TOKYO UPSIDE STATION

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

2021年3月27日630『東京2020』『大会時の輸送と交通』 Road to 東京オリンピック・パラリンピック


 

今日は、東京オリンピック・パラリンピックの話題をお送りしました。

 

今回は東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 

輸送局輸送企画部長の齋藤 勝久(さいとう かつひさ)さんに

「大会時の輸送と交通」についてお聞きしました。

 

大会が開催されると、オリンピック・パラリンピックの選手の皆さんは、

東京の晴海にある「選手村」に滞在します。試合の時は、北海道から

静岡まで広がる各競技会場や空港への移動があります。

 

輸送規模については、オリンピックで約2万人、パラリンピックで約9千人

選手の移動があると想定して輸送計画を検討しているそうです。

すごい規模ですよね!!

 

また、大会を支える関係者として、IOC、IPC、審判、

大会スタッフ、メディア、スポンサーなどの移動が、

選手の数以上に見込まれているとか。

 

大会関係者は、専用のバス、専用の乗用車で移動。

観客は鉄道や駅が会場から遠い場合はシャトルバスで移動するそう。

 

大都市東京でオリンピック・パラリンピックを開催するためには、

選手などの大会関係者を安全で円滑に輸送することだけでなく、

経済活動を維持することも必要。この2つを実現するために行う

様々な手法を交通マネジメント」と言うそうです。

 

交通マネジメントは3つの柱で成り立っています。

・1つめは「交通需要マネジメント」略してTDMです。

2012年のロンドン大会でも行われました。

道路の交通量や鉄道の需要をできるだけ落とす、もしくは分散させるため、

「テレワーク」や「時差出勤」、さらに移動の際に競技会場周辺を避ける

「う回」などを呼びかける取組みです。

 

・2つめは、「料金施策」です。ロードプライシングと言われています。

関係者輸送ルートが設定されている首都高速道路において、

昼間の時間帯の交通量をおさえるために、通行料の夜間割引と

日中料金上乗せを行うものです。(つまり夜走ればお得ってことですね!!)

 

・3つめは「交通システムマネジメント(TSM)」。

TDMの取組みを行ってもなお、大会関係者を輸送するルートで

交通量が減らない場合に、関連する高速道路のインターチェンジの入口を

あえて閉鎖したり、料金所で車線数を減らしてみたり、そういうことを道路の

状況を監視しながらリアルタイムで行って渋滞させないようにする

ダイナミックなコントロールが行われます。

 

大都市東京でこれだけ大掛かりな取組みを行うのは初めてのことだとか。

首都高速は1日に約100万台の車が走っていますが大会が始まるとさらに10万台

増えると考えられています。そこで大会時には、車の交通量を30%減らすことを

目標にしているそうです。

 

関係者輸送ルートは、オリンピック・パラリンピック・ルート・ネットワークと呼んでおり、

選手村、競技会場、空港等を結ぶルートです。東京2020大会の競技会場は、

北海道から静岡県まで広がっています。ですから、このルートは、首都高だけでなく、

静岡県であれば東富士五湖道路や修善寺道路にも設定されています。

また、会場周辺の一般道路にも設定されているそうです。

 

この関係者輸送ルートには目印があります。

(写真で川島が持っているマークです。)

 

桜色のバスマークにアルファベットでTOKYO2020と描かれた看板が、ルートの目印です。

東京周辺の高速道路にはすでに設置されています。

 

会場周辺の一般道路にも、これから同じ看板が設置されていくそうです。

さらに一部の区間では、看板だけでなく、路面表示を設置するところもあるそうです。

 

この桜色のバスマークは、「オリンピック関係者が通りますよ。

選手がバスに乗って走りますよ」というサインですので、選手が試合に遅れないよう、

私たちも一定の配慮をしたいですね。

 

交通対策について詳しく知りたい場合はこちらをご覧ください。

https://tokyo2020.org/ja/news/transportation-notice/

 

東京2020大会公式ウェブサイトにアクセスすると、

ページの下の方に「お知らせ欄」があります。

その中に「交通規制」という項目がありますので、こちらをご覧ください。

 

最後に齋藤さんからメッセージをいただきました。

 

「東京2020大会で、選手たちが最高のパフォーマンスを行い、

世界中にスポーツのすばらしさと感動を伝えるためには、皆さまのご協力が不可欠です。

選手たちが会場まで安全、円滑に移動できるように、テレワークや休暇を取得していただき、

なるべく車を使わないことや、車を使う場合は、桜色のバスマークのルートを避けた移動に

ぜひご協力をお願いいたします。」

 

齋藤さん、ありがとうございました。

 

2021年2月27日630『東京2020教育プログラム』 Road to 東京オリンピック・パラリンピック


 

今回は東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

企画財務局 アクション&レガシー部  教育チームの 

塩見絢子さんと山本真実さんに「東京2020教育プログラム」について

お話をお聞きしました。(写真では「東京2020オリンピック・パラリンピック競技図鑑」を

持っています~!!川島は前回ご紹介した東京2020公式ライセンス商品です!!)

 

「東京2020教育プログラム」とは東京2020大会が子供たちにとって

かけがえのない財産となるように、組織委員会が全国の学校や

関係団体と連携して、「ようい、ドン!」という名前で展開しているもの。

 

オリンピック・パラリンピックを通して、チャレンジ精神やフェアプレイ精神などの

スポーツの価値を理解したり、障害のある方や海外の文化など多様性に関する

理解を深めたり、国際社会や地域社会の活動に関心をもっていただくことを目的としています。

 

「ようい、ドン!」スクールとは教育プログラム「ようい、ドン!」の軸となる取組で、

オリンピック・パラリンピック教育を実施している学校を「ようい、ドン!」スクール

として認証しています。全国の幼稚園、こども園、小学校、中学校、高等学校、

特別支援学校などを対象としています。

今年2月1日時点で全国約19,000校、愛知・岐阜・三重・静岡では1816校が

「ようい、ドン!」スクールになっているということです。

 

「ようい、ドン!スクール」では、体育や図工の授業、総合的な学習の時間や

行事の機会などを活用して取り組んでいるそう。内容も、オリンピック・パラリンピックの

教材を使うものから、競技体験、アスリートとの交流、日本の伝統文化の学習や

世界の国々について学習するなど様々。

 

学校の先生が授業に取り入れるにあたって、負担の無いように、

特設サイトで教材、指導案、動画等を用意しており、だれでも

自由に無料でダウンロードできるようになっているとか。

 

昨年から今年にかけて、教育現場の環境が大きく変わり、

「ようい、ドン!」もそれに寄り添う形で新たな取り組みをされているそう。

 

特に昨年からは、授業でも自宅学習でも活用できる教材を中心に開発。

今日は最新の教材についても紹介いただきました。

 

今年1月に小学生向けの「東京2020オリンピック・パラリンピック競技図鑑」

追加されました。東京2020オリンピック・パラリンピック全競技の中から、

自分で興味のある競技を調べ、ルールや見どころを学びながら

世界に一つだけの競技図鑑を作っていく学習用コンテンツです。

図鑑を作成する過程で、いままで知らなかった

競技にも興味を持ち、知ってもらうことがねらいなのだとか。

 

競技一覧は、ミライトワとソメイティが競技をしているイラストと競技名が

一覧になっています。調べる競技をこの一覧をみながらきめて、

調べたい競技には〇を付けられるようになっています。

 

調べたい競技をえらんだたら、次に競技図鑑シート印刷します。

ここには、ルール、気づいたこと、そして自由にメモにかくことができる構成になっています。

 

自由メモには例えば、好きな選手について書いたり、絵を描くこともできるようになっています。

 

オリンピックは33競技、パラリンピックは22競技あるので、

学校では学年、クラスで取り組んだり、また家庭では夏休みの宿題とし

大人も一緒にみんなで楽しめる内容になっています!

 

「図鑑を作成した後は、調べた競技を観戦して、振り返りシートに

感想を書きこんで、思い出として残してほしいです。」とお話いただきました。

 

「東京2020オリンピック・パラリンピック競技図鑑」

東京2020公式WEBサイトの「Tokyo 2020 for KIDS」(子供向け特設ページ)から

ダウンロードできます。「オリンピック競技図鑑」、または「パラリンピック競技図鑑」で

検索してみてください。「Tokyo 2020 for KIDS」のウェブページは、

東京2020大会の概要、東京2020オリンピック・パラリンピック競技について

動画などでテーマごとに分かりやすく紹介されています。

このページも見ながら、競技について調べ、図鑑制作に取り組んでみてください!

 

「Tokyo 2020 for KIDS」のページは他にも、粘土で「ミライトワ」と「ソメイティ」を作る動画や、

ボッチャのボールを作る動画なども紹介しています。

 

先生方向けの教材などについては、Tokyo 2020 for KIDS」(学校・教育委員会向けページ)に

掲載されていますので、そちらをご覧ください。

 

「私たちは学校や家庭の中で「オリンピック楽しみだね!」、

「パラリンピック見てみたい!」といった会話が生まれ、

子供たちにとって大会が生涯の思い出になるよう思いをこめて、

ようい、ドン!を進めていきます。皆さんで楽しく学んでいただける

さまざまなコンテンツを準備していますので、ご活用いただけたら嬉しいです。」と

お2人からメッセージをいただきました。

 

塩見絢子さん、山本真実さん、ありがとうございました。

 

2021年1月30日630『東京2020公式ライセンス商品』 Road to 東京オリンピック・パラリンピック


 

今回は東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

マーケティング局ライセンシング部ライセンシング課ディレクター

永野明子(ながの めいこ)さんと、同課ディレクター

東明玲子(とうめい れいこ)さんに「東京2020公式ライセンス商品」

ついてお話をお聞きしました。

 

「東京2020公式ライセンス商品」の中の「伝統工芸品コレクション」

新商品が追加されました。また、1月18日から新たに「オリンピックへリテージコレクション」

登場、ということで、この2つについてお話をお聞きしました。

 

「東京2020公式ライセンス商品」伝統工芸品コレクション」

東京2020大会のイメージ及びアイデンティティと、日本各地の

文化・伝統・技術を反映した高い品質の商品。

大会が延期になってしまいましたが、引き続き販売が

続けられることを前向きに捉えて商品数を増やしてきたそうです。

 

東海地方の伝統工芸商品は現時点では合計20アイテム。

愛知県・三河木綿のショッピングバッグ、三重県・萬古焼の蚊やり豚、

岐阜県・関の刃物・岐阜提灯のちょうちん風ハットをご紹介いただきました。

今後も新商品が登場予定とのことなので、楽しみに待ちたいですね。

 

1月18日から発売されている「オリンピックへリテージコレクション」

IOCが管理するライセンスプログラムで、過去大会のエンブレムや

アートポスター、マスコット等を商品化することで、オリンピック競技大会の

豊かなアートとデザインの歴史を表現しています。

 

今回は日本国内で開催された過去大会のアイテムを販売開始。

 

東京 1964 大会のエンブレムやピクトグラムなどのデザインを施した

ピンバッジ、ブックカバー、エコバッグ、マフラータオル、ピンブローチのほか、

東京・札幌・長野で行われた3 大会をセットにした額装ピンズコレクション、

またこれまでに開催された全ての過去大会の公式ポスターを集めた

ポスター全集など、全 15 種を展開。

 

「額装ピンズ」は国内で開催された過去大会、

東京1964年大会、札幌1972年大会、長野1998大会の

3つの大会のエンブレムとポスターをピンバッジに。

そこにオリンピックヘリテージロゴのピンバッジが加えられた4個セットです。

 

「大和綴じポスター全集」はこれまでの全てのオリンピック公式ポスターが

収められている書籍です。日本古来の伝統技術である「大和綴じ」を採用しており、

書籍を末永く守り続けてくれる伝統的な四方帙(しほうちつ)という入れ物で

保存しているので、永久保存版的な本になっています。

日本古来の技術とオリンピックのアートが融合した文化財のような仕上がりの商品です。

 

「天然メノウ カメオピンブローチ」は天然のメノウを使用し、

東京1964大会のエンブレムを表現したピンブローチです。

カメオに使用できるメノウは1%しかないと言われていて、とても貴重。

またカメオを製造できるマイスターも世界に20人しか存在しておらず、

今回ドイツと日本のマイスターが力を合わせて製造しました。

 

過去大会を知っている方も、知らない若い方々にも響く商品コレクション。

皆さんが使いやすく伝統を思い出させるような商品になっています!!

 

「伝統工芸品コレクション」「オリンピックヘリテージコレクション」

東京2020オフィシャルオンラインショップや、

東京2020オフィシャルショップなどで購入できるということです。

(お店に行かれる方は、事前にアイテムがあるか確認してくださいね!!)

 

永野明子さん、東明玲子さん、ありがとうございました。

 

2020年12月26日630 『ダイバーシティ&インクルージョン』 Road to 東京オリンピック・パラリンピック


 

今回は東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 

総務局 人事部 人事制度課 ディレクターの茅和子(かや かずこ)さんに

東京2020大会のダイバーシティ&インクルージョン」について教えていただきました。

 

「ダイバーシティ」は「多様性」、

「インクルージョン」は「包括・包含」「受け入れる・活かす」という意味を持ちます。

要は、いろいろな人がいることを理解し、認め合いましょうということです。

 

東京大会における3つの基本コンセプトに

全員が自己ベスト」「多様性と調和」「未来への継承」があります。

 

この中の「多様性と調和」を実現するにはダイバーシティ&インクルージョン

推進することが必要で、D&Iは大会ビジョンの実現に不可欠な要素といえるのだとか。

(ダイバーシティ&インクルージョンの略がD&Iです)

 

世界中の人々が集まる東京2020大会で、多様性と調和の重要性を改めて認識し、

共生社会をはぐくむ契機となるように実行していきたいとお話いただきました。

 

「Know Differences, Show Differences.ちがいを知り、ちがいを示す」

という言葉をアクションワードとし、多様な人材がお互いのちがいを理解し合い、

誰もがいきいきと活動できる環境を作る。アスリートや観客など大会に訪れる

すべての人が安心して楽しむことができる、そんな環境をつくっていくために

大会の準備や運営を行っているそうです。

 

大会組織委員会の職員が「D&I」を理解するために作った「ハンドブック」には

ちがい」を4つに分類してまとめているそうです。

 

1つは「文化」のちがい。

大会にはあらゆる国籍、文化、民族、宗教的背景を持った人々が来ます。

 

2つ目は「」のちがい。

「LGBTQ」などメディアでもとりあげられていますが、

「性」は全ての人に関わりがあることです。

 

3つ目は「世代・ライフステージ」のちがい。

幼児、子ども、若者、中高年、高齢者と様々な世代があり、

また同じ世代でも妊娠中の方、子育てや介護をしている人など

様々なライフステージがあります。

 

4つ目は「心身機能」のちがい。

「障がい者と健常者」をイメージするかもしれませんが、

「右利き・左利き」「足の速さ」「視力の良さ」なども心身機能のちがいです。

 

組織委員会は200以上の企業、自治体、おおよそ30の国籍の

多種多様な人たちが働いています。2016年からワーキンググループを結成し、

D&Iを推進するには何が必要か、D&Iとは何かを考えてきたのだとか。

 

障がいのある職員が講師になって研修を行うなど、理解を深めてきたそうです。

 

また、組織委員会はLGBTが安心して働ける職場環境を評価する

「PRIDE指標2020」において、2019年から2年連続でゴールドを受賞しているそうです。

 

私たちが手に取れる公式グッズとして、

「D&I」ピンバッチや指文字をデザインしたTシャツなど

「D&Iコレクション」として販売されていますので、こちらもチェックしてみてください!!

 

私たち一人一人がD&Iを意識して生活すること、

困っている人がいたら声をかけてみるなど、

一つ一つの行動がこれからのD&I向上につながると思います。

 

また、東京2020公認プログラムとして、今年の10月11日、

常設の総合LGBTQセンター「プライドハウス東京レガシー」が

東京の新宿御苑にオープンしました。

 

ここではLGBTに関する情報発信を行ったり、相談にも乗ってくれます。

どなたでも気軽に入れるところなんだとか。

 

さんは「ダイバーシティ&インクルージョンが当たり前のことであれば、

D&Iの推進に戦略なども必要がありません。「やらなければならない」ということは、

それが実現できていないということ。私たち一人一人が社会の中で繰り返し、

考え、実践していけば、D&Iを推進する必要はなくなります。

オリンピックパラリンピックはその「契機」になりたい。そう思っています。」

とお話くださいました。

 

今日は、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

茅和子(かや かずこ)さんにお聞きしました。ありがとうございました。

 

さんが着ていらっしゃったスカジャンがとってもかっこよかったので、

背中も見せていただきました!!(東京2020公式オンラインショップで購入できるそう!!

 




 

さん!!色々なお話、ありがとうございました!!

 

2020年11月28日630 『東京2020復興のモニュメント』 Road to 東京オリンピック・パラリンピック


 

今日は、東京オリンピック・パラリンピックの話題をお送りしました。

東京2020復興のモニュメント」についてお話をうかがいました。

 

お話をきいたのは、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 

企画財務局 アクション&レガシー部 アクション&レガシー課課長代理

寺田大資(てらだ だいすけ)さんと、同じくアクション&レガシー課の

菅野佳裕(すがの よしひろ)さんです。

 

東京2020復興のモニュメント」プロジェクトとは、

被災地と世界を結びつけ復興を後押しすることを目的とし、

東京2020組織委員会が、東京都、東京藝術大学、岩手県、

宮城県、福島県、株式会社LIXILと連携・協力して行うプロジェクト。

 

被災地からは、復興に際し世界中からご支援いただいたことへの

感謝の気持ちと共に、東京 2020 大会に出場する選手への応援の気持ちを伝え、

世界からは、大会に出場した選手を応援いただいたことへの感謝や、

スポーツが生み出す感動や力を被災地に届けるという

双方向の交流を、モニュメントを通じて行うものです。

 

被災地からのメッセージを載せたモニュメントを、大会期間中に

多くのアスリートが目にする場所に設置して、メッセージを世界に届けます。

 

大会終了後は、そのモニュメントにアスリートのサインを載せて、

東京2020大会のレガシーとして、被災地に移設するということなんです。

 

復興に関して大会のレガシーとなるようなものについて検討していた際に、

大会パートナーに広く声をかけたところ、株式会社LIXILから仮設住宅の

アルミをぜひ使用して、とお話しがあり、被災された方の思いが詰まった

再生アルミがモニュメントに姿を変えて、想いをつないでいければ、

というところから、プロジェクトがスタート。

 

2019年7月に、LIXILの協力のもと、東日本大震災での役割を終えた

仮設住宅の窓などのアルミ建材を回収し、再生アルミにしたそうです。

 

そして、東京2020大会大学連携プログラムにも参画している

東京藝術大学の学生と被災地の中高生が協働し、モニュメントのデザインとメッセージを、

それぞれ岩手県、宮城県、福島県でワークショップを開催し作成。

 

ワークショップでは東京藝術大学の学生による複数のデザイン案の中から、

80人から100人の中高生が話し合いそれぞれの県のモニュメントのデザインを決めました。

東京藝術大学の学生が制作し、完成に近い状態で保管されています。

 

モニュメントの高さは概ね2メートル。

福島県のデザインは柔らかいイメージの「顔はめモニュメント」、

宮城県と岩手県はカットされた宝石をモチーフとした「ダイヤのデザイン」です。

 

顔はめモニュメント」は、全体が白色で上部が応援団の人が腕をクロスしたような形状。

真ん中が顔をはめられるよう空洞になっています。

 

ダイヤのモニュメント」は、全体がアルミの銀色をベースにしつつ、

カラフルなプレートがとても鮮やかな印象です。

 

皆さんのメッセージがカラフルなプレートに刻まれているのですが、

そのメッセージが世界に向けていたり、地元色があったり、とても素敵なんです!!

 

宮城と岩手は同じデザインですが、貼り付けられたプレートのメッセージと色が違うため、

それぞれ特色のあるモニュメントが完成しています。

私も各県に見に行きたくなりました。

 

12月1日に組織委員会公式ウェブサイトに、製作やプレートの設置の様子の

記事をアップロード予定だとか。こちらもチェックしてくださいね。

 

今日は、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 

寺田大資(てらだ だいすけ)さん、菅野佳裕(すがの よしひろ)さんにお聞きしました。

ありがとうございました。