TOKYO UPSIDE STATION

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

2018年2月25日 『Road to 東京オリンピック・パラリンピック』 Road to 東京オリンピック・パラリンピック


 

今日は月に一度のこのコーナー「Road to 東京オリンピック・パラリンピック」!

2020年の東京オリンピック・パラリンピックの話題をお送りしています。

 

今日は公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

スポーツ局 競技運営部 近代五種のスポーツマネージャー 

中村則幸さんにお聞きしました。

 

「スポーツマネージャーについて

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と国際競技団体をつなぐ

コンタクトパーソン。直接国際競技団体とやりとりするのはスポーツマネージャーのみ。

 

全ての競技にスポーツマネージャーをおくようIOCから求められている。

担当する競技の専門知識を持ち、職務に励んでいる。

各競技に1名。オリンピックでは33人。(パラリンピックを兼ねる人もいる)

 

「近代五種」とは

「近代」の「5種類の競技」という意味。

その5種類とは、馬術、水泳、フェンシング、レーザーラン(射撃、ランニング)。

1日目

フェンシングランキングラウンド

(1分間一本勝負で、36人の選手が総当たり戦)

2日目

水泳(200m自由形)、フェンシングボーナスラウンド

(ランキングラウンドの下位の選手から30秒一本勝負で戦う)

馬術(障害飛越競技)、レーザーラン射撃とランニング

 

「近代五種」のだいご味

1日で全ての競技を行い、トータルでおよそ7時間くらい。

「キング・オブ・スポーツ」と言われ、見るのが面白い。

1人の選手が五種目をやるから楽しい。それぞれの種目が違うので飽きない。

 

東京2020大会では東京スタジアムと武蔵野の森総合スポーツプラザで行われる。

日本の選手に注目するだけでなく、海外の選手にも注目し、注目する選手を決めて

見ると面白い。

 

全体を見ることができるのはスタンドだけ。

選手が競技によってコスチュームが変わるのも注目!

 

競技会場ではどこに注目すればいいか

一番の見所はレーザーラン。下位選手がどんどん抜いていく可能性も。

これを見ることが出来るのもスタンドの観客の特権。

選手は1日で色んな種目ができるので楽しんでやっている。

 

「近代五種」を見ることができる機会は?

今年10月下旬に全日本選手権があるが、国際大会にして海外の選手を受け入れる予定。

東京都調布市にある武蔵の森総合スポーツプラザ(水泳・フェンシング)

東京スタジアム西競技場(レーザーラン)、千葉県にある東関東ホースプロジェクト(馬術)で開催。

 

毎週末、日本体育大学世田谷キャンパス(JOC近代五種強化拠点)で

将来オリンピック選手を目指す小・中・高生たちが練習している。

 

「Road to 東京オリンピック・パラリンピック」

次回は3月25日にお送りします。


 

2018年1月28日 『Road to 東京オリンピック・パラリンピック』 Road to 東京オリンピック・パラリンピック


 

今日は東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

広報局事業部の石井正俊さんにお話をうかがいました。

 

今日のテーマは「Tokyo2020 JAPAN HOUSE」について。

平昌2018冬季オリンピック・パラリンピックに設置される

東京をPRするための場所。場所は江陵にできるそうです。

平昌にはJOCの建物が設置されるのだとか。

 

世界中のメディアを通じて東京2020をPRするために、

参加し楽しめるコンテンツを設けたそうです。

 

写真を撮って楽しめるフォトスポットも多いため、

SNSを通じてPRできたらという思いもあるそう。

 

例えば東京2020大会追加競技イメージフォトコーナーでは、

東京2020大会で追加された競技を選手として体験しているような

躍動感あふれる写真を撮れるのだとか・・・

行ってみたくなります!!

 

皆さんもニュースなどで

見かけたら注目してみてくださいね!!

 

次回の「Road to 東京オリンピック・パラリンピック」2月25日

お送りす予定です!!

 

2017年12月31日 『Road to 東京オリンピック・パラリンピック』 Road to 東京オリンピック・パラリンピック

 

『Road to 東京オリンピック・パラリンピック』

今日は東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

企画財務局企画部、中安史明さんに『マスコット投票』について

お話いただきました!!

 




 

東京2020のマスコット候補が、審査を経て3案選ばれました。

12月11日から2018年2月22日まで投票が行われるのですが、

その投票は小学校のクラス単位で行われるんです!!

オリンピック・パラリンピック競技大会史上、はじめて

小学生が選ぶマスコットになるそうです!!

 

投票には、まず登録が必要ということなのですが、その登録学校数、

1位は東京、2位愛知県なんですって!!(12月31日現在)

 

小学校には下のハガキ(見本)が発送されているそうです。

それをもとに学校が事前登録を行い、クラスごとに

どのマスコットがいいか投票。その結果を学校ごとに

システム入力するという流れなのだとか。

 



 

投票に参加することで、東京2020をより身近に感じられたらいいですよね!!

 

登録も投票も2月22日まで。そのあと2月28日に結果が発表されるそうです。

ネーミングは2018年7月~8月に正式発表だとか。

発表も待ち遠しいですね!!

 

学校関係者の方で、登録しておらず、関心のある人は

組織委員会にお問い合わせくださいとおっしゃっていました。

 

中安さん、ありがとうございました!!

 

2018年も東京2020にまつわる話、たくさんお送りします!!

1月は28日に放送予定!!ぜひお聴きください!!

 

2017年11月26日 『Road to 東京オリンピック・パラリンピック』 Road to 東京オリンピック・パラリンピック

 

『Road to 東京オリンピック・パラリンピック』

今日は「日本の木材活用リレー~みんなで作る選手村ビレッジプラザ~」について

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

会場調整部 技術管理課長の真島誉さんにお話をうかがいました!!

 



 

選手村の玄関口にできる施設「選手村ビレッジプラザ」

ここには式典スペース・ゲストハウス・メディアセンター・郵便局・

ATM・ヘアサロン・クリーニング屋・雑貨店・カフェなどが入るそうです。

 

そのビレッジプラザ、国産の木材を活用して建設するそうです。

全国の自治体から木材の使用要請を多数もらい、最終的に

63の自治体を決定。24日(金曜日)には感謝状の贈呈が行われました。

 

東海地方からも岐阜県・関市・中津川市・郡上市・下呂市・

白川町・東白川村7自治体が木材を提供。

 

木材には「〇〇産」と刻印される予定なんだとか。

テレビで映るかもしれませんね。

皆さん、ぜひ注目してみてください。

 

ビレッジプラザが解体後、木材は各自治体に戻っていくそうです。

戻ってきたときも楽しみですよね!!

 

真島さん、詳しいお話をありがとうございました!!

 

2017年10月29日 『Road to 東京オリンピック・パラリンピック』 Road to 東京オリンピック・パラリンピック

 

今日は東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

広報局事業部事業戦略課、高木慎平さんにお話をうかがいました!!

テーマは『東京2020 1000日前イベント』について!!

 



 

10月28日(土曜日)と11月29日(水曜日)は

東京オリンピックとパラリンピックの開催1000日前という節目の日。

 

この両方の日を『1000 Days to Go!』月間として

イベントやキャンペーンが行われます。

 

10月20日から12月4日まで「わたしの参加宣言キャンペーン」を実施。

「1000日後の東京2020大会にあなたはどう参加する?」という

問いかけに、自分がどのように関わっていきたいかを宣言する

というもの。Twitterで発信する際には、ぜひ「#1000DaystoGo

「#my2020」とハッシュタグをつけてくださいね。

 

プレゼントも用意されているそうですよ!!

わくわくわくわく!!

 




 

11月29日東京パラリンピックの開幕1000日前には、

スカイツリーの特別ライティングが行われる予定だそう!!

 

これを機会に、「自分は1000日後どうしているかな?」

「どう参加できるかな?」と考えてみてもいいかもしれませんね!!

 

高木さん、詳しいお話ありがとうございました!!