラガーの生ビールが入っていました。  

美味しいビールの秘訣は、やはり徹底した洗浄も重要ポイント です。
でら豚屋さんでは、食器とグラスは必ず分けてあらい、
グラスは、一度洗って、もう一度強力な洗剤でさらに洗い、  
最後はお湯でしっかり洗い流すのを心がけているようです。  

そして、注ぐときも泡のところに気泡が入らないようにクリーミーな泡となるよう、じっくり注ぎ、
泡も少し盛り上がるくらいに注ぐそうです。  



お客さまからこのビール美味しいよね~といわれると本当にやる気が出るとのこと。  

私もいただきましたが、いわゆるビールらしい、
コクや苦味が本当に心地よくて、のどごしも良くて、ゴクゴクいってしまいました。
お料理がほしくなるビールですね~。    

 



こちらの「でら豚屋」さんのもう一つの特徴は、
店内が、カウンターと、カウンター以外の席も第2カウンターのように、
大将たちがいる方向に向いた席づくりがなされているので、
お店のどの位置に居てもカウンターの奥のご夫婦とお話ができるんですよね。    

非常にアットホームな雰囲気のようですよ、奥様の桃子さんによると、
客層がいいので、毎日仕事じゃないくらい楽しい。    
常連さんは多い人で週5回ぐらいくる。家に帰ってくるみたいな感覚。
みんながみんな楽しんでもらっているみたいで、家族みたい。あたたかいですよ、とのこと。    
 



お客様は20代から70代までみんなが仲良しだそうで、常連以外は入りずらいかな?と思いましたら      
「お客さんがお客さんに声をかけて、みんなを常連にしていってくれる」そんなお店だそう。
あるとき、こんなこともあったそうです。      

こちらのご夫婦めったにケンカしないのですが、10年に一度というくらいの大ゲンカがあった時は、
大将1人で営業されていたようで、その間、お客さんから、奥さんにメールや電話で、      
「ももちゃん、どうしてる?大将大変そうだよ~。」といって、世話を焼いて、
お客さんが仲直りさせてくれたこともあったそう。      
 



お店を中心に温かい「でら豚屋ファミリー」の輪が出来ているようですね。  
そんなお客様の結束もあったからでしょう、2018年にキリンうまい生ビールアワード、  
お客様目線で選ぶ、うまいビールコンテストで、見事受賞されました。      

ビールは1杯480円。      
人情にふれるビール、ぜひ味わってみてください。      
 



お店の場所は、港区のアピタ、ポートウォークみなとの            
すぐ近く 港区甚兵衛通1丁目です。        

◆でら豚屋
名古屋市港区甚兵衛通1丁目3-1
052-382-3825



さて、「青山紀子の極上生ビール!」2018年度の放送は、 いったん今日の放送で一区切りとなります。        
   
また今後 お耳にかかる機会が持てるよう、スタッフ一同頑張って参りますので、        
その際には引き続き、よろしくお願いします。