TOKYO UPSIDE STATION

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

2020年12月26日630 『ダイバーシティ&インクルージョン』 Road to 東京オリンピック・パラリンピック


 

今回は東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 

総務局 人事部 人事制度課 ディレクターの茅和子(かや かずこ)さんに

東京2020大会のダイバーシティ&インクルージョン」について教えていただきました。

 

「ダイバーシティ」は「多様性」、

「インクルージョン」は「包括・包含」「受け入れる・活かす」という意味を持ちます。

要は、いろいろな人がいることを理解し、認め合いましょうということです。

 

東京大会における3つの基本コンセプトに

全員が自己ベスト」「多様性と調和」「未来への継承」があります。

 

この中の「多様性と調和」を実現するにはダイバーシティ&インクルージョン

推進することが必要で、D&Iは大会ビジョンの実現に不可欠な要素といえるのだとか。

(ダイバーシティ&インクルージョンの略がD&Iです)

 

世界中の人々が集まる東京2020大会で、多様性と調和の重要性を改めて認識し、

共生社会をはぐくむ契機となるように実行していきたいとお話いただきました。

 

「Know Differences, Show Differences.ちがいを知り、ちがいを示す」

という言葉をアクションワードとし、多様な人材がお互いのちがいを理解し合い、

誰もがいきいきと活動できる環境を作る。アスリートや観客など大会に訪れる

すべての人が安心して楽しむことができる、そんな環境をつくっていくために

大会の準備や運営を行っているそうです。

 

大会組織委員会の職員が「D&I」を理解するために作った「ハンドブック」には

ちがい」を4つに分類してまとめているそうです。

 

1つは「文化」のちがい。

大会にはあらゆる国籍、文化、民族、宗教的背景を持った人々が来ます。

 

2つ目は「」のちがい。

「LGBTQ」などメディアでもとりあげられていますが、

「性」は全ての人に関わりがあることです。

 

3つ目は「世代・ライフステージ」のちがい。

幼児、子ども、若者、中高年、高齢者と様々な世代があり、

また同じ世代でも妊娠中の方、子育てや介護をしている人など

様々なライフステージがあります。

 

4つ目は「心身機能」のちがい。

「障がい者と健常者」をイメージするかもしれませんが、

「右利き・左利き」「足の速さ」「視力の良さ」なども心身機能のちがいです。

 

組織委員会は200以上の企業、自治体、おおよそ30の国籍の

多種多様な人たちが働いています。2016年からワーキンググループを結成し、

D&Iを推進するには何が必要か、D&Iとは何かを考えてきたのだとか。

 

障がいのある職員が講師になって研修を行うなど、理解を深めてきたそうです。

 

また、組織委員会はLGBTが安心して働ける職場環境を評価する

「PRIDE指標2020」において、2019年から2年連続でゴールドを受賞しているそうです。

 

私たちが手に取れる公式グッズとして、

「D&I」ピンバッチや指文字をデザインしたTシャツなど

「D&Iコレクション」として販売されていますので、こちらもチェックしてみてください!!

 

私たち一人一人がD&Iを意識して生活すること、

困っている人がいたら声をかけてみるなど、

一つ一つの行動がこれからのD&I向上につながると思います。

 

また、東京2020公認プログラムとして、今年の10月11日、

常設の総合LGBTQセンター「プライドハウス東京レガシー」が

東京の新宿御苑にオープンしました。

 

ここではLGBTに関する情報発信を行ったり、相談にも乗ってくれます。

どなたでも気軽に入れるところなんだとか。

 

さんは「ダイバーシティ&インクルージョンが当たり前のことであれば、

D&Iの推進に戦略なども必要がありません。「やらなければならない」ということは、

それが実現できていないということ。私たち一人一人が社会の中で繰り返し、

考え、実践していけば、D&Iを推進する必要はなくなります。

オリンピックパラリンピックはその「契機」になりたい。そう思っています。」

とお話くださいました。

 

今日は、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

茅和子(かや かずこ)さんにお聞きしました。ありがとうございました。

 

さんが着ていらっしゃったスカジャンがとってもかっこよかったので、

背中も見せていただきました!!(東京2020公式オンラインショップで購入できるそう!!

 




 

さん!!色々なお話、ありがとうございました!!

 

2020年11月28日630 『東京2020復興のモニュメント』 Road to 東京オリンピック・パラリンピック


 

今日は、東京オリンピック・パラリンピックの話題をお送りしました。

東京2020復興のモニュメント」についてお話をうかがいました。

 

お話をきいたのは、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 

企画財務局 アクション&レガシー部 アクション&レガシー課課長代理

寺田大資(てらだ だいすけ)さんと、同じくアクション&レガシー課の

菅野佳裕(すがの よしひろ)さんです。

 

東京2020復興のモニュメント」プロジェクトとは、

被災地と世界を結びつけ復興を後押しすることを目的とし、

東京2020組織委員会が、東京都、東京藝術大学、岩手県、

宮城県、福島県、株式会社LIXILと連携・協力して行うプロジェクト。

 

被災地からは、復興に際し世界中からご支援いただいたことへの

感謝の気持ちと共に、東京 2020 大会に出場する選手への応援の気持ちを伝え、

世界からは、大会に出場した選手を応援いただいたことへの感謝や、

スポーツが生み出す感動や力を被災地に届けるという

双方向の交流を、モニュメントを通じて行うものです。

 

被災地からのメッセージを載せたモニュメントを、大会期間中に

多くのアスリートが目にする場所に設置して、メッセージを世界に届けます。

 

大会終了後は、そのモニュメントにアスリートのサインを載せて、

東京2020大会のレガシーとして、被災地に移設するということなんです。

 

復興に関して大会のレガシーとなるようなものについて検討していた際に、

大会パートナーに広く声をかけたところ、株式会社LIXILから仮設住宅の

アルミをぜひ使用して、とお話しがあり、被災された方の思いが詰まった

再生アルミがモニュメントに姿を変えて、想いをつないでいければ、

というところから、プロジェクトがスタート。

 

2019年7月に、LIXILの協力のもと、東日本大震災での役割を終えた

仮設住宅の窓などのアルミ建材を回収し、再生アルミにしたそうです。

 

そして、東京2020大会大学連携プログラムにも参画している

東京藝術大学の学生と被災地の中高生が協働し、モニュメントのデザインとメッセージを、

それぞれ岩手県、宮城県、福島県でワークショップを開催し作成。

 

ワークショップでは東京藝術大学の学生による複数のデザイン案の中から、

80人から100人の中高生が話し合いそれぞれの県のモニュメントのデザインを決めました。

東京藝術大学の学生が制作し、完成に近い状態で保管されています。

 

モニュメントの高さは概ね2メートル。

福島県のデザインは柔らかいイメージの「顔はめモニュメント」、

宮城県と岩手県はカットされた宝石をモチーフとした「ダイヤのデザイン」です。

 

顔はめモニュメント」は、全体が白色で上部が応援団の人が腕をクロスしたような形状。

真ん中が顔をはめられるよう空洞になっています。

 

ダイヤのモニュメント」は、全体がアルミの銀色をベースにしつつ、

カラフルなプレートがとても鮮やかな印象です。

 

皆さんのメッセージがカラフルなプレートに刻まれているのですが、

そのメッセージが世界に向けていたり、地元色があったり、とても素敵なんです!!

 

宮城と岩手は同じデザインですが、貼り付けられたプレートのメッセージと色が違うため、

それぞれ特色のあるモニュメントが完成しています。

私も各県に見に行きたくなりました。

 

12月1日に組織委員会公式ウェブサイトに、製作やプレートの設置の様子の

記事をアップロード予定だとか。こちらもチェックしてくださいね。

 

今日は、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 

寺田大資(てらだ だいすけ)さん、菅野佳裕(すがの よしひろ)さんにお聞きしました。

ありがとうございました。

 

2020年10月31日630 『パラリンピックを開催する意義』 Road to 東京オリンピック・パラリンピック


 

今日は、東京オリンピック・パラリンピックの話題をお送りしました。

 

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 

パラリンピック ゲームズオフィサーの中南久志さんに

「パラリンピックを開催する意義」についてお話をお聞きしました。

 

様々な障がいのあるパラアスリートたちが創意工夫を凝らして

限界に挑むパラリンピックは、多様性を認め、誰もが個性や能力を

発揮し活躍できる公正な機会が与えられている場。

 

スポーツを通して培われたパラアスリートの「くじけない力」「前を向く力」は

そのパフォーマンスを見た人に勇気を与えてくれます。

 

現在、コロナ対策として政府・東京都・組織委員会が参加する会議体で、

選手の入国制限の緩和、選手村の感染防止策、コロナ陽性反応が出た

場合の対応策などを検討中です。

 

障がいに応じた対策も必要だとか。

呼吸機能が弱いパラリンピアンは感染すると肺炎が

重症化する恐れがあります。また視覚に障がいのある

アスリートは初めての会場でソーシャルディスタンスを保って行動するのは困難です。

個々にあった対策が必要なわけですね。

 

私たちがパラリンピックをより楽しむためには、選手や

競技を事前に知っておくことが大切です!!

「選手を事前に知っていれば、大会時にその選手の凄さを

より身近に感じるのではないでしょうか。」と中南さん。

 

最近では『ライジング・フェニックス: パラリンピックと人間の可能性』

というドキュメンタリー映画が注目されています。

テレビコマーシャルでもパラアスリートを目にする機会が増えましたよね。

 

今日は中南さんに「5人制サッカーボール」のボールを

お持ちいただきました。(写真で川島が持っているボール)

ボールは動くと音が出るようになっています。

この音をもとにゴールにむかっていくわけですね!!

 

選手のダイナミックな動きに、皆さんびっくりされるはずです!!

動画で「5人制サッカーボール」が見られるものもありますから、

ぜひ見てみてください!!

 

さらに今日は中南さんが注目をしているパラリンピックの選手に

ついて教えていただきました!!

 

◎米国の車いすランナー「タチアナ・マクファデン」選手。

史上初の陸上女子T54クラスで100mからマラソンまで、

種目7冠を目指す超人です。

 

◎イランの車いすのアーチェリー選手「ザハラ・ネマティ」選手。

パラリンピックのみならず、なんとオリンピックにも出場!!

 

◎ドイツの走り幅跳び、義足のジャンパー「マルクス・レーム」選手。

14歳でひざ下を切断。ブレードを付けて8メートル48センチも飛ぶ。

14年にドイツ陸上選手権に出場しオリンピアンら健常の選手を抑え

義足選手として初めて「ドイツ王者」に。「義足が有利なのでは」という声も

あったが、反発力を高めると義足のブレードはとても硬くなるため、

それを制御する筋力を鍛え上げないと使いこなせないのだとか。

 

多くのパラアスリートが、その競技にはまった魅力、トレーニングの工夫などを

ソーシャルメディアで積極的に発信しています。

 

Instagramなどで練習風景をチェックするなど、

選手の事をより知ると、競技を見るのも楽しみになりますよ!!

 

「来年の夏、5年かけて自己ベストを目指してきた彼らの到達点を、

みなさんと一緒に見守りたいです。」と中南さん。

 

素敵なお話をありがとうございました!!

 

今日は、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 

パラリンピック ゲームズオフィサーの中南久志さんにお聞きしました。

 

2020年9月26日630 『大学連携プロジェクト』 Road to 東京オリンピック・パラリンピック



今日は東京オリンピック・パラリンピックの話題をお送りしました。

お話をうかがったのは、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

総務局 総合調整部 総合調整課の石田卓也さんです。

 

「大学連携プロジェクト」についてうかがいました。


東京2020組織委員会と全国の大学・短期大学が連携し、学生の皆さんの

活躍を支えに東京2020大会を成功に導くために取り組んできたプロジェクト。

 

現在810校が「連携大学」となっており、オリンピック・パラリンピック教育の

広がりに繋がる講座の開講や、学生さんとのイベント開催などを

行っているそうです。

 

現在は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため多くの大学で

対面授業が行われていない状況を踏まえ、今年の6月23日から

「出張講座プログラムonline」を実施しているそう。

 

立候補により選出された東京2020組織委員会の職員が講師として、

「オンライン授業」を行うそうで、現在25の講座があるとか。


内容はオリンピック・パラリンピックの理念や意義を学んだり、

東京2020大会が目指すものを通じて、将来の社会問題を

考える機会となるものなんだとか。


また、多様な職歴やスキルをもった人材が集まる

東京2020組織委員会の職員ならではの今後のキャリア形成の

ヒントを見つけてもらえるような内容があるそうです。

 

現在オンライン講座は、関東を中心に福岡、大阪の大学からも連絡がきているそう

です。東海地方の学生の皆さんももちろん受けられます!!

 

お話を聴いて興味を持った大学関係者のみなさん、

申し込みは各大学に資料として送られている募集要項を見るか、

コールセンター東京2020お問い合わせ窓口0570-09-2020にお電話ください。

 

「学生の皆さんからの新しいアイデアやアクションで、

一緒に大会を成功に導いてもらいたい。」とメッセージをくださった石田さん。

素敵なプロジェクトを教えていただき、ありがとうございました!!

 

2020年8月29日630 『東京2020 Let's55』 Road to 東京オリンピック・パラリンピック

 

今日は『東京2020 Let's55』の新プロジェクトについてお話をうかがいました。

詳しく教えてくださったのは、東京オリンピック・パラリンピック競技大会

組織委員会広報局事業部観客の経験課、櫻井優子さんです。

 



 

『東京2020 Let’s55』は東京2020オリンピック・パラリンピックの

全55競技を体験できるプロジェクト。


新たな企画は「東京2020 Let’s55 The Virtual Experience」という、

アスリートの目線で撮影したVR動画の配信に向けて、

パワーリフティングや水泳競技の飛び込み、

水球などを撮影し準備を進めているそうです!!

 

デジタルの世界を通じてアスリート視点から

リアルな景色を体感できるという企画。

 

来年の東京2020大会に向けて前向きに努力を

続けているアスリートの想いやその姿届けてくださるとのこと。


実際に制作途中のVR動画を見せていただきました!!

 

パソコンではカーソルを動かし、携帯電話では見たい方向に動かすと、

画面が変わっていきます。

 

放送を聴いていただいた方はわかるかと思いますが、

この映像がとにかくすごいんです!!

 

臨場感が伝わりますし、選手の息遣いまで聞こえてきます。

選手と同じ目線で競技を見たり、俯瞰で見たり。

繰り返し見たくなる映像でした!!


撮影は特別なカメラで360°で撮影されたそうです。

カメラを選手の頭や胸につけ撮影。

 

「パワーリフティング」では選手の表情が見えるよう

バーベルのバーにもカメラを付けるなどして、

様々な角度から撮影した映像を組み合わせているんだそうです。

 

出演するのは日本を代表するアスリートばかり。

 

こうやって競技を体感できると、競技のことをもっと知りたくなりますし、

選手のことも知りたくなります。

 

スマートフォンやパソコンから

東京2020公式YouTubeにアクセスすれば見ることができます。

(今後、配信される動画を見逃さないためには

チャンネル登録をしておいた方がいいかもしれません~)

 

東京2020公式ウェブサイトのトップページでも紹介される予定で、

公式ウェブサイト内のLet’s55ページからも見ることができるそうです。


今後も色々な選手の様子が配信される予定なんだとか。

水泳の飛び込みも配信予定だそうですよ。

飛び込み台の高さ、水に入る瞬間も体感できるなんて、わくわくしますよね!!

 

→その後、配信がスタートしました!!

10 月 6 日に公開されたのは・・・

 水泳(飛込) 安田 舞(やすだ まい)選手

https://tokyo2020.org/ja/news/news-20201006-01-ja

パラ水泳 木村 敬一(きむら けいいち)選手

https://tokyo2020.org/ja/paralympics/news/news-20201006-02-ja

さらに10月9日に公開されたのは・・・

パラパワーリフティング 奥山一輝選手

https://youtu.be/pvMZ7HmpqZM

10 月 12 日にはこちらが公開されました

テニス 内山 靖崇(うちやま やすたか)選手

https://tokyo2020.org/ja/news/news-20201012-01-ja

 

ぜひご覧ください!!

 

今日は、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

広報局 事業部 観客の経験課の櫻井優子さんにお聞きしました。

ありがとうございました。