TOKYO UPSIDE STATION

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

2019年8月25日710 【Road to 東京オリンピック・パラリンピック】 Road to 東京オリンピック・パラリンピック

 

パラリンピック開幕まであと1年ということで、

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

パラリンピック統括室長中南久志さんにお話をうかがいました!!

 



 

パラリンピック開幕まであと1年ということで、9月12日まで

「東京2020パラリンピック競技大会1年前キャンペーン」が開催されるそうです。

詳しくは「東京2020大会開幕まであと1年!「1 Year to Go!」」をご覧ください。

 

今日夕方には、パラリンピックの金・銀・銅メダルのデザインが公表される

そうですよ。また東京スカイツリーもパラリンピックのシンボルカラーで

ライトアップされるそうです!!

 

これまでもいろいろな学校に訪問してきたパラリンピック選手の皆さん。

目の前でプレーを見ると、子どもたちは感動し、競技のファンになるそう。

「I'm POSSIBLE」という教材も全国の小中高等学校、特別支援学校、

約36000校に配布されているそうです。

 

事前に競技のルールや選手を知っている方が応援にも力が入ります。

パラリンピック前にも各地で大会がありますから、ぜひお出かけください!!

 

12月19日~22日には愛知県豊田市総合体育館で

「第21回日本ボッチャ選手権大会」が開催されます。

 

中南さんに注目選手についても教えていただきました!!

・競泳の木村敬一選手

・陸上、走り幅跳びのマルクス・レーム選手

・車いすテニスの国枝慎吾選手

・車いすテニスの上地結衣選手

・陸上の佐藤圭太選手、芦田創選手、村岡桃佳選手

などなど・・・皆さんも応援したい選手を探してみましょう!!

 

パラリンピックのチケット抽選は始まっています。

8月22日~9月9日午前11時59分まで。

視覚に障害のある方はウェブサイトからの申込みがしづらいのでは

ということで、専用のコールセンターを設け、スタッフが代行入力する仕組みも

あるそうです。

 

パラリンピックはオリンピックと比べかなりお求めやすい価格設定になっているんだとか。

学校単位で購入可能なチケットもあるそうです。

 

会場や環境整備にも力を入れているパラリンピック

皆さんにとっても忘れられない大会になりますように・・・!!

 

中南さん、ありがとうございました!!

 

次回の「Road to 東京オリンピック・パラリンピック」は

9月29日にお送りします!!

 

2019年7月28日710 【Road to 東京オリンピック・パラリンピック】  Road to 東京オリンピック・パラリンピック


 

今日の「Road to 東京オリンピック・パラリンピック」では

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会から

マーケティング局ブランド開発部田中盛朗さん、

ライセンシング部永野明子さん、飯沼ひかりさんに

おこしいただき、「東京2020マスコット」についてうかがいました!!

 

ミライトワとソメイティがデビューして1年。

これまで様々な地域の学校やスポーツイベントなどを

訪問して子どもたちと交流したり、いろんなスポーツを

覚えたりしながら、2人は成長してきました。

 

成長するにつれポーズのバリエーションも増えているということで、

競技ポーズのミライトワ、ソメイティもありますから、

チェックしてくださいね!!

 

7月22日からミライトワがオリンピックの全33競技に取り組む

アニメーションが公式ウェブサイトやSNSから見られるように

なりました。こちらもご覧くださいね!!

 

現在公式商品は約800点。

最近ではマスコットの競技ポーズを

あしらった商品も増えています。

 

ミライトワとソメイティの競技ポーズから

その競技に興味がわくこともあるかと思います。

ひとつひとつじっくり見てみてくださいね☆

 

東京2020まであと1年ということで、こんなグッズも!!

写真後方で田中さんと永野さんが持っているのが、

1年前記念商品のひとつ「1Year to Go! パタパタ応援ミライトワ」

「1Year to Go! パタパタ応援ソメイティ」です!!

こういった大会1年前を記念した限定商品も発売されていますから、

チェックしてくださいね!!

 

写真前列で飯沼さんと私がかぶっているのが

「フェイスキャップ」です!!公式の応援グッズの1つです。

 

グッズを身に着けると、気持ちも高まってきますよね。

会場でグッズを身に着け応援・・・と夢が広がりました。

 

グッズは公式オンラインショップの他、オフィシャルショップで

購入できます。また全国に34店舗の常設店も。

 

東海地方には名古屋駅前のビッグカメラ名古屋駅西店2階、

また期間限定で8月26日まで名古屋栄の松坂屋南館3階でも

オープンしています!!皆さんも近くでグッズを見てみてくださいね~!!

 

今日は「東京2020マスコット」についてお話しいただきました!!

ありがとうございました!!

 

「Road to 東京オリンピック・パラリンピック」

次回は8月25日にお送りします!!

 

 

 

 

2019年6月30日【Road to 東京オリンピック・パラリンピック】 Road to 東京オリンピック・パラリンピック

今日の『Road to 東京オリンピック・パラリンピック』は
オリンピックを『 観る 』のではなくて
自分もオリンピックに『 参加する 』お話です。

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
聖火リレー室 聖火リレー部長 山崎 太朗(やまざき たろう)さんに
《 東京2020オリンピック聖火リレー、ランナー募集 》
について伺いました。



今月、公式チケットの抽選結果の発表があって
「やった!当たった!観に行ける!」
「あ〜!秋の先着順販売で必ずゲットするぞ!」
と悲喜交々でしたよね。ちなみに私は全部外れましたけど(笑)
いよいよ《 近付いて来た 》と実感した方も多いと思います。

年が明けて、2020年3月20日には 聖火 がギリシャから日本に到着します。
その後『復興五輪』の趣旨を踏まえ、東日本大震災の被災地である
宮城県・岩手県・福島県の方々に『復興の火』をご覧いただきます。
そして聖火リレー は
『 Hope Lights Our Way/希望の道を、つなごう。』
というコンセプトのもと、3月26日に福島県を出発し
121日間という長い期間で、47都道府県を細かなルートで丁寧に回ります。
東海地方は、岐阜県 4月4日・5日
      愛知県 4月6日・7日
      三重県 4月8日・9日
それぞれ、どこの地域を通るのかは公式ウェブサイトで確認できます。
各地の見どころなども親切に書かれていて、想像が広がって楽しいですよ。

年末頃には、細かい詳しいルートまでわかるそうです。

もしかしたら、家のすぐ近くを 聖火 が通るかもしれませんよ!!

是非!この『東京2020聖火リレー』のランナーになって
オリンピックに 参加 しましょう!

幾つかの要件を満たしていれば、誰でも応募できます。
★国籍、障害の有無、性別不問。
★火を扱うので 、2020年度に中学生以上になる方。
★走行を希望する都道府県にゆかりのある方。 等々

あと、1名あたりの走行距離は約200mほどなので負担は少ないです。
それに、自分のペースでゆっくり走ってOK というのが嬉しいですよね!
グンとハードルが下がって、応募しやすくなっていますよ。
それに、東京2020オリンピック聖火リレー プレゼンティングパートナー4社 と
各都道府県実行委員会から応募可能で、最大5回応募できるんです!
応募しとくしかないでしょう!

各都道府県の応募内容は、それぞれのホームページで確認してくださいね。

ランナーに決定した方には、年末以降に連絡が行くようです。

ランナーになれなかったとしても、ルートを細かく考えてくださっているので
全国のほとんどの方は、聖火リレーを近くで見られるようになるそうです。
是非、沿道で、間近に見て盛り上がりたいですよね!!

そして、1日の終わりには、
聖火の到着を祝う《 セレブレーション 》が各地で行われます。
誰でも、聖火を灯すセレモニーなどを見られるので、ここでも盛り上がれそう!

オリンピックの理想 『平和』『団結』『友愛』を体現する 121日間。
日本がひとつになる、みんなの聖火リレーです。

近代オリンピックの父と呼ばれる クーベルタン はこう言いました。

「 オリンピックで重要な事は、勝つことではなく『参加する』ことである 」




2019月5月26日【Road to 東京オリンピック・パラリンピック】 Road to 東京オリンピック・パラリンピック

今日の『Road to 東京オリンピック・パラリンピック』は

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
広報局 広報部 国際広報担当課長 小倉大地雄(おぐらたつお)さんに
《スポGOMI》について伺いました。



とっても柔らかい雰囲気の小倉さんにピッタリな『地球に最も優しいスポーツ』のお話。

『スポGOMI』(スポゴミ)とは…約10年前に日本で生まれたスポーツです。
従来の《ゴミ拾い》に スポーツ のエッセンスを加えて《競技》へと変換させたもので
5〜6人のチームで、制限時間内に、定められたエリアで
《走ってはいけない》《ゴミ箱のゴミはダメ》などのルールを守ってゴミを拾い、
きちんと分別したゴミの質と量を、ゴミの種類別ポイントの合計で競います。

1994年に、国際オリンピック委員会は『スポーツ』『文化』に加え
『環境』をオリンピック精神の第3の柱にすることを宣言しました。
そこで、元々『スポGOMI』の活動を知っていた 小倉さん は、
スポーツを通して、環境への取り組みが可能なのでは!と、連携を思い立ち
2017年と2018年の 6月5日(世界環境デー)に
東京2020組織委員会が主体となり『スポGOMI』のイベントを実施しました。

今年の 6月5日 は、初の2か所同時開催をするそうで
セーリング競技会場の江ノ島を臨む『片瀬東浜海水浴場』
サーフィン競技会場の千葉県一宮町『釣ヶ崎海岸広場』
の2会場で行われるそうです。
両会場とも海岸なので、昨今、海洋汚染の原因の一つに挙げられている
『プラスティックゴミ』をポイントに入れているそうですよ。

ずっと先の未来まで綺麗な海が続くように、との願いも込められているんですね。
本当に『地球に最も優しいスポーツ』ですね。


小倉さんは
「オリンピックを通して、良い活動をされている方にスポットを当てられたら と思います。
来年も『スポGOMI』を予定しています。少しでも沢山の人に活動を知ってもらい
東京大会が終わった後も残っていくようにしたい。『スポGOMI』は、日本各地で行われているので、
お近くで行われる際には、是非参加してみてください」
と話されていました。

2020年の東京大会に向けて、よりクリーンな東京にしていく!のは勿論だと思いますが
その先も、もっと先の世代にも、良い環境・良い社会 が続いていくように
どこに住んでいようと《今、自分ができる小さなこと》を考える時かもしれませんね。

スポーツゴミ拾い『スポGOMI』は、そんなことを教えてくれました。
小倉さん、有り難うございました!


2019年4月28日 【Road to 東京オリンピック・パラリンピック】 Road to 東京オリンピック・パラリンピック

今日の『Road to 東京オリンピック・パラリンピック』は

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
マーケティング局 マーケティング部長 の 鈴木秀紀さん に
《東京オリンピック・パラリンピック 公式チケット》について、お話を伺いました。



今月18日に 東京2020公式チケット販売サイト が プレオープンしました。
そしていよいよ 5月9日 から 東京2020オリンピック観戦チケット の
抽選申し込み受付 が始まります!ワクワクしますね!

チケットの購入には《東京2020 ID》の登録が必要です。
皆さん、もう登録しましたか?まだの方は急いでください!
すでに登録者数は250万人を超えているそうですよ。モチロン私も登録しました!

登録したら、チケット販売サイト内の《競技情報》を見ながら
いつ、どの会場で、どの競技を、どの席で、いくらで観るか
ご家族やお友達と相談しながら、しっかり決めてくださいね。

抽選申し込み受付開始は 5月  9日(木)10:00〜
      受付終了は 5月28日(火)〜23:59

抽選は申し込みの順番とは関係ないそうですよ。
早い方が得かもって焦って申し込んだり、終了間際に駆け込みで申し込んだりがないように
20日間ある申し込み期間を有効に使いましょう。

抽選申し込み対象のチケットは3種類あります。
①一般チケット
②車椅子ユーザーチケット(車椅子ユーザーと同伴者1名)
③東京2020 みんなで応援チケット(12歳以下の子ども・60歳以上のシニア・障がいのある方
                 いずれかの方を1名以上含むグループ)

競技や会場、チケットの種類によって価格もいろいろですし、各セッションごとに
枚数の上限も決まっているので、ちゃんと確認してくださいね。
その他にも注意点が…
申し込み受付期間終了後の枚数変更やキャンセルはできません。
当選したすべてのチケットの代金を、一括で払わなければいけません。

「当たるかどうか分からないんだから、とりあえず上限枚数ギリギリまで申し込んじゃえ!」
という軽い気持ちの申し込みでも、もしかしたら、上限の合計 30枚 全部当たるかもしれません。
そうしたら、全額支払わなければいけないんです。しっかり考えて申し込みましょうね。

もしも当選後に行けなくなってしまっても、2020年の春から 公式チケット販売サイト に
定価で転売できる《公式リセールサービス》が登場するそうなので心配いりませんよ。

とにかく、何よりも大切なことは

『 絶対に非正規ルートで購入しない!!』

ということです。公式チケット販売サイト以外で購入したチケットでは入場できません!!
非公式のサイトでは、偽物や無効となったチケットが販売されるリスクもあります。
大会の公式チケット販売サイト以外からは、絶対に購入してはダメです!

鈴木さん も「せっかくのオリンピックが悲しい思い出にならないようにしてほしいです」
とおしゃっていました。本当にそうですよね。気をつけないと。


公式サイトで購入したチケットで会場に行き、世界最高のアスリートの最高のパフォーマンスを観戦し
みんなで《 奇跡の瞬間を作る一人 》になりましょう!


私たちに《 一生の財産となるような感動とエキサイトメント 》を届けるために
日夜、準備を進めてくださっている 鈴木さん スタッフの皆さん ありがとうございます!!

まずは TOKYO2020 ID の登録。そして、5月9日から始まる 観戦チケット抽選申し込み ですね。