TOKYO UPSIDE STATION

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

2019年11月30日630 『パラリンピック聖火リレーについて』 Road to 東京オリンピック・パラリンピック




 

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

聖火リレー室 聖火リレー部 パラリンピック聖火リレー課長の

石橋 和之さんにお話をお聞きしました!!

 

川島が手にしているのがパラリンピック聖火リレーで使われるトーチです!!

美しい桜ピンク!!重さは1キロとのことでした。(燃料が入ると1.2キロに。)

 

11月22日にパラリンピックの聖火リレーの概要が発表になりました

パラリンピックの聖火リレーはオリンピックの熱気と興奮をつなぐべく、

オリンピック終了後の2020年8月13日から8月25日の

パラリンピック開会式までの移行期間に開催します。

2020年を契機に共生社会を実現し、人と人、人と社会の

「新しいパートナーシップ」を考えるきっかけとなることを目指し、

原則として「はじめて出会う3人」がチームとなってリレーを行います。

 

3人1組とはどういうことなんでしょうか。

過去大会の中でも2名、5名とチームでリレーをつなぐことはありました。

3名にしたのは日本独自のルール。

パラリンピックのマーク「アギトス」が心・肉体・魂の3つの構成要素であることや、

「三人寄れば文殊の知恵」など3という数字にゆかりがあることから。

 

東京2020パラリンピック聖火リレーのコンセプトについて教えてください。

東京2020パラリンピック聖火リレーのコンセプトは

「Share Your Light/あなたは、きっと、誰かの光だ。」

新たな出会いから生まれる光を集めて、みんなが調和し、

活かしあう社会を照らしだします。

 

パラリンピック聖火リレーの流れについて教えてください。

聖火は8月13日から全47都道府県で採火され、

イギリスのストーク・マンデビルで採火された炎とともに、

8月21日に開催都市東京で行われる「集火式」で統合されて、

東京2020パラリンピック聖火となります。

 

パラリンピックを応援する全ての人の熱意が一つに集まった聖火は、

翌8月22日から東京のまちをリレーで駆け抜け、8月25日の開会式に届けられます。

 
3つのシーンがあります。

シーン1は8月13日から17日は「日本各地に熱意の火が灯る。」と題しまして、

愛知県、岐阜県、三重県のような競技開催都県以外の43道府県で、

それぞれの独自の手法によって火をとる、「採火」を行います。

全国で700カ所以上もあり、愛知県でも名古屋市、

豊橋市、岡崎市など49市町が参加予定です。

 

また、学校や病院、パラリンピックゆかりの地などへの

炎の訪問イベントを行う「聖火ビジット」が開催されるところもあります。

採火、聖火ビジットを経て各県で一つに火が集められ「集火」が行われます。

 

シーン2は、競技開催都市である、静岡県・千葉県・埼玉県・東京都で

8月18日から21日まで同じように「採火」「聖火ビジット」が行われ、

それぞれの県内、都内を回る聖火リレーを行います。

 

シーン3は、8月21日の夜東京で、全国47都道府県と

ストーク・マンデビルの火が東京に集まり1つの炎へと統合され

「東京2020パラリンピック聖火」が誕生します。

その後、開催都市内である、東京都内で聖火リレーが行われます。

 

聖火リレーは私たちも参加できる可能性があるんですよね。

8月18日から21日の競技開催都県、8月22日から25日の

開催都市東京都では、聖火ランナーを公募しています。

1名あたりの走行距離は、約200メートルで、3人1組で走ります。

聖火リレートーチはお1人1本持っていただきます。

基本応募要件はランナー募集のWEBサイトをご確認ください。

 

応募方法は大きく分けて2つありまして、

東京2020パラリンピック聖火リレープレゼンティングパートナーの

「株式会社LIXIL」と「各都県」から応募可能です。

 

公式ウェブサイトでパラリンピック聖火リレーのことと、

ランナー募集についても詳しくご紹介していますので、

ぜひご確認いただければと思います。

 

※ちなみにランナーの皆さんにはユニフォームがプレゼントされるそうです。

またトーチも購入可能なんだとか。思い出になりますよね。

車いすにトーチを付け走れるようにするなど、応募した方に応じて

準備する予定ですと石橋さん!!

 

番組をお聴きのリスナーの皆さんにメッセージをお願いします。

「プレゼンティングパートナーと都県への同時応募」が可能です。

ぜひお申込みください。そして、もし聖火リレーで走れなかったとしても

各都道府県での「聖火フェスティバル」に参加していただき、みんなで盛り上げましょう。

 

今日は、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 

聖火リレー室 聖火リレー部 パラリンピック聖火リレー課長の石橋 和之さんに

お聞きしました。ありがとうございました。