TOKYO UPSIDE STATION

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

2019年2月24日 『Road to 東京オリンピック・パラリンピック』 Road to 東京オリンピック・パラリンピック

 

今月の『Road to 東京オリンピック・パラリンピック』は

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

大会運営局 医療サービス部 アンチ・ドーピング課

平井千貴さんに「アンチ・ドーピング課のお仕事」についてうかがいました!!

 



 

競技力を高めるために禁止されている薬物や方法などを使用したり、

その使用を隠したりする行為がドーピング。

 

どんな薬の成分が禁止されているのか、毎年国際基準が更新され、

各国のアンチ・ドーピング機関が選手や関係者への指導や啓発活動を

行っているそうです。

 

ドーピング検査がオリンピックで行われるようになったのは、

1968年のグルノーブルオリンピックから。

つまり、1964年の東京大会が、ドーピング検査をしていない

最後の大会ということになるんですね!!

 

オリンピック・パラリンピックでは試合の前後に尿検査や血液検査が

行われるそうです。原則として検査は24時間いつでも行うことが

できるんだとか。ただ検査の時間は選手に読まれないよう、

戦略的に実施しているそうですよ。

 

また検体は10年間保管され、オリンピックの都度、過去2大会分の

再分析が行われるのだとか。だから後々順位が変わるなんてことも

起こるわけですね。

 

アンチ・ドーピング課のお仕事は表に出るような業務ではないかも

しれませんが、スポーツの価値を守る大切なお仕事ですね!!

 

東京2020大会を楽しみながら、縁の下で支えてくれる方がいるんだと

思いを馳せたいと思います。

 

平井さん、どうもありがとうございました!!

 

2019年1月27日 『Road to 東京オリンピック・パラリンピック』 Road to 東京オリンピック・パラリンピック

 

「Road to 東京オリンピック・パラリンピック」

今日は、「東京 2020 公式 SNS」について、

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

広報局企画制作部 クリエイティブプロデューサー髙原正訓さん、

デジタルメディア課 ソーシャルメディアコミュニケーションチーム係長 

勅使河原晃さんにうかがいました!!

 



 

「東京 2020 公式 SNS」としてFacebook、Twitter、Instagram、

LINE、Weibo、YouTubeの6種類が公式ウェブサイトにリンクが

はってあります。(登録はすべて「Tokyo2020」)

 

東京2020大会に関する最新情報を生配信、ムービー、画像、文章で発信されています。

 

それぞれのSNSによって登録する方の年齢層・国など、特徴が違うので、

それに合わせて違った内容を配信されているそうです。

 

これまで反響があった投稿はマスコットの名前発表やリオ大会のメダリストパレードなど。

ライブ配信もコメントや「いいね」などの反応が多いそうです!!

 

SNSはフォロワーの方とコミュニケーションを図る意味もあるため、

コメントをもらいやすいような書き方だったり、ハッシュタグにも

気を付けているんだとか。

 

また組織委員会の公式アカウントだからこその画を撮るよう

心掛けているそうです。選手の素顔をより身近に

感じられたら嬉しいですもんね。

 

皆さんも「東京 2020 公式 SNS」「Tokyo2020」ぜひ検索して、

登録してください。気持ちを高めて、本番は会場で・・・というのも

贅沢な楽しみ方かと思います!!

 

今日は髙原さん、勅使河原さんに色々なお話をうかがいました!!

これからSNSをチェックすることがさらに楽しみになりました!!

ありがとうございました!!

 

2018年12月30日 『Road to 東京オリンピック・パラリンピック』 Road to 東京オリンピック・パラリンピック

 

今日は東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

広報戦略課の伊藤華英(はなえ)さんにお話をお聞きしました!!

 



 

伊藤さんは元オリンピック競泳代表で

2008年北京、2012年ロンドンオリンピックに出場。

現在は現役を引退し、東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の

非常勤職員をされています。

 

改めて、東京オリンピック・パラリンピックについてうかがいました。

オリンピックは2020年7月24日から8月9日まで。

パラリンピックは2020年8月25日から9月6日まで開催。

 

来年の春頃にはチケット販売が開始されます。

今もID登録ができますので、お早めにID登録をして下さい。

 

3月12日はオリンピック大会の500日前、

413日はパラリンピック大会の500日前で、

それぞれの大会の1年前にもイベントを予定されています。

 

東京2020オリンピック聖火リレーについても決まってきているそう。

コンセプトは「Hope Lights Our Way/希望の道を、つなごう」。

 

2020年312日に採火式。

2020326日に福島県からスタート。

岐阜県は、202044日(土)から45日(日)

愛知県は、202046日(月)から47日(火)

三重県は、202048日(水)から49日(木)です。

 

「現役のときには一喜一憂はしてはいけないと思っていた。

試合前には平常心をこころがけ、感情が動かないよう意識していた。」

と伊藤さん。でも、やっぱり街の歓迎ムード、街中にある五輪マークには

大きな感動を覚えたそうです。

 

試合後には、ボルト選手の走りを見たりとオリンピックを堪能できたと

教えてくださった伊藤さん。皆さんが応援する姿や、各国から集まる

ボランティアの皆さんの姿、サポートしてくれるJOCの方々のことなど、

忘れられない景色をたくさん目にされたそう。

 

「東京2020では、たくさんの人が世界中からやってくるので、

ホスト国として、日本人としてオリンピックを迎える社会になって欲しい。」

と伊藤さん。選手と職員、両方を経験されているからこそのお話をして

いただきました!!ありがとうございました!!

 

「Road to 東京オリンピック・パラリンピック」

次回は1月27日(日)にお送りします。

 

2018年11月25日 『Road to 東京オリンピック・パラリンピック』 Road to 東京オリンピック・パラリンピック

 

今日は東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

ボランティア推進部の藤井友紀さんにお話をうかがいました!!

 



 

現在募集しているボランティアは2種類。

大会ボランティアと都市ボランティアです。

組織委員会では大会ボランティアの8万人を募集しているそう!!

 

活動の分野は案内、競技運営サポート、移動サポート、アテンド、

運営サポート、ヘルスケア、テクノロジー、メディアサポート、式典サポートの9つ。

 

例えば「移動サポート」は唯一資格が必要ですが、トヨタ社の新車に乗れて、

車内での活動が多いので夏でも涼しいなど、各分野に魅力があるのだとか。

 

応募の際は指定なしを含め、希望する活動を最大3つまで選択してもらい、

組織委員会でマッチングしていくそうです。

 

応募は「東京2020」サイト内の応募ページからできますから、

ぜひ見てみてくださいね。(応募条件など詳しく記載されています)

 

実は11月20日時点で8万人を超える方の申込みがあるそうで、

関心の高さをうかがうことができます。(先着順ではないそうです)

10代~30代の方が6割で若い方の参加も多いのだとか。

日本各地からの応募があるそうですが海外の方からも多数応募があるそうですよ!!

 

東海地方からも比較的近い静岡県の伊豆会場では自転車競技が

行われるそうですよ。来年予定しているオリエンテーションや共通研修は

静岡県や愛知県でも実施されるそうですから、気になった方は調べてみてくださいね。

 

「2020年の予定が読めず、迷惑をかけてもいけないから応募はやめておこう」と

考えられる方もいらっしゃると思いますが、大会前期間に活動したり、

大会中10日未満も選択できるそうですから、興味がある方は

まず応募をしてみてはいかがでしょうか?

 

応募期間は12月21日(金)17時までだそう!!

「興味あったのに、応募終わっていた~」ということがないよう、

お気をつけください~!!

 

2018年10月28日 『Road to 東京オリンピック・パラリンピック』 Road to 東京オリンピック・パラリンピック


 

 

月に1度のコーナー「Road to 東京オリンピック・パラリンピック」

 

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 

イノベーション推進室 企画調整部 企画調整課、染谷 詩織さんに

「東京2020算数ドリル」についてお聞きしました!!

 

「東京2020算数ドリル」とは子どもたちがスポーツの魅力を感じながら

算数を学ぶ事ができるように、東京2020大会の競技を取り入れた

問題で構成されている算数のドリル(問題集)。

 

ドリルは上下巻あって、上巻はオリンピック競技、

下巻はパラリンピック競技に関連した問題を掲載。

 

2018年4月から東京都渋谷区内の小学6年生の副教材としても活用できるものとして、

算数の授業の中で活用されているそうです。また夏休みの宿題になっていた

ところもあったのだとか。

 

現役の算数を専門とする小学校の先生、各競技スポーツの

専門家と協力して作られたもので、小学校の算数の内容に沿っており、

各競技について知ることができる問題になっています。

 

中を見せてもらうと、イラストや写真もたくさん掲載されています。

このイラスト1つでも専門家が見ると違う部分もあり、何度か直すことも。

またこのドリルのためだけに、アスリートの皆さんに

ご協力いただいて撮影した写真もあるそうです。

 

ドリルの問題だけでなく、実践学習会も実施。

4月はオリンピック版について陸上競技の高橋尚子さん、

塚原直貴さん、髙平慎士さんが参加。

 

先日、1022日にはパラリンピック競技「ボッチャ」の廣瀬隆喜選手、

蛯沢文子選手を迎え、ドリルを活用した授業をした後、ボッチャ競技を

実際に行いながら平均距離を計算して求める授業を行ったそう。

 

子どもたちは選手の技に歓声を上げていたとか。

 

実際に選手と会うことで、競技への理解が深まり見方も変わりますよね。

このドリルをきっかけに、オリンピック選手・パラリンピック選手の

すごさや競技そのものにも興味を持ちながら算数を学んで欲しい。と染谷さん。

 

この「東京2020算数ドリル」、現在は渋谷区の小学6年生に配布していますが、

今後はウェブ上で閲覧できるようにしたいと考えていらっしゃるとか。

楽しみに待ちたいと思います!! 


「Road to 東京オリンピック・パラリンピック」

次回は1125日にお送りします。