立浪和義のキャッチボールRADIO

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

立浪和義のキャッチボールRADIO
毎週月曜日18:35~18:50頃(「井田勝也のドラゴンズステーション」内)
[ 番組 ] コーナー紹介 / パーソナリティ紹介
番組へのお便りはこちら
メール:メールはこちら
メッセージボード:メッセージはこちら

9月の番組プレゼントのお知らせ お知らせ

番組にメッセージをお寄せいただいた方の中から、今月は大野投手のフェイスタオルを

2名にプレゼントします。

番組紹介 番組紹介

ミスタードラゴンズ・立浪和義が思いのまま、たっぷり語る15分。

野球解説
先週の戦いを振り返って・監督や選手の横顔 など


現役時代
今だから話せるあんな話やこんな話

趣味日常
ゴルフ談議・食事 など

野球教室
子どもたちから寄せられた質問に答える など  

プロフィール パーソナリティ紹介


立浪和義(たつなみ かずよし)

1969年8月19日生まれ、大阪府摂津市出身。
87年PL学園高等学校の主将として甲子園春夏連覇の快挙を成し遂げる。
同年ドラフト1位で中日ドラゴンズに入団。1年目に開幕戦から先発出場し、レギュラーとして活躍。新人王(高卒1年目の受賞はセ・リーグの野手初)とゴールデングラブ賞(高卒新人としては初)を受賞。
その後もチームの中心選手として活躍し「ミスタードラゴンズ」と呼ばれる。
2003年には通算2000安打を、05年には二塁打の日本新記録を達成。
07年オフより打撃コーチを兼任、09年に引退するまで22年間中日一筋でプレー。 チームの顔として幅広い世代のファンから絶大な支持を得る。
13年に第3回WBC日本代表の打撃コーチを務める。19年、野球殿堂入り。
通算成績は、2586試合出場、打率.285、2480安打、171本塁打、1037打点。487二塁打は日本プロ野球記録。ベストナイン2回、ゴールデングラブ賞5回受賞。
現在は、野球解説者として野球界の発展や後進の育成に力を注いでいる。

【主なタイトル】
・新人王(88年)
・ベストナイン(96年-二塁手・04年-三塁手)
・ゴールデングラブ賞(88年-遊撃手・95年~97年-二塁手・03年-三塁手)
・オールスターゲーム選出11回 (ファン投票3回、88年-遊撃手・96年-二塁手・ 98年-外野手)




多田木亮佑(ただき りょう)